経営学部
Faculty of Business Administration

「学び方を学ぶ」から始めて「自分らしく働ける人」になる。

経営学部では初年次教育を重視しています。1年次は、新しいアクティブラーニングのなかで「現在と将来のギャップ」に気づき、そこから主体的に学ぶための姿勢の確立を目指します。2年次以降は、経営学、会計学、経営情報学、経済学の領域から構成される履修モデルをもとに、ひとりひとりの将来を見据えた時間割が作られます。こうして4年後、生涯にわたって学び続ける姿勢と、学習スキル・社会スキルを身につけた学生たちが、「自分らしく働ける人」となって社会に巣立っていきます。
また、充実した実践教育も大きな特徴です。ゼミナールおよびその他の科目では、企業やNPOなどさまざまな機関との連携によってクリエイティブな活動が行われています。

学科

経営学科
理論と実践との対話から
ビジネスを学ぶ
経営学部の教員紹介
石巻専修大学の豊富な経験をもった教員をご紹介します。
創造的な経験を積み重ねる
平成元年の開学時にスタートした経営学部が、開学30周年を前にリニューアルします。その最大の特徴は「初年次教育の充実」というカリキュラムにあります。
基礎から専門へ、というのが大学の標準的なカリキュラムですが、本学部は1年生から実践的にビジネスを学びます。もちろん学年の進行とともに、経営領域、経済領域、経営情報領域、会計領域の科目を体系的に学べるように配置していますが、そこに「ビジネス演習入門」(1年前期必修)というグループワーク型の科目を新設しました。企業経営者から学生にビジネス課題が提示され、その答えが求められます。ただ入学したばかりですから満足のいく答えは期待できません。それでも、経営とは何か、会社とは何か、ということを考えたり、これから学ぶ経営学の面白さや難しさを感じたりする良い機会になるでしょう。学生諸君の「気づき」が本科目の目的であり、そこからの動機づけがねらいです。合わせて1年次には「フレッシュマンセミナー」(通年必修)というリテラシー科目も開講されます。ここでは論理的なものの考え方や発表の仕方などを徹底的に学びます。これにより2~3年生になるころには、企業経営者を唸らせるプレゼンテーションができるようになることを期待しています。
また、地域企業との商品開発、仮設住宅にお住いの方々に対する支援、観光マップの作成やまちづくり活動、動画の配信やソフトウェアの開発、中小企業への会計教育など、実社会の課題解決に取り組むゼミナールが多いのも本学部の特徴です。東日本大震災後に形成された産学官やNPOとのネットワークにより、学生参画型の実践活動は今なお進化し続けています。
こうした創造的な経験を通して、生涯にわたって学び続ける姿勢と能力を備えてもらいたいと願っています。本学部の取り組みに対し、一層のご理解とご支援をいただければ幸いです。
平成29年4月
石巻専修大学 経営学部長 杉田 博
経営学部杉田博v2

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

経営学部の目的

経営学部は、経営学を中心とした基礎理論及び幅広い専門知識を教授することにより、高度なマネジメント能力及び社会的課題の解決に貢献しうる能力を備えた人材の育成を目的とする。
ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

学部(全学部・全学科共通)

石巻専修大学では、各学部学科所定の単位を修得し、以下の能力を身につけた者に学士の学位を授与します。
(1)幅広く豊かな教養を身につけている。知識・理解
(2)学んだ専門分野の基本的な知識を身につけている。
(3)学問の体系性や方法論を理解している。
(4)情報を収集し、自分の考えをさまざまな方法で的確に伝えることができる。 技能・表現
(5)課題に対して 問題点を抽出し、学んだ専門分野の手法を用いて考察し判断できる。 思考・判断
(6)学んだ知識・技術をもって地域社会や職場の諸課題に積極的に取り組むことができる。 関心・意欲
(7)生涯にわたって学ぶことができる。 態度・志向性
(8)他者の意見を理解し、社会の中で柔軟に協調した対応ができる。
(9) 自らを律し、自発的主体的に行動できる。
(10)生涯にわたる健康づくりの大切さを理解している。 健康・体力

経営学科

(1) ビジネスに関する学問の基礎を修得している。知識・理解
(2) 社会に貢献するための「自分らしさ」を確立している。  思考・判断
(3)新たな課題を発見し、論理的に思考できる。 技能・表現
(4) 社会的規範を重んじ、地域社会の持続・発展に寄与しようとする。 思考・判断
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

学部(全学部・全学科共通)

(1) 教育課程は、基本教育科目と専門教育科目から構成する。
(2) 基本教育科目は、幅広い教養および総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養することを目的に、スキル養成科目、社会性養成科目、教養力養成科目を開設する。
(3) 専門教育科目は、各学部各学科に関わる高度な専門の知識・技能(スキル)ならびに技術(スキルの体系)を身に付け、実社会で活躍するための能力の修得を目的としている。
(4) 地域に根ざし、他者との協働を重視した実践的な教育を、少人数を基本に実施することによって、知識・技能ならびに技術の定着を図る。
(5) 評価は、知識・理解のみならず、思考・判断や関心・意欲なども加味して多面的に行うことで、主体的な学習を促す。

経営学部 経営学科

(1)学習した経営学の知識が、実社会でいかに生かされるのかについて、学生の主体的な学ぶことを促す。学内外での学習体験を通してビジネススキルと困難にも立ち向かう力(レジリエンス)を養成する。

(2)専門基礎科目
成果を生み出す体験を通じて現在と将来のギャップを示し、それを埋めるための体系的な学びの機会を提供する。また、生涯にわたって学び続ける姿勢と学習スキル・社会スキルを身につける場を提供する。

(3)専門展開科目
グループ学習やゼミナールを通じて、他者との関わり方に加え、判断力と理解力を育む。さらに、経営者や各分野のリーダーとの交流から、学びの方向性を定め、学習を基礎から応用へと発展させる。

(4)専門展開実践科目
組織における自己の役割を自覚する機会を提供し、地域の問題解決を通じて、自主的な学習の深化を図る。

(5)学習の集大成となる卒業研究を通じて、生涯にわたる学習姿勢と、自らの将来を展望するキャリアパスの形成を促す。
アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
石巻専修大学では、以下の方針に基づいて学生を受け入れます。
(1)本学での修学に必要な基礎学力を有している。知識・理解
(2)自分の考えを明確な言葉で表現できる。技能・表現
(3)物事を複数の視点から考察し、自分の考えをまとめることができる。思考・判断
(4)社会の諸問題に関心を持ち、大学における勉学を通じて、それを探求したいと考えている。関心・意欲

経営学科…企業の経営や地域経済の動向に関心を持ち、大学の勉学を通じて、それを探求したいと考えている。
 
(5)自主的に学び行動する意志を持っている。態度・志向性
(6) 他者の意見を尊重できる。
(7)健康な心身を求める意志がある。健康・体力