大学院 
経済学研究科
Graduate Schools
神田キャンパス・生田キャンパス

経済学研究科の概要

経済学研究科は、専修大学が新制大学として発足した直後、昭和27(1952)年に設置されましたので、すでに60年を越える歴史を持っています。この間、授業科目を充実させ、担当教員を増やし、研究・教育体制を整えて、多くの優れた研究者を育ててきました。その中には現在、専修大学や他の大学で教授・准教授として活躍している研究者が多くいます。
現在、経済学研究科修士課程では、経済学のほとんどすべての分野にわたって授業科目が展開され、50名以上の専任教員と約15名の非常勤講師がこれらを担当しています(そのうち40名以上の教員が博士後期課程も担当しています)。その特徴の第1は、近代経済学(マクロ・ミクロ経済学)とマルクス経済学を経済学の基礎理論の二本柱として、多様な見地に立つ理論研究者が担当していることです。また、第2の特徴と言えることは、現実の経済の各分野の研究が充実していることで、経済政策をはじめとして、農業政策、財政学、金融論、社会政策、環境経済論にまで及ぶ広い範囲にわたって、多彩な専門分野の経済学者が担当しています。第3の特徴は国際経済論に重きを置いていることで、ここでは、多数の言語圏にわたる研究者が国際経済の理論的研究と世界各地域(アメリカ・西欧・東欧・アジア・アフリカ・中南米)の分析に従事しています。第4に、歴史(日本経済史・西洋経済史)の研究が、これら理論研究ならびに現状分析と密接な関係を持つものとして置かれ、経済史家が担当しています。そして、最後に、これらの広い分野にわたる担当教員として、教育経験豊かなベテランの教授から新進気鋭の若手准教授に至るまで多彩な人材を揃えていることが特筆されるでしょう。
こうして、経済学のさまざまな分野について、学びたいと願う学生諸君の希望に応えられる陣容を整えています。

経済学専攻

社会経済コース(修士)
(生田キャンパス・昼間)
国際経済コース(修士)
(生田キャンパス・昼間)
プロフェッショナルコース(修士)
(神田キャンパス・平日夜間・土日昼夜)
エコノミックリサーチコース(修士)
(神田キャンパス・平日夜間・土日昼夜)
博士後期課程
(生田キャンパス/神田キャンパス)
 実は私自身、経済学研究科で学びました。ファンドマネージャーをしていた40歳のころ、経済について新たな知識を吸収したいと考え、働きながら神田キャンパスに通いました。分析や理論など、近年の経済学で新しく発展した部分を理解できたことで、世の中を経済学的に見られるようになったと思います。
カリキュラムが多様で充実していたことが進学を決めた理由ですが、いざ勉強を始めてみると日々、新しい発見があり、同級生の真面目な研究意欲にも刺激を受けて、博士後期課程に進学しました。つまり、経済学研究科の良さを私は身をもって体験してきました。
 経済学研究科は、生田キャンパス、神田キャンパスを両輪として発展してきました。理論を中心にしっかりと学びたい人、フィールド調査や事例研究をベースに世の中のしくみを考えたい人、また、エコノミックリサーチコースのようにデータ分析を中心にアプローチしたい人にも、その目的やあらゆる興味に応えられる体制が整っています。
 今後は、新しいニーズにもフレキシブルに対応していくことを検討しています。例えば、ひと昔前ですと地域産業振興の検討にあたりイノベーションの担い手としてベンチャービジネスが関心の中心でしたが、現在はソーシャルビジネスやコミュニティビジネスへの注目も高まっています。経済学研究科には企業・産業研究のみならず社会政策研究の分野にもスペシャリストの教員がそろっており、こうした新しい分野の研究を深めることも可能です。さらに、一般学生と社会人学生、教員、学外の実務家などが交流できる場を作り、学生のさらなる研究意欲を刺激できればと考えています。

E遠山研究科長

経済学研究科長 遠山 浩
(経済学研究科/経済学部教授)

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的
経済学研究科は、経済学の分野で高度の専門的知識及び能力を有する高度の専門職業人及び多様に発展する社会の様々な分野で活躍する高度で知的素養のある人材並びに創造性豊かで確かな教育能力を有する大学教員その他の研究者の養成に向けての幅広く深い学識を養うことを目的とする。
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学専攻

修士課程

経済学研究科は、経済学の分野で高度の専門的知識及び能力を有する高度の専門職業人、及び多様に発展する社会の様々な分野で活躍する高度で知的素養のある人材の養成を目的としている。
修士課程に所定の修業年限(2年または4年)以上在学し、所定の単位(30単位以上)を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格した者に修士(経済学)の学位を授与する。
修士論文は、適切に設定された課題に対して、問題意識の妥当性、分析手法の確実性などに加えて、既存の研究を十分に理解した上で、独自の視点と分析が提案・展開されていなくてはならない。さらに、在籍期間中に設定されている数回の論文発表会での報告を経ることで、修士論文としての完成度を高めることが求められる。

博士後期課程

経済学研究科は、経済学の分野で高度の専門的知識及び能力を有し、及び多様に発展する社会の様々な分野で活躍する高度で知的素養のある、創造性豊かで確かな研究・教育能力を有する大学教員その他の研究者の養成に向けて、幅広く深い学識を養うことを目的としている。
博士後期課程に所定の修業年限(3年)以上在学し、所定の単位(16単位以上)を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査および最終試験に合格した者に博士(経済学)の学位を授与する。
博士論文は、高度な学識に裏打ちされた問題意識に基づいて、分析の深さと視野の広さを兼ね備え、既存研究を上回る独創性が提案・展開されていなくてはならない。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学専攻

修士課程

経済学研究科のカリキュラム体系は経済学の様々な分野をカバーしているが、修士課程にあっては、4つのコースを設定している。社会経済コースでは、経済学の理論から統計学、財政学、金融論、さらに経済史、社会政策など、国際経済コースでは、欧米アジアをはじめとして、世界の経済社会や国際協力など、プロフェッショナルコースでは、経済政策や国際金融論、財政学・租税政策から、企業・産業や総合政策など、さらにエコノミックリサーチコースでは、ミクロ・マクロ経済学、計量経済学などを学べる。

博士後期課程

経済学研究科・博士後期課程のカリキュラム体系は、経済理論、経済学史、統計学、経済史、経済政策、農業政策、財政学、金融論、社会政策、国際経済論といった、経済学の広範な専門分野をカバーし、高度な専門性を有する講義と演習を配置している。
当研究科では、これらの科目を通じて、大学、研究機関等において経済学に関連する諸分野の研究・教育に従事し、その発展に主導的な役割を果たす人材の育成を目指している。博士学位論文作成過程では、指導教員だけでなく、他大学・他研究科の単位を修得する制度(単位互換制度)なども活用して、関連する専門分野の教員(研究者)からも指導を受けることができる。在籍期間中に設定されている数回の論文発表会での報告を経ることでも、指導教授及び広範な研究者の助言により、博士論文としての完成度を高めることができる。
こうした過程を通じて、高度な専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を涵養する。
入学者に関する受入方針(アドミッション・ポリシー)

経済学専攻

修士課程

経済学研究科(修士課程)では、理論・歴史・制度・政策・統計など経済学に関わる高い専門性を有し、現実の経済社会の課題を的確に解きあかす経済学思考力、政策提言能力および問題解決能力を持った人材の育成に努めます。そのために、次に掲げる人を求めます。
経済学研究科経済学専攻(修士課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)経済学に関わる標準的な知識・理解力を有する人
(2)高い専門性を獲得しようとする意欲を持った人
(3)将来において活躍しうる研究者または高度職業人を目指す人

博士後期課程

経済学研究科(博士後期課程)では、理論・歴史・制度・政策・統計など経済学に関わる広い視野と高い専門性、優れた独創性を有し、新たな領域において独創的な研究を追求する姿勢・能力を持った研究者を養成します。そのために、次に掲げる人を求めます。
経済学研究科経済学専攻(博士後期課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)経済学に関わる高い専門性・理解力を有する人
(2)新たな独創的な研究分野を切り開こうとする意欲を持った人
(3)将来において卓越した研究業績を有する研究者を目指す人
センディ

センディナビ