図書館
MENU

展示案内

(2017年11月開催)

【図書館秋の企画展】北斎と馬琴

【開催期間を延長することになりました】
 
【期間】 11月 8日(水)、9日(木)、10日(金)、13日(月)(4日間)
【時間】 11時 ~ 16時
【会場】 生田キャンパス: 図書館本館研修室(9号館3階)
 

20171002_pos_235

( PDF:1.4MB )
この度、専修大学図書館では「北斎と馬琴」と題して、浮世絵師・葛飾北斎が挿絵を加えた読本(江戸時代後期小説の一種)を、今年で生誕250年を迎える曲亭馬琴の作品を中心に展示します。

北斎は、彼の代表作とされる「富嶽三十六景」や『北斎漫画』が世に出る前に、読本の挿絵画家として活躍していたことがありました。そして、その彼が筆を振るった読本には、後に『南総里見八犬伝』という大作を遺す戯作者・曲亭馬琴の手によるものが多くありました。

今回は、北斎と馬琴がタッグを組んだ初期の作品から、才能が激しくぶつかり絶交するに至る直前の作品まで出展するほか、柳亭種彦など別の戯作者との作品もご覧頂きます。また、「水滸伝」や「八犬伝」といった馬琴ゆかりの作品をモチーフにした浮世絵もあわせて展示します。なお、今回の展示は、本学の戯作(江戸後期小説の総称)コレクションである「向井信夫文庫」を中心に出展します(一部個人蔵あり)。

北斎と馬琴という2人の天才が生み出した作品を、どうぞお楽しみ下さい。

【会 期】
生田キャンパス: 2017年11月 1日(水)~ 11月 7日(火)
神田キャンパス: 2017年11月25日(土)・26日(日) *第22回国際浮世絵学会秋季大会に伴う開催

【時 間】
生田キャンパス: 11:00 ~ 16:00(土日祝は 10:00 ~ 15:00)
神田キャンパス: 25日(土)12:00 ~ 16:30  26日(日)11:00 ~ 15:00

【会 場】
生田キャンパス: 図書館本館研修室(9号館3階)
神田キャンパス: 神田5号館ラーニング・コモンズ(アクティブラウンジB)

【主な出展作品】
◆読本
 曲亭馬琴作、葛飾北斎画『椿説弓張月』(文化4[1807]~8[1811]年)
 曲亭馬琴・高井蘭山編訳、葛飾北斎画『新編水滸画伝』(文化4[1807]年~)
 曲亭馬琴作、葛飾北斎画『三七全伝南柯夢』(文化5[1808]年)
 柳亭種彦作、葛飾北斎画『霜夜星』(文化5[1808]年)
 六樹園飯盛(石川雅望)作、葛飾北斎画『斐弾匠物語』(文化6[1809]年)
◆浮世絵
 歌川国芳画「義勇八犬伝」より
 歌川国芳画「通俗水滸伝豪傑百八人一個」より

【監修】
板坂則子文学部教授

【問合せ先】
専修大学図書館
Tel: 044-911-1274  E-mail: libtenji@acc.senshu-u.ac.jp
【あなたの展示鑑賞のサポートをします!――図書館員によるちょこっと解説】

図書館員がパンフレットの解説文に沿って、展示作品の見所をご案内します。
11月1日(水)から11月7日(火)の期間中、12:30から15分間、図書館研修室(9号館3階)で行いますので、
お気軽にご参加下さい(申込不要)。
もしかしたら、解説文以外のことも教えてくれるかも?(ワクワク!?)
【展示風景紹介】

20171102_01_335

20171102_02_335

20171102_03_335

20171102_04_335

20171102_05_335

201710_1297844_01

(2017年5月開催)

【春の企画展】「世界の美しい書物たち-西洋中世の写本からウィリアム・モリスまで-」

20170401_pos

( PDF:452KB )
インターネットや電子書籍のない、遥かむかしの中世ヨーロッパ。この時代の書物は、ペンで一文字ずつ書き写し、美しく装飾されたとても貴重なものでした。15世紀になると印刷技術の発達で多くの書物がつくられようになり、18世紀半ばで産業革命を迎えます。大量生産が可能になった反面、良き手仕事が失われていくことを危惧したウィリアム・モリスは、自身の印刷所で「美しい書物」を再現しました。
今回の展示作品は普段目に触れる機会のない貴重な資料ばかりです。ぜひ足をお運びください。

【会期】    2017年 5月 8日(月)~ 6月 2日(金)(日曜を除く)
【時間】     (月~金)11:00 ~ 16:00、(土)10:00 ~ 13:00
【会場】     図書館本館研修室(生田キャンパス9号館3階) 入場無料
        ※一般の方も入場できます
【お問合せ先】 専修大学図書館
        Tel: 044-911-1274 E-mail: libtenji@acc.senshu-u.ac.jp
【貴重書ギャラリー】 ポリクロニコン、チョーサー著作集ほか

※会期中は、図書館内3階情報検索コーナーでも関連資料を展示します。
【図書館本館研修室での展示風景】

20170508_image_1

20170508_image_2

20170508_image_3

20170508_image_4

【図書館本館3階情報検索コーナーでの展示風景】

20170501_image_1

20170501_image_2

20170501_image_3

20170501_image_4

(2016年10月開催)

【図書館 特別展】フランス革命を知ろう! 2016 -地方の革命、社会権の生成、国民経済の確立、憲法とナポレオンに注目して-

20160831_pos

( PDF:772KB )
本学が所蔵するフランス革命史料「ミシェル・ベルンシュタイン文庫」から、表題の4テーマに即した史料を中心に、約30点を展示します。フランス革命期の主要な事件や革命家たちの肖像を描いた銅版画(複製)も掲示します。
入場無料です。是非、お気軽にお立ち寄りください。

【会期および日時】
①10月21日(金)~ 11月 2日(水) 12時 ~ 17時
※10月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)、11月 1日(火)は除く
②11月 3日(木)~ 11月 6日(日) 10時 ~ 16時

【会 場】
図書館本館研修室(生田校舎9号館3階)

【展示予定史料】
フランス革命期における各地の民衆協会の書簡、風刺画、「人権宣言」、「マリー=アントワネット最後の手紙」、「ルイ16世の遺言書」、「皇帝ナポレオンの肖像」、「ラス・カーズ『セント=ヘレナ覚書』」ほか、本学ミシェル・ベルンシュタイン文庫およびナポレオン関係コレクション所蔵の約30点と銅版画(複製)約30点。

【お問合せ先】
専修大学図書課
Tel:044-911-1274
E-mail:library@acc.senshu-u.ac.jp
【コレクション紹介】 ミシェル・ベルンシュタイン文庫
【絵画パズル完成!】

来場者数は、732名でした。大勢の方のご来場、ありがとうございました。
ご来場いただいた方には、「絵画パズル」にもご参加いただきました。
さて、どのような絵画だったのでしょうか?

絵画パズル完成!(フランス革命を知ろう! 2016)
【来場者の声】
 
ご来場いただいた方の「声」をと紹介いたします。

来場者の声(フランス革命を知ろう! 2016)

1297842_02_30

(2016年9月~11月開催)

【専修大学図書館コレクション展】開催について

専修大学140周年記念事業
目賀田種太郎と近代日本-教育者・法律家・官僚として―」と同時開催。

20160920_poster160803_180

ポスター(PDF:475KB)

20160920_megata_flyer_160623_180

チラシ(PDF:284KB)
このたび、専修大学は創立140周年記念事業の一環として、たばこと塩の博物館において展示会を開催し、本学の創立者のひとりである目賀田種太郎の人物と業績を紹介します。これに合わせ、図書館からは、日本文化の「雅」と「俗」をテーマに、蜂須賀家旧蔵本を中心に「雅」の文学を、向井信夫文庫を中心に「俗」の文学の世界をご覧いただきます。
日本の文化、特に江戸時代の文化を知っていただくには、平安時代の貴族文化や鎌倉・室町期の公家文化を継承した「雅」の文化と、公家文化の当世風の解釈や当世風の世情そのものを描いた「俗」の文化の両方を見ていく必要がありましょう。そして、この2つの世界を広く社会に広める役割を果たしたのが印刷技術の発達でした。つまり「書物」だったのです。
本展示を通じて、そうした日本文化の一端を多くの方々に知っていただければ幸いに存じます。

*ギャラリートーク
10月23日(日) 14:00 ~ たばこと塩の博物館 2階特別展示室
「専修大学図書館コレクション展の紹介」 板坂則子(専修大学文学部教授)
会場たばこと塩の博物館 2階特別展示室
〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/info/access/index.html
会期2016年9月17日(土)~2016年11月6日(日)
休館日月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
開館時間10時~18時(入館締切は17時30分)
観覧料一般・大学生300円(150円)、小・中・高校生100円(50円)、
満65歳以上の方150円(100円)
※満65歳以上の方は年齢がわかるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金
問合せ先TEL:044-911-1274/FAX:044-911-1249
E-mail:library@acc.senshu-u.ac.jp
主催専修大学、たばこと塩の博物館
※開催期間は終了していますが、「たばこと塩の博物館」の「過去の特別展・企画展」のページにて紹介されています。

2016年度
専修大学140周年記念事業「目賀田種太郎と近代日本 ~教育者・法律家・官僚として~」
2016年 9月17日(土)~ 11月 6日(日)

コレクションにつきましては、
専修大学図書館コレクション展 ~書物に見る日本文化の『雅』と『俗』~
から直接ご覧になることもできます。
【専修大学図書館コレクション展の紹介 動画】

(作成:板坂ゼミナール学生有志)

201609_collection_movie_50

Copyright(C) Senshu University All Rights Reserved.
動画公開は、終了いたしました。

【学生制作 図書館所蔵貴重図書紹介 パンフレット】
(2016/09/29)

201609_brochure_1_455

1(PDF:512KB)

201609_brochure_2_455

2(PDF:521KB)

(2016年4月開催)

【図書館 企画展】「春にやってきた江戸の妖怪大集合-向井信夫文庫を中心に-」

 春の図書館で江戸の妖怪見物はいかがでしょうか。
 今回の企画展では、本学所蔵の向井信夫文庫江戸期和本コレクションを中心に、妖怪や幽霊、化け物といった異界のものたちを題材とした資料を展示します。
 百鬼夜行からは現代でも知られている妖怪たちが沢山登場します。
 江戸の妖怪たちに会いに来ませんか?

【会 期】  2016年 4月 1日(金)~ 4月29日(金)(日曜及び4/5(火)を除く)
【時 間】  11:00 ~ 16:00(月~金)、 9:00~12:00(土)
【会 場】  図書館本館研修室(生田校舎9号館3階) 入場無料
【その他】  会期中、本館第1開架閲覧室でも妖怪や化け物に関する資料を展示します。
【問合せ先】  専修大学図書館 Tel: 044-911-1274 E-mail: libtenji@acc.senshu-u.ac.jp
【コレクション】 向井信夫文庫
【生田校舎へのアクセス】 こちら をご覧ください。

 
【妖怪人気投票(結果発表)】 (2016/05/17)

来場者数は、1,548名でした。大勢の方のご来場、ありがとうございました。
画図百鬼夜行の妖怪人気投票にも、多くの方々にご参加いただきありがとうございました。
妖怪151の内143の妖怪に投票が入りました。
皆さんが投票してくださいました妖怪ははたして何位になったでしょう。上位10位までをご紹介します。

妖怪人気投票結果発表

(2015年10月開催)

【図書館 特別展】フランス革命を知ろう! 2015 -人権、社会保障、近代経営論そして、教育-

20151002_pos

ポスター(PDF:585KB)
 本学が所蔵するフランス革命史料「ミシェル=ベルンシュタイン文庫」から、表題の4テーマに即した史料を中心に、約40点を展示します。フランス革命期の主要な事件や革命家たちの肖像を描いた銅版画(複製)も掲示します。
 入場無料です。是非、お気軽にお立ち寄りください。
【会 期】10月17日(土)~ 24日(土) ※18日(日)は除く
【時 間】12時~17時 ※最終日は10時~17時
【会 場】図書館本館研修室(生田校舎9号館3階)
【展示予定史料】 
     ・フランス革命期の諸憲法、諸教育案、新聞
     ・「マリー=アントワネット最後の手紙」
     ・「ラ・マルセイエーズ楽譜」
     ・「ルイ16世の遺言書」
     そのほか、本学ベルンシュタイン文庫所蔵の約40点と銅版画(複製)約30点
【展示目録】こちら(PDF:4.7MB) をご覧ください。
【お問合せ先】専修大学図書課 Tel:044-911-1274 E-mail:library@acc.senshu-u.ac.jp
【コレクション紹介】
ミシェル・ベルンシュタイン文庫

 
【来場者の声】

来場者数は、412名でした。大勢の方のご来場、ありがとうございました。
ご来場いただいた方には、簡単なアンケートをお願いいたしました。
その中から「来場者の声」をいくつかご紹介させていただきます。

来場者の声(フランス革命を知ろう! 2015)

1297844_01

(2015年7月開催)

【図書館 企画展】SI-Librett刊行記念企画展のお知らせ

「和うるわし 日本語の風景」
 

20150612_pos

(PDF:237KB)
 

(展示見学者 255名)
(ギャラリートーク参加者 7/4(土) 10:00~10:20 21名 11:40~12:00 20名)

 2015年4月に専修大学出版局より刊行された新書版SI-Libretto第6号「日本語の風景-文字はどのように書かれてきたのか-」の刊行記念企画展を開催いたします。

【展示名】和うるわし 日本語の風景
【会 期】2015年 7月 1日(水)~ 10日(金) 12:00 ~ 16:00
     2015年 7月 4日(土)のみ 10:30 ~ 14:00
【会 場】図書館本館(生田校舎9号館3階)
【構 成】第1部 日本に固有の文字はなかった
     第2部 漢字の画数を省略した
     第3部 漢字を崩して書く「仮名」
     第4部 絵と「仮名」
     第5部 「仮名」の利点を生かす会話文
     第6部 文字から見た専修大学草創期

 本学図書館の所蔵する古典籍などを題材として、先人達が日本を文字に書き写すときに行ってきた様々な工夫の跡を紹介します。


■公開講座「日本語の風景~文字はどのように書かれてきたのか」

 このたび、多摩区・3大学連携協議会の協定締結10周年記念事業の一環として、以下のとおり公開講座を開催いたします。同時に、専修大学図書館では、本公開講座と連動して、企画展示「和(やまとし)うるわしー日本語の風景―」を開催いたします。
 専修大学図書館の所蔵する古典籍などを題材とした公開講座及び企画展示となります。この機会に是非ご参加くださいますようお願いいたします。
概  要 本学図書館の所蔵する古典籍などを題材として、先人達が日本語を文字に書き写すときに行ってきた様々な工夫の跡を紹介します。
 漢字の伝来から、その後の日本語がどのように発展してきたのか、文字と表記の歴史を考察するなかで、日本語の文字の世界、奥深さを説明し、斎藤教授も執筆者として参加した書籍「SI Libretto 日本語の風景 文字はどのように書かれてきたのか(発行:専修大学出版局)」の内容を辿りながらお話いたします。
日  時7月4日(土)
○ギャラリートーク (定員20名) 10時00分 ~ 10時20分
○公開講座 (定員250名) 10時30分 ~ 11時30分
会  場生田キャンパス10号館1階 10101教室
講  師文学部教授 斎藤 達哉
申込方法■ 本学学生
 6月20日までに学長室企画課(044-911-1252)までご連絡ください。
■本学学生以外の方
 往復はがきに、住所、氏名、年齢、ギャラリートーク参加希望の場合はその旨も記入し、6月20日(消印有効)までに下記住所宛へご送付ください。お申込み受付完了後、抽選結果を返信はがきにて送付いたします(6月下旬頃を予定)。
 〒214‐8580 川崎市多摩区東三田2‐1‐1 専修大学企画課「知的探訪」係

(2015年4月~6月開催)

【春の企画展】レディ・Sからの挑戦状

「レディ・Sからの挑戦状-謎解きは授業のあいまに-」

20150330_pos

ポスター(PDF:380KB)
ある日、図書館の返却ポストに一通の手紙が投げ込まれていた。
それは、“レディ・S”と名乗る謎の人物からの挑戦状だった。
彼女からの挑戦を受けるのは、君だ!
図書館内に仕掛けられた謎を解き明かせ!
 

 平成27年度春の企画展は館内を巡りながら謎を解く参加型ゲームです。参加者の皆さんには「レディ・S」が館内各所に張り巡らせた謎をじっくり解いていただきます。さあ、ミッションコンプリートなるか!?皆さん奮ってご参加ください!

【会 期】 4月 1日(水)~ 6月26日(金)※休館日を除く
【時 間】 月~金  9:00 ~ 19:00、土  9:00 ~ 17:00
【会 場】 図書館本館(生田校舎9号館3階)
      ※参加無料
【その他】 「はじまりの謎」(第1問)が4月発行の図書館だより No.85 に掲載されています。
     図書館内またはホームページにてご確認ください。

 5月 7日(木)より、生田分館に謎解きのヒントが置いてあります。必要な方はどうぞ!
 


■お問合せ先
 専修大学図書館
 Tel: 044-911-1274 E-mail: libtenji@acc.senshu-u.ac.jp
【謎解きの結果は…】
 
33名がクリア!(参加者数は215名でした)

本イベントは、好評のうちに終了いたしました。
クリアできた方、おめでとうございます!
クリアできなかった方…残念でした…次回、リベンジ!? (次回があるのか??)


では、またどこかでお会いしましょう…(コツコツコツ…書架の合間に消えてゆく“レディ・S”でした…)
あ、その後ろには…うさ仙人が…?!

20150630_usa

(2014年7月開催)

【図書館 特別展】フランス革命を知ろう! -国民公会期における地方のテルールと民衆協会-

20140703_pos

(PDF:443KB)
 本展示では、世界で本学ミシェル・ベルンシュタイン文庫にしか存在しないとされるものを含む、約40点の史料を出品します。中心となるのは国民公会議員フォールやレイノー関連史料です。彼らはあまり有名ではありません。また、パリよりもむしろ地方での活躍が目立つ人々であることから、「知られざるフランス革命」を学ぶ格好の素材となっています。
  フランス革命期の主要な事件や革命家たちの肖像を描いた銅版画(複製)も掲示します。
  是非ご覧ください。

【会 期】7月21日(月)~ 30日(水) ※26日(土)、27日(日)は除く
【時 間】12:00~17:00
【会 場】図書館本館(生田校舎9号館3階)

【展示予定史料】
     ・国民公会議員フォールやレイノー関連史料
     ・『ルイ16世の遺言書』
     ・『フランスとナヴァールの王妃マリー=アントワネットから義妹エリザベートへ宛てた手紙』
     ・革命期のカリカチュア
     そのほか、約40点

【お問合せ先】専修大学図書課
       Tel: 044-911-1274 E-mail: library@acc.senshu-u.ac.jp

※入場無料です。是非、お気軽にお立ち寄りください。
センディ

センディナビ