文学部 
哲学科
Department of Philosophy
生田キャンパス

教員紹介

出岡先生
「能」を通して人間を読む。能という言葉になりにくいものを言葉にする努力を通して、人間と自分自身について考えます。
出岡 宏
教授 (日本倫理思想史)
mizuoka
伊藤先生
プラトンなどの古典的著作を、邦訳でじっくりと読み進めます。
伊藤 博明
教授 (芸術論、思想史)
mito
伊吹先生
精神分析の理論によれば、人類はすべて神経症を患っています。こういう問題意識にもとづく、精神分析からの哲学(人間)へのアプローチを考えていきます。
伊吹 克己
教授 (フランス実存哲学)
mibuki
金子
言語、コミュニケーション、論理。ことばの働き、とくに自分の考えをことばで他者に伝えられるのはどうしてか、そのメカニズムを探ります。
金子 洋之
教授 (論理学、数学の哲学、言語哲学)
mkaneko
nuki
ファッションやスポーツ、家族、芸術などの事柄を手がかりに「自分」や「真理」などの「哲学」的諸問題を具体的に考察します。
貫 成人
教授 (現象学、舞踏美学、歴史理論)
船木先生
ドゥルーズ/ガタリ『千のプラトー』を読む。ポストモダンの人間と社会について考えます。
船木 亨
教授 (現代フランス哲学、18世紀哲学、現代思想)
mfunaki
島津先生
さまざまな芸術について、作品研究を通じて考える。それはいったいどういった背景を持ち、なぜ芸術とされているのか。
島津 京
准教授 (芸術学、美術学)
mshimazu
古田先生
英語圏やドイツ語圏の現代哲学・倫理学をめぐって、深く、そして自由に議論します。
古田 徹也
准教授 (倫理学、ウィトゲンシュタイン)
mfuruta
長谷川
長谷川 徹
助教 (日本思想、倫理学)
古代・中世哲学特講(ギリシア哲学)
平成30年度 新教員着任予定
センディ

センディナビ