人間学部紹介

人間存在とその歴史や文化・教育、明日へのカギを解き明かす。
人間学部がめざすのは、人間が創り出した文化と人間の原点である教育を柱とする人間の理解に関する教育研究を通じて、人間存在や人間特性と多様な価値観の理解のもと、人間支援や地域支援の観点から共生社会を支える人材を広く社会に送り出し、地域社会の発展と向上に貢献することです。
現場で活用できる実践的な能力を獲得するため、教育課程を「基本教育科目」と「専門教育科目」から編成。「基本教育科目」では、養成しようとする知識や能力に基づき、具体的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群により編成することとしています。また「専門教育科目」では、専門分野における基礎的な知識を体系的に理解することを目的として、主要分野に関する基礎的な知識の習得を重視するとともに、各専門分野に結びつく幅広い内容や専門性の習得に加えて、理論的知識や能力を実務に応用するスキルの習得といった観点を踏まえた編成としています。


人間文化学科
人間と地域の文化的創生を学ぶ
【New】
異文化理解・芸術文学コース
地域社会支援コース
人間教育学科
地域をとおして保育と教育の実践力を学ぶ

人間学部の教員紹介
石巻専修大学の豊富な経験をもった教員をご紹介します。
人間と地域の文化的創生の学びや、保育と教育の実践力が学べる場として
 人間学部は、「文化」と「教育」について学ぶ学部です。少し格好よく表現するならば、私たち人間が創った「文化」と、私たち人間を育てた「教育」の観点から、「人間とは何か?」を追求する学部です。人間文化学科では、言語、芸術、地域、生活といった面から人間の「文化」を学ぶことをとおして、自分たちの地域社会の文化をあらたに創り上げることのできる人材を育てます。人間教育学科では、教育、保育、心理を学ぶことをとおして、次世代の人間の育成を支援することができる人材を育てます。二つの学科は、相互に補完しつつ「人間とは何か?」を追求しながら、新しい人間の育成と地域社会の創成を目指します。
2021年4月
石巻専修大学 人間学部長 笹原 英史
笹原