理工学研究科 修士課程 
物質工学専攻
Materials Science and Engineering

物質工学専攻

物質工学専攻は、物質科学(材料創成・物性)を基盤として、エレクトロニクス・情報分野への応用を視野に入れつつ、新しい機能性材料やデバイスの開発、そしてそれらを利用したシステム開発を目指しています。その研究分野は、理学と工学の境界領域にあり、材料合成から物性計測、さらにはデバイス・情報システムへと広がっています。学生は各自の適性に合わせて、物質工学基礎コースおよび情報電子工学コースを選択し、研究指導を受けます。しかし、授業科目選択の自由度は非常に高いので、興味に応じて両コースの講義を基礎から応用の幅広い分野に渡って受講できます。物質工学専攻の分野を模式的に示すと下図のようになります。

学びの分野

物質変換・創成
有機プロセス/無機プロセス/表面・界面科学

物性計測
光物性/スピン波/放射線

情報デバイス
光デバイス/受光デバイス/圧電デバイス

情報システム
画像認識/組込システム/知能情報処理

修了後の進路

民間企業

デージーエスメディカル、ミクロスソフトウエア、光波、東京エレクトロン、富士通メディアデバイス、東芝マイクロエレクトロニクス、光通信、ソニー白石セミコンダクタ、富士通化成、東スリーエス、光電製作所、松下電器産業、アンデス電気、新東北化学工業、NECトーキン、東芝プロセスソフトウエア など

その他

仙台市職員、理化学研究所、高校教員、石巻専修大学大学院博士後期課程進学