学術的な理論と先端的研究に取り組み
高度な知識と技術で社会に貢献できる人材を育成
高度化・複雑化・多様化が急速に進展する現代社会では、学部での4年間の学びをさらに深める大学院教育に高い期待が寄せられています。本学大学院が目指すのは、学術の理論・応用を教授研究し、その本質を究めて、地域および国際社会の発展に寄与することです。徹底した少人数教育のもと、学生一人ひとりの自発的な研究意欲に応える教育を展開し、社会に貢献できる理論と技術を修得した人材を育成します。

大学院修士課程(2年間)

修士課程は、学部で学んだ知識や技術をより系統的・総合的に深める研究を行っています。理工学研究科2専攻と経営学研究科1専攻を擁しており、専門技術者や研究者、高度な職業人の養成を目指します。また、教職課程も設置しており、専修免許状の取得も可能です。

大学院博士後期課程(3年間)

博士後期課程は、修士課程修了者がさらに研究を深めるステージです。本学大学院には、理工学研究科2専攻、経営学研究科1専攻を設けており、博士(理学)、博士(工学)および博士(経営学)の学位修得が可能です。
各専攻では、深い学識を養うと共に高度で専門的な研究能力を磨き、自立した研究者の育成を目指します。

研究科紹介

理工学研究科

経営学研究科

構成および学生定員

研究科名 専攻名 修士課程 博士後期課程
入学定員 収容定員 入学定員 収容定員
理工学研究科 物質工学専攻
3
6
生命科学専攻 5 10
生命環境科学専攻 2 6
物質機能工学専攻 2 6
経営学研究科 経営学研究科 3 6 2 6

修了要件

1.理工学研究科(修士課程)
①修士課程の修業年限は2年。
②修得すべき単位は、必須科目10単位を含め、30単位以上である。
③演習指導教員の研究指導を受けたうえで、学位(修士)論文を提出し、その審査ならびに学力に関する最終試験に合格しなければならない。

2.理工学研究科(博士後期課程)
①博士後期課程の修業年限は3年。
②修得すべき単位は、必須科目10単位を含め、18単位以上である。
③指導教授の研究指導を受けたうえで、博士論文の審査ならびに試験に合格しなければならない。

3.経営学研究科(修士課程)
①修士課程の修業年限は2年。
②修得すべき単位は、必須科目12単位を含め、32単位以上である。
③演習指導教員の研究指導を受けたうえで、学位(修士)論文を提出し、その審査ならびに学力に関する最終試験に合格しなければならない。

4.経営学研究科(博士後期課程)
①博士後期課程の修業年限は3年。
②修得すべき単位は、必須科目16単位を含め、20単位以上である。
③演習指導教員の研究指導を受けたうえで、博士論文の審査ならびに試験に合格しなければならない。

大学院教職課程

研究科 専攻 免許状 免許教科
理工学研究科 物質工学専攻 中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
理科
理科
工業
情報
生命科学専攻 中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
理科
理科
経営学研究科 経営学専攻 高等学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
商業
情報

経費関連の情報

奨学金(給付型)に関する情報

入試スケジュールについて


理工学研究科 研究科長メッセージ
「愚直」と「三昧」
 石巻専修大学大学院理工学研究科は、科学技術の進展に応えられるように理工学部における理学と工学の融合をさらに進めて、修士課程では物質工学、生命科学の2専攻、博士後期課程では物質機能工学と生命環境科学の2専攻から構成され、学際的領域も含めた科学技術の研究教育を行っています。

 本研究科の大きな特徴の一つは、学生総定員をはるかに超える数の教員が在籍し、多様な分野で豊富な経験を積んだ教員から一対一で指導が受けられることです。学生の皆さんは、この環境をぜひ活用して大きく成長してください。

 私の恩師がよく言っていた「愚直」は、物事に対して素直に納得がいくまで自分の頭でよく考えやってみるということ。仏教語の「三昧」は、心を一つの対象に集中して動揺しない状態を言います。大学院在学中は学生の皆さんが研究のやり方を身に付ける時期ですので、研究対象に対して「愚直」に向き合い実験し考える、「研究三昧」のときをぜひ過ごしてください。失敗や思考の迷路に入り込むことがあるかもしれませんが、粘り強く研究し続けることで様々な局面を打開していく力が身についていくはずです。

 理工学研究科では、今後の科学技術の進展に主体的に関わっていける研究者・技術者を養成したいと考えています。我々教員も全力で応援しますので、学生の皆さんはその期待に応えられるよう真剣に研究と向き合って研鑽を積んでください。

2021年4月
石巻専修大学 理工学研究科長 中込 真二
05_理工学研究科長

経営学研究科 研究科長メッセージ
変革の時代で活躍する
 石巻専修大学大学院経営学研究科は、経営学、会計学、経営情報学の3つの分野から構成されています。大学院学生はこの3つの分野の中から選んだ1分野について深く学びます。東北地方の地域性から国際社会の多様性、ならびに社会の課題とその動向を理解しながら、研究を深めることになります。大学での勉学だけでは飽き足らず、もっと深い知識を得ようとする積極的な人を歓んで迎えます。

 近年社会を取り巻く環境がICT化およびグローバル化等により大きく変貌を遂げていることに加え、2020年からの新型コロナウィルス蔓延の影響により、社会環境や働き方が大きく変化しています。イノベーション(革新)を本質としている企業とそれを取り巻く環境に変化と変動はつきものですが、現在のような大変革の時代は滅多にあるものではありません。この時代の企業の経営者が直面する諸問題について真摯に取り組むことによって、時代や社会の変化に対応できる力を身につけることができると思っています。

 大学院での勉学・研究は学生各々で異なります。大学からそのまま進学した人、社会人を経由して入学してきた人、様々なタイプの学生がいます。異なることを互いに理解し且つ刺激し合いながら研鑽を積み、研究を深めていけば、必ずやその成果が学位論文という形で結実します。 本研究科で多面的な見方、多様な方法論を身に付け、それを活かして地域から国際社会までの様々な分野で活躍することを期待しています。

2021年4月
石巻専修大学 経営学研究科長 佐々木 万亀夫
佐々木500_375