• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

人文科学研究所月報

第295号(2018年9月)

第295号(2018年9月)

石川 達夫「チェコ・ゴシック研究(1) : オロモウツと「クシヴァークのピエタ」」
角田 真紀子「特別支援教育制度とインクルーシブ教育システムを支える教職課程での「疑似体験」についての一考察」
植村 八潮「「MIE(教育に雑誌を)」運動の提案と考察 : 市場縮小に伴う雑誌リテラシーの衰退」
第294号(2018年7月)

第294号(2018年7月)瀬戸内総合研究特集号

小川 浩三「行程記録」
櫻井 文子「サヌカイト「発見」に見る科学のインフォーマルなネットワーク : ナウマンによる紹介からヴァインシェンクによる命名記載まで」
高橋 祐吉「瀬戸内周遊の旅へ : 2017年暮、鞆の浦、尾道、松山」
Yonemura Miyuki "Representations of the environment in Hayao Miyazaki's Ponyo on the Cliff by the Sea : Japan's cultural landscape and the representation of disasters"
寺尾 登志子「海原に浮き寝せむ夜は : 瀬戸内海の万葉秀歌」
第293号(2018年5月)

第293号(2018年5月)特別共同研究「村上春樹 表象の領域」特集号

米村 みゆき「特集号「村上春樹 表象の領域」刊行にあたって」
Okuda Koji "Representing the Holocaust : Haruki Murakami's Killing Commendatore and "An Independent Organ""
Takahashi Tatsuo "Killing Commendatore as a Story of the Twenty-first Century Inheriting the History of the Twentieth Century"
Yonemura Miyuki "Why a "portrait painter"? : Haruki Murakami's Killing Commendatore analyzed in terms of its connections to the animated movie The King and the Mockingbird"
佐久間 由梨「村上春樹のアメリカ黒人文化とジャズ : 『ノルウェイの森』と『海辺のカフカ』におけるジョン・コルトレーン表象から」
山口 政幸「ジョン・ニコルズの『卵を産めない郭公』と村上春樹 : 村上柴田翻訳堂の意義」
第292号(2018年3月)

第292号(2018年3月)

伊吹裕美「シリア内戦勃発後のトルコの状況」
小西恵美・樋口博美「御柱祭を成立させる地域的構成の単位とその歴史的変遷―茅野市湖東地区の事例」
成田雅彦「エマソンの「透明な」自然と環大西洋思想の還流」
第291号(2018年1月)

第291号(2018年1月)千葉・茨城総合研究特集号

伊東剛史「犬吠埼灯台から考える「科学のリロケーション」」
田中正敬「人文科学研究所総合研究の記録 ―習志野騎兵連隊関連遺構について」
樋口博美「2017 年度人文科学研究所総合研究旅行(千葉)行程記録」
山本 充「茨城県鹿島地方における野菜産地の形成と変容」
第290号(2017年11月)

第290号(2017年11月)

遠山浩「新たな産業構造転換に挑むいわき市と中小製造業」
樋口博美「伝統的地場産業産地における後継者育成と技能継承(1)―石川県漆器産地の徒弟制度と公的養成制度」
松尾容孝「産地型製造業地域の持続可能性および非産地型との関係―研究史の整理と燕を中心とした検討」
第289号(2017年10月)

第289号(2017年10月)

西口拓子「岡本帰一のグリム童話の挿絵について」
山口政幸「松本清張「地方紙を買う女」論」
米村みゆき「海を渡った又三郎 補遺―1940年代における児童映画『風の又三郎』の受容」
第288号(2017年7月)

第288号(2017年7月)

田中正敬「房総半島に残る戦争遺跡について―人文科学研究所総合研究の記録」
堀江洋文「「ゲール人族長達の逃走」とルーヴェン、ローマのアイリッシュ・カレッジ」
第287号(2017年5月)

第287号(2017年5月)畿内・近国の歴史遺産総合研究特集号

西宮 秀紀「多度神宮寺伽藍縁起并資財帳の伝来と写本研究覚書」
荒木 敏夫「平城京と平安京の羅城門―歴史の記録と記憶」
寺尾 登志子「人麻呂の近江荒都歌をめぐって―作者の創意と時代背景」
松尾 容孝「行程記録」
第286号(2017年3月)

第286号(2017年3月)

松尾容孝・遠藤良太「山武林業地域における明治後期から大正前期にかけての山林労賃支払帳―陸岡村埴谷蕨真一郎家資料―」
第285号(2017年2月)

第285号(2017年2月)

高橋雄一「現代日本語の機能語のリスト作成について―現古文法対照辞書の作成に関連して―」
山本 充“The Progress of Population Inflow and Rural Gentrification in Karuizawa on the Outskirts of the Tokyo Metropolitan Area”
第284号(2016年12月)

第284号(2016年12月)

須田淳一「用言ハダカ形のク語法―時間局在性についての分析―」
第283号(2016年10月)

第283号(2016年10月)

阿部貴人「敬語の丁寧さの定量化研究 : コンジョイント分析の援用」
高田夏子「トラウマのサバイバーとしてのニキ・ド・サンファル」
八島純「意識主体照応性と介在効果」
第282号(2016年7月)

第282号(2016年7月)

田中正敬「史料紹介:長崎在日朝鮮人の人権を守る会『原爆と朝鮮人』(第1集~第7集)」
丸山岳彦「『昭和話し言葉コーパス』の計画と展望-1950年代の話し言葉研究小史-」
第281号(2016年5月)

第281号(2016年5月) ロシア総合研究特集号(2)

アレクセイ・ボゴリュボフ(翻訳:荒川好子)「露日関係研究資料としてのエルミタージュ国立美術館日本芸術コレクション」
アレクサンドル B. フィリッポフ・荒川好子「サンクトペテルブルク国立大学東洋学部日本学科紹介」
守屋 愛「ソ連文学に映ったアメリカの表象をめぐって」
堀江洋文「ソ連共産党、コミンテルンとスペイン内戦-E. H. カーの歴史分析を中心として-」
第280号(2016年2月)

第280号(2016年2月) ロシア総合研究特集号(1)

飯沼健子・岡村陽子「平成27年度人文科学研究所総合研究調査旅程」
ステラ・A・ブィーコヴァ「アジア・アフリカ諸国大学の日本語学科と日本語教育」
荒 このみ「エリセーエフ兄弟商会」
佐久間由梨「ロシア文学とアメリカ黒人文学-ドストエフスキーとリチャード・ライトの二重の意識-」
第279号(2015年12月)

第279号(2015年12月)特集号 1939~41年の日本語普及状況

斎藤達哉・鈴木 泰・氏原基余司「資料紹介 釘本久春所持資料-「第二回国語対策協議会速記録(第一日)」及び「日本語教科用図書調査会会議報告」-」
斎藤達哉「一九四一年の日本語普及状況-第二回国語対策協議会速記録(第一日)について-」
鈴木 泰「日本語教育振興会刊『ハナシコトバ』における仮名遣-日本語教科用図書調査会における審議経過を巡って-」
第278号(2015年11月)

第278号(2015年11月)

恒木健太郎「他所者の無記名証券による隠匿-ヴェルナー・ゾンバルトの一断面(2)」
中村友保, Michael Dreiling, Nicholas Lougee「福島原発事故に日本の環境団体はどう対応したか」
松田智穂子「「凱旋のジャマイカ」(1937)-モダン・パジェントに見る多人種・多民族」
第277号(2015年10月)

第277号(2015年10月)

恒木健太郎「他所者の無記名証券による隠匿-ヴェルナー・ゾンバルトの一断面(1)」
松尾容孝「焼畑、狩猟、信仰からみた米良地域の生活-既存研究の整理と西米良村歴史民俗資料館展示資料による検討-」
第276号(2015年5月)

第276号(2015年5月)東部・北部インド総合研究特集号(2)

Rila Mukherjee
              Life and Trade in the Indian Ocean World from Eighteenth Century Chandernagor
Anjana Sharma
              Nalanda University: A University for the 21st Century
内藤雅雄「1939年 インドの政治危機-スバース・チャンドラ・ボーズを巡って」
堀江洋文「スバス・チャンドラ・ボーズの再評価」
第275号(2015年3月)

第275号(2015年3月)東部・北部インド総合研究特集号(1)

堀江洋文・飯沼健子「平成26年度人文科学研究所総合研究旅行旅程」
伊東 剛「近代科学の「周縁」 19世紀イギリスにおけるジェントルマン科学と気候順化」
櫻井文子「インドの博物館に見る歴史的展示空間の残存コルカタとパトナを例に」
内藤雅雄「「コルカタ雑感」
第274号(2015年1月)

第274号(2015年1月)

松田智穂子「Edward Baugh氏来日に寄せて」
Edward Baugh
              Caribbian Theatre : A post-colonoal story
堀江洋文「アイルランド人水夫コリンズ兄弟と明治初期の帝国海軍教育
第273号(2014年10月)

第273号(2014年10月)

第272号(2014年9月)

第272号(2014年9月)特集号 平安物語の比較文化的研究

第271号(2014年7月)

第271号(2014年7月)ポーランド・チェコ総合研究特集号(2)

第270号(2014年5月)

第270号(2014年5月)ポーランド・チェコ総合研究特集号(1)

第269号(2014年3月)

第269号(2014年3月)

第268号(2014年2月)

第268号(2014年2月)

第267号(2013年12月)

第267号(2013年12月)

第266号(2013年10月)

第266号(2013年10月)南イタリア・シチリア総合研究旅行特集号

第265号(2013年7月)

第265号(2013年7月)

第264号(2013年5月)

第264号(2013年5月)

第263号(2013年3月)

第263号(2013年3月)

第262号(2013年2月)

第262号(2013年2月)

第261号(2013年1月)

第261号(2013年1月)

第260号(2011年11月)

第260号(2011年11月)

第259号(2012年10月)

第259号(2012年10月)南インド特集号

第258号(2012年7月)

第258号(2012年7月)

第257号(2012年5月)

第257号(2012年5月)

第256号(2012年3月)

第256号(2012年3月)

第255号(2012年1月)

第255号(2012年1月)

第254号(2011年11月)

第254号(2011年11月)

第253号(2011年9月)

第253号(2011年9月)京都総合研究特集号

第252号(2011年7月)

第252号(2011年7月)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、クロアチア特集号

第251号(2011年5月)

第251号(2011年5月)

第250号(2011年3月)

第250号(2011年3月)

第249号(2011年2月)

第249号(2011年2月)

第248号(2011年1月)

第248号(2011年1月)

第247号(2010年9月)

第247号(2010年9月)

第246号(2010年7月)

第246号(2010年7月)

第245号(2010年5月)

第245号(2010年5月)シリア・ヨルダン総合研究特集号

第244号(2010年3月)

第244号(2010年3月)

第243号(2010年2月)

第243号(2010年2月)平戸・天草総合研究特集号

第242号(2009年12月)

第242号(2009年12月)

第241号(2009年10月)

第241号(2009年10月)

第240号(2009年5月)

第240号(2009年5月)ラオス・タイ総合研究特集

第239号(2009年3月)

第239号(2009年3月)

第238号(2009年1月)

第238号(2009年1月)

第237号(2008年9月)

第237号(2008年9月)小特集「文化財の保存と活用」

第236号(2008年7月)

第236号(2008年7月)

第235号(2008年5月)

第235号(2008年5月)トルコ総合研究特集

センディ

センディナビ