経営学部紹介

 社会人としてよく生きるために「経営」を学ぶ。
私たちは学校を卒業すると社会人と呼ばれます。社会人は市民社会に参加し、その中で自分の役割りを担います。近い将来、あなたは社会人として何をしますか?
 令和3年4月、本学経営学部は「情報マネジメント学科」と「経営学科」の2学科制となります。新たに誕生する「情報マネジメント学科」では、データを駆使してビジネスを創造する人材を育成します。ここではデータサイエンスが学びの中心となります。さらに進化する「経営学科」では、ヒト・モノ・カネの経営資源を首尾よく運用することのできる人材を育成します。ここではマーケティングや会計などのマネジメントを幅広く学びます。2学科共通の特徴は理論と実践の融合です。それによって「社会人としてよく生きる」ための知識と技能を身につけることができます。


学科

【令和3年度以降入学者用】

経営学科
理論と実践との対話から
ビジネスを学ぶ
情報マネジメント学科
データ・ICTに基づく
新しいビジネスを学ぶ(令和3年度新設)

【令和2年度以前入学者用】

経営学科
理論と実践との対話から
ビジネスを学ぶ

情報マネジメント学科
経営学科研究室紹介
経営学部の教員紹介
石巻専修大学の豊富な経験をもった教員をご紹介します。
Twitter紹介(トリミング版)
 日々の様子や在学生の活躍などを更新しています。
創造的な経験を積み重ねる
 令和3年4月、東北地方の経営系学部で最も長い歴史を有する本学部が2学科制となって生まれ変わります。まず既設の経営学科が進化します。経営学科のコンセプトは「地域社会」です。経営学科では、マネジメントを基本に、地域の経済と観光、そして地域企業の会計とマーケティングを学びます。次に新設の情報マネジメント学科が躍動します。情報マネジメント学科のコンセプトは「ビジネスとデータ」です。ここでは経営と統計をベースに、「データサイエンス」や「ビジネスデザイン」を学びます。

 本学部の特徴のひとつは「資格を取りたい!」と考えている学生の多さです。たとえば「高校の先生になりたい」という学生。経営学科であれば「商業」、情報マネジメント学科であれば「情報」の免許を取ることができます。また経営学科では簿記検定にチャレンジする学生が多くいます。彼らは「日商簿記検定」の3級、2級、1級、さらに公認会計士や税理士を目指して頑張っています。また情報マネジメント学科では「ITパスポート」、「基本情報技術者」、「応用情報技術者」などの資格にチャレンジする学生もいます。それから公務員。学生の希望は市役所や消防士などさまざまですが、彼らは正課授業と課外授業を組み合わせて早くから受験の準備をしています。資格取得に向けてがんばると自分に自身が持てるようになります。それが成長につながります。本学では学生の資格取得を応援しています。

 留学制度についても紹介しましょう。本学部には国外留学のほか、専修大学への国内留学の制度があります。4年間のうち、半年間を専修大学で学ぶという制度です。学校法人専修大学というオール専修のネットワークが皆さんをサポートします。

 教室で学び、地域で学び、そして専修大学で学ぶ。こうした本学部の取り組みに対し、一層のご理解とご支援をいただければ幸いです。
       2021年4月      
       
石巻専修大学 経営学部長 杉田 博
03_経営学部長