人間学部 
人間教育学科
Department of Human Education

人間教育学科

保育と教育の現場力・実践力を学ぶ

保育と幼小の教育全般にわたる知識と現場での実践力を高めるとともに、拠点校などで子どもたちへの接し方を実践的に学びます。また、保育士、幼小教員採用試験合格をめざす人に徹底したサポートを行って、夢の実現を手助けします。

学科 DATA

取得できる学位

学士(人間教育学)

入学定員

40名

人間教育学科のカリキュラム

教職課程カリキュラム

取得可能な資格

保育所・幼稚園モデル
●保育士資格 ●幼稚園教諭一種免許状
小学校モデル
●幼稚園教諭一種免許状 ●小学校教諭一種免許状 ●認定心理士 ●認定心理士(心理調査)(予定)

想定される卒業後のフィールド

保育所・幼稚園モデル
保育所、幼稚園、乳児院、児童養護施設、児童相談所など乳幼児や児童の発達支援に関わる職場

小学校モデル
小学校、児童館、幼稚園、児童相談所、児童養護施設、幼児や児童の心のケアにあたるNPO法人など、幼児や児童の教育に関わる職場

就職決定率(平成29年度実績)

100%

業種別主な就職先(過去2年分)※順不同

2年連続小学校教員採用実績あり

■製造業/宮城東洋(株)、米沢電線(株) ■卸売・小売業/イワタニ福島(株)、兼松コミュニケーションズ(株)、(株)シャボンドゥ、(株)ツルハ、(株)ネクステージ、(株)ノジマ、マックスバリュ南東北(株)、宮城ダイハツ販売(株)、(有)みやぎ保健企画、(株)未来ガ驚喜研究所、(株)ヨークベニマル、(株)レッドバロン ■金融・保険業/石巻信用金庫、石巻商工信用組合、(株)かんぽ生命保険 ■教育/秋田県教育委員会 小学校、(学)願成寺学園 認定こども園 一関幼稚園、スポーツコミュニティ(株)、北海道芸術高等学校(仙台校)、(学)双葉の森学園 ふたば幼稚園、宮城県教育委員会 小学校、山形県教育委員会 小学校 ■情報通信業/(株)クエスト、(株)トランスコスモス・テクノロジーズ ■飲食店・宿泊業/(株)アトム、(株)はま寿司 ■医療・福祉/石巻市役所(保育園教諭)、(社福)希望園、(社福)健生会、(株)こどもの森、(社福)成光苑、(社福)どろんこ会、(社福)柏松会、(社福)槃特会 ■複合サービス事業/日本郵便(株) ■サービス業/(株)エイジェック、(特非)こども∞感ぱにー、(株)セドナエンタープライズ ■公務/石巻市役所(保育所・幼稚園教諭)

関連リンク

プルダウンメニュー「開講所属」から学科名を選択してください。

学びのポイント

POINT 01
地域社会に貢献できる人材を育成します
人間や社会に関する知識など、保育・教育全般の知識を基盤としながら、それらを現場で活用できる実践的能力をもって地域社会の教育活動や福祉活動に貢献できる人材育成をめざします。
POINT 02
保育所・幼稚園・小学校に拠点校を設置しています
石巻圏域で地域に根づいた本学の特色をいかし、保育所などに拠点校を設置。教育実習だけでなく、さまざまなイベントのお手伝いをすることで、学校の仕組みや子どもたちと接する方法を体得することができます。
POINT 03
保育や教育分野の資格取得が可能です
小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格のほか、児童指導員(任用資格)、認定心理士など、教育や福祉分野で活躍できる幅広い資格取得が可能です。

学びの分野

人間教育学科学びの分野

コース紹介

保育所・幼稚園モデル
乳幼児期の保育のあり方について理解し、保育所、幼稚園などにおいて保育・教育活動に従事する人材を養成するモデル
学びの分野
  • 人間に関わる学問全般
  • 保育・教育の実践
幼児教育モデル
1年次は、保育や教育を学ぶための基盤になる人間に関わる領域、教育の本質や対象に関する基礎知識を学習。2~4年次にかけて、保育・教育の目的や内容・方法、乳幼児の心理や発達などについて専門的に学びます。また、実際に保育や幼児教育の現場で教育実践に携わり、保育・教育活動に必要とされる専門性と実践技術の統合を図ります。
将来的には
保育所、幼稚園、児童相談所などでの活躍が期待されます。
小学校モデル
幼児期から児童期の教育のあり方について理解し、小学校および幼稚園で教育活動に従事する人材を育成するモデル
学びの分野
  • 人間に関わる学問全般
  • 保育・教育の実践
学校心理モデル
1年次は保育や教育を学ぶための基盤になる人間に関する領域、教育の本質や対象に関する基礎的知識を学習。2〜4年次では、学校教育の目的、内容・方法、幼児・児童の心理や発達、教育的支援の方法などについての専門的知識・技能を習得します。また、実際に学校現場で教育実践に携わり、教育活動に必要とされる専門性と実践技術の統合を図ります。
将来的には
小学校、児童館、幼稚園、教育関連産業(スポーツ施設、塾、出版など)、幼児や児童の心のケアにあたるNPO法人などでの活躍が期待されます。