空手部



空手は型の素晴らしさ、瞬間に発揮される破壊力の大きさなどが魅力で、いまや日本だけでなく世界の人々の心をとらえている。最近では様々な流派が入り乱れているが、その中にあって専大空手部が所属しているのは、正統派といわれる松濤會流である。そもそも、この"空手”という名称も沖縄の武道家、松濤會流の開祖である船越義珍師が考案したものだ。大正時代、師が「琉球拳法唐手」を日本本土に紹介した際、仏教の「空」の思想を盛り込み、「唐手」を「空手」に改めたのである。空手は危険を伴う武術なので、技を体得した者が本気で戦うと、相手に致命的なダメージを与えることもある。そこで、空手はあくまでも"受け”の武道であり、自ら技を仕掛けることはしないという理念から生まれた。そのため、松濤會流の教えでは試合は行わない。大自然を相手に心身を磨くことこそが重要なのである。空手部はその教えを忠実に守り抜き、明日に伝えようとしている。

部  室:生田校舎 第1自治会館2階
     神田校舎 1号館地下2階 部室49
練習場所:生田校舎 第2体育館1階剣道場
     神田校舎 1号館地下3階 第3体育室
練習時間:生田校舎 月~金曜日 12:25 ~ 14:30
     神田校舎 月~金曜日 18:30 ~ 20:00

空手部ニュース(過去1年間)

年間スケジュール

4月・OB総会
5月 
6月・新入生歓迎会
7月 
8月・夏季強化合宿
・夏季審査会
9月 
10月 
11月・日本空手道松擣会学生連盟演武大会
12月・冬季審査会
・幹部交代式
1月・新年稽古
2月 
3月・春季強化合宿
・卒業生送別会
空手部_集合写真集合写真(2018年度)
空手部_稽古風景稽古風景(2018年度)

関連情報

日本空手道松濤會