人間学部 
人間文化学科
Department of Human Culture

人間文化学科

人間と地域の文化的創生を学ぶ

言語や芸術、地域社会学、スポーツ・健康、福祉、心理学など、地域の発展と文化の振興を支える多様な専門分野について学びます。また、地域と連携した課題解決型科目における取り組みをとおして実践力を高めるとともに、地域の生活基盤を支えるしくみづくりについても学びを深めていきます。

学科 DATA

取得できる学位

学士(人間文化学)

入学定員

40名

取得可能な資格

所定の課程を修了することで取得できる資格です。

●中学校教諭一種免許状(英語)
●高等学校教諭一種免許状(英語)
●学芸員資格 ●社会教育主事(任用資格)
●社会福祉主事(任用資格)
●社会調査士(認定資格)
●認定心理士
●認定心理士(心理調査)(予定)
 

想定される卒業後のフィールド

中学校・高校の英語教諭、英語教育関係、ホテル・観光業、社会教育施設・文化施設等職員、文化関連NPO、マスコミ、出版・広告業、自治体職員、福祉施設職員、商工会議所職員 ほか

就職決定率(平成28年度実績)

100%

業種別主な就職先(平成28年度卒業生実績)※順不同

■建設業/日本住宅(株)
■製造業/東北電子工業(株)
■医療・福祉/コスモスケア(株)
■サービス業/(株)NOMCO&CO.

学びのポイント

POINT 01
2つの専門科目群を4つの履修モデルで学ぶ
言語、芸術、文学、地域生活支援、地域社会などの多様な要素で構成される文化を「ことばと芸術文化」と「生活と地域文化」の2つの領域に区分し、4つの履修モデルを設定。これらのモデルに基づき人間の文化を多角的な視野から考察します。
POINT 02
課題解決型の科目を数多く配置
地域に密着した課題解決型科目を配置することで、地域のコミュニティや文化について実践的に学習。これらの実践的な学びをとおして、地域の創成・振興に貢献できる、実践的創造性を持った人材の育成をめざします。
POINT 03
認定心理士に加え認定心理士(心理調査)の資格取得が可能に(予定)
認定心理士に加え認定心理士(心理調査)の資格が取得可能(予定)になります。また中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)の資格が取得できます。これ以外にも学芸員資格、社会教育主事、社会福祉主事、社会調査士などの資格が取得可能です。

学びの分野

人間文化学科学びの分野

コース紹介

地域文化研究モデル
諸外国の言語文化の特徴や背景を学ぶとともに外国語によるコミュニケーション能力の習得をめざすモデル
学びの分野
  • 日本文化論
  • フランス文化論
  • 英米文化論
  • 中国文化論
地域文化研究モデル
諸外国の言語文化の特徴や背景を学ぶとともに外国語によるコミュニケーション能力の習得をめざすモデル。英語圏、フランス、中国など諸外国の言語と文化を日本語および日本文化と比較研究することで、それぞれの言語と文化の特徴や背景を学びます。
将来的には
観光業やホテル業を中心としたサービス業の分野、中学校、高等学校、英語教室などにおける英語教育の分野での活躍が期待されます。
芸術文化研究モデル
さまざまなジャンルの芸術について学ぶことで、地域社会における芸術文化振興の推進を担う人材を育成するモデル
学びの分野
  • 造形文化論
  • 音楽文化論
  • 文学研究
  • メディアアート論
芸術文化研究モデル
地域社会における芸術文化振興の推進を担う人材を育成するモデル。日本と諸外国の文学をはじめ、さまざまなジャンルの芸術について、その文化的背景に注目して研究を行うことによって、芸術をとおして文化のあり方について理解を深めます。
将来的には
美術館、博物館、資料館などの各種文化施設、あるいは文化関連NPOや自治体において地域の文化振興に貢献することが期待されます。
生活環境モデル
「こころ」と「からだ」の側面からの支援について学び、生活支援者としてさまざまな生活環境の地域づくりに貢献できる人材を育成するモデル
学びの分野
  • 心理学
  • 健康科学
  • 福祉学
  • 生活環境科学
生活環境モデル
地域における各種生活支援に貢献する人材を育成するモデル。「こころ」と「からだ」に焦点を当て、心理学、健康科学、福祉学、生活環境科学などを学ぶとともに、それらの知識をもとにさまざまな課題研究を行うことで、地域の生活とその支援のあり方について多面的に理解します。
将来的には
市民センター、生活支援センターなどでの活動をとおして、地域における各種生活支援に貢献することが期待されます。
地域社会モデル
地域における教育、産業、政策などについて学び、地域社会の創成・発展に貢献できる人材を育成するモデル
学びの分野
  • 社会学
  • 教育学
  • 社会教育論
  • 地域政策論
地域社会モデル
地域社会の創成・発展に貢献できる人材を育成するモデル。地域社会に焦点を当て、地域における教育や産業、政策について学ぶとともに、それらの知識をもとに地域活性化・地域再生に関する課題研究を行うことで、地域社会の現状と課題について理解を深めます。
将来的には
自治体の各種社会教育・生涯学習関連施設、商工会議所などにおける活動をとおして地域の発展に貢献することが期待されます。