セメスター交換留学プログラム

セメスター交換留学プログラムとは

本学在学中に1学期相当期間、国際交流協定校に留学し、協定校で開講されている正規授業科目を履修し、留学先大学にて単位を修得してくるプログラムです。留学先にて修得した単位は審査の上、学部学生においては60単位(文学部日本語学科及び日本文学文化学科は30単位)を上限に本学開講科目の単位に振り替えることができます。就職活動の時期にも対応し、留学する学生の経済的負担を軽減しつつ、より高い専門科目を学ぶプログラムです。
このセメスター交換留学プログラムでは、下表のとおり3か国5大学で派遣学生を募集しています。

プログラムの特色

1.1学期間正規授業で専門科目を履修(集中英語研修はありません)
2.留学期間が1学期間なので経済的負担が少ない(留学期間は本学の後期期間です)
3.帰国後の語学力は大幅にアップ
  多様な価値観を養い、自己発見と自己成長ができる
4.スタディアブロード・ファイナンシャルサポート制度(SAFS)あり 

セメスター交換留学プログラム留学先大学

協定校名定員語学能力基準
ネブラスカ大学リンカーン校(米国)若干名TOEFL iBT® 71点
(ライティング20点)
サスクェハナ大学(米国)TOEFL iBT® 80点
TOEFL ITP® 550点
オレゴン大学(米国)TOEFL iBT® 71点
TOEFL ITP® 530点
ダブリン大学トリニティカレッジ(アイルランド)*TOEFL iBT® 90点
(ライティング21点)
カルガリー大学(カナダ)TOEFL iBT® 86点
TOEFL ITP® 560点

*Department of Business Studies以外の学部(Medical、Engineeringを除く)を希望する場合は、事前に国際交流事務課に相談してください。TOEFL iBT®の要求点が異なる場合があります。
センディ

センディナビ