大学院 
商学研究科
Graduate Schools
神田キャンパス・生田キャンパス

商学研究科の概要

多様な入試制度と実践的な人材の育成を目指す体制

商学研究科修士課程では商学専攻(アカデミックコース、ビジネスコース)および会計学専攻(アカデミックコース、プロフェッショナルコース)の2つの専攻別に、一般入試、外国人留学生入試(会計学専攻プロフェッショナルコース除く)、そして社会人入試があります。
また、学内の学部生対象とする「学内推薦入試」や、学部卒業後1年間で修士課程修了を目指す「商学特修プログラム」と、多様な入試制度があります。
神田キャンパスでの平日夜間または土曜日神田キャンパス開講の商学専攻ビジネスコースと会計学専攻プロフェッショナルコースでは、基礎理論の教育を重視し幅広い教養の中で専門の研究・実践を通じ、高度の専門職業人の養成を主な目的として授業が展開されています。中でも社会人や税理士等の資格獲得を目的とする学生の教育にも力を入れ、これまでも多くの実績を上げてきています。
生田キャンパスでの昼間のアカデミックコースでは、学術的研究を目的とする学生を主として受け入れ、研究を継続して研究者への道を進む大学院生も積極的に奨励し、教育を行っています。

地域や社会問題、企業の会計問題に対処できる広範な研究領域、多彩な科目展開

商学研究科修士課程は商学専攻にはビジネスコースとアカデミックコース、会計学専攻にはプロフェッショナルコースとアカデミックコースがあります。
商学専攻のビジネスコースでは多様な価値観と能力を認め、グローバルスタンダード一辺倒でなく、地域の現実や特殊性を理解し、自立性を持って問題に対処できる実践的な社会人の育成を課題としています。
会計学専攻のプロフェッショナルコースでは、管理会計、財務会計、監査論、税法等の会計分野での専門的な学習ができます。税理士等の資格獲得を目的とする学生の教育には、これまでも多くの実績を上げています。
商学専攻、会計学専攻のアカデミックコースでは、昼間開講の多様な科目群の講義が展開されており、学術的研究を希望する学生はもとより、専門職業人を希望する学生のニーズにもこたえています。

きめ細かな集団指導体制

商学研究科では、集団指導体制をとっています。ここでの集団指導体制とは、指導教授の責任のもと、同分野の複数の指導教員が協同して一人の院生の指導に当たる体制のことです。修士課程も博士後期課程も、学位論文の提出が最終的な修了要件になります。多彩な専門科目の配置は、深い専門知識の涵養に大きな役割を果たし、学位論文の作成には指導教員の親切できめの細かい指導がその根幹となります。
そこで、本研究科では早い段階から、指導教員のほかに副指導教員が研究をサポートします。これによって、多角的な視点からの指導が受けられ、視野の広い質の高い論文の執筆を可能にします。また、在学中、幾度かの論文の中間報告会が開催され、この機会を通じて、指導教員、副指導教員と並んで、同分野の他の教員からも指導を受けることになります。きめ細かな集団指導体制は有意義な大学院生活には不可欠です。
商学専攻(修士課程・博士後期課程)
(神田/生田キャンパス)
会計学専攻(修士課程・博士後期課程)
(神田/生田キャンパス)
 社会人が学びやすい環境が整っていることが、商学研究科の最大の特徴と言えるでしょう。商学専攻も会計学専攻も神田キャンパスで開講しており、キャリアを伸ばしたい企業人や税理士をめざす人が学んでいます。
 また、日本のマーケティングシステムを勉強したいという留学生も多く、熱意ある留学生の姿勢には日本の学生も刺激を受けているようです。
 さらに、学部から進学してきた学生たちも学んでいます。社会のリーダーになれるような人物や研究者を養成することが、私たちの目標です。
 商学研究科は教員の数が多く、幅広い分野の専門家が数多く在籍しています。実務経験が豊富な教員と、理論を中心に研究してきた教員の構成のバランスがよく、学生は望む分野の研究が可能です。
 大学院では、実践力だけを学ぶのではなく、学問的な興味による研究をしてほしいと願っています。例えば、税理士資格取得を目的に大学院に進学するとしても、試験に直接関係しない分野の学問も身につけてほしいのです。現在の税理士業務の中心はコンサルティングです。企業に的確なアドバイスができる、あるいは経営にタッチするとなれば高いレベルの知識が不可欠で、学際的に学ぶことには非常に大きな意義があります。
 今後、学部生と社会人院生の交流も、積極的に行っていきたいと考えています。学部生は、社会人院生の社会経験をもとにした話を聞くことができます。社会人院生のメリットは、学部生たちと交流することで、いままで見えなかったものが見えてくることです。刺激にもなり、新たな学びの意欲にもつながるでしょう。
 商学研究科は、さまざまな分野をめざすたくさんの院生が意欲を持って学ぶ場であってほしい。そのために、教員一同、よりいっそう尽力していきたいと思っています。商学部の神田キャンパス移転(2020年)について基本方針がまとまりましたが、それに伴い、商学研究科の環境整備も進めていく予定です。

C建部研究科長

商学研究科長 建部 宏明
(商学研究科/商学部教授)

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的
商学研究科は、商学に関する基礎理論及び幅広い教養の基礎の上に、高度の専門的知識及び能力を有する高度の専門職業人並びに知識基盤社会を支える人材の養成並びに研究能力及び教育能力を有する大学教員の養成を行うことを目的とする。
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

商学専攻

修士課程

修士課程においては、専攻分野を中心として関連領域の知識を広く体系的に修得し、以下の要件を満たす学生に対し「修士(商学)」を授与いたします。
  1. 商学研究科の所定の単位を修得すること。
  2. 商学専攻の修士としてふさわしい修士論文を提出し、最終試験に合格すること。ただし、ビジネスコースにおいては、特定の課題についての研究の成果、すなわちリサーチ・ペーパーを修士論文に代えて提出し、最終試験を受けることができます。

博士後期課程

博士後期課程においては、以下の要件を満たす学生に対し「博士(商学)」を授与いたします。
  1. 商学にかかわる専攻分野において、独創的で、学術的に新たな知見が認められ、当該専攻分野の発展に寄与する高度な研究成果を含む博士論文を提出し、最終試験に合格すること。

会計学専攻

修士課程

修士課程においては、専攻分野を中心として関連領域の知識を広く体系的に修得し、以下の要件を満たす学生に対し「修士(商学)」を授与いたします。
  1. 商学研究科の所定の単位を修得すること。
  2. 会計学専攻の修士としてふさわしい修士論文を提出し、最終試験に合格すること。ただしプロフェッショナルコースにおいては、特定の課題についての研究の成果、すなわちリサーチ・ペーパーを修士論文に代えて提出し、最終試験を受けることができます。

博士後期課程

博士後期課程においては、以下の要件を満たす学生に対し「博士(商学)」を授与いたします。
  1. 商学にかかわる専攻分野において、独創的で学術的に新たな知見が認められ、当該専攻分野の発展に寄与する高度な研究成果を含む博士論文を提出し、最終試験に合格すること
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

商学専攻

修士課程

カリキュラム体系
商学専攻修士課程のカリキュラムは、「マーケティング」「ファイナンス」「グローバルビジネス」「ビジネスインテリジェンス」の4つの科目群に大きく分類しています。このように分類することで、専攻分野を中心として関連領域の知識を広く体系的に習得できるようにしています。
特色
専攻科目の講義と演習の組み合わせによる専門知識や技術の修得と、関連分野の体系的な履修を通して、修士課程に必要かつ十分な知識を習得することができます。また、平日夜間または土曜日開講のビジネスコースを設置しており、高度な知識を持つビジネス・パーソンの育成にも力を入れています。

博士後期課程

カリキュラム体系
商学分野、金融分野、経営学分野、経済学分野を中心に高度な専門性を有する講義と演習を配置しています。
特色
商学専攻では、これらの科目を通じて大学や研究機関において商学の諸分野の研究・教育に従事し、その発展に主導的役割を果たす人材の育成を目指しています。また、博士学位申請論文の作成過程で研究上の助言を適切に行うことで、高度な専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を涵養します。

会計学専攻

修士課程

カリキュラム体系
会計学専攻修士課程のカリキュラムは、財務会計と管理会計にわたった関連領域の知識を広く習得できるようにしています。
特色
専攻科目の講義と演習の組み合わせによる専門知識や技術の修得と、関連分野の体系的な履修を通して、修士課程に必要かつ十分な知識を習得することができます。また、平日夜間または土曜日開講のプロフェッショナルコースを設置しており、高度な知識を持つ会計専門家の育成にも力を入れています。

博士後期課程

カリキュラム体系
財務会計、会計監査、税務会計、管理会計などの会計分野における高度な専門性を有する講義と演習を配置しています。
特色
会計学専攻では、これらの科目を通じて大学や研究機関において会計学の諸分野の研究・教育に従事し、その発展に主導的役割を果たす人材の育成を目指しています。また、博士学位申請論文の作成過程で研究上の助言を適切に行うことで、高度な専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を涵養します。
入学者に関する受入方針(アドミッション・ポリシー)

商学専攻、会計学専攻

修士課程

商学研究科(修士課程)では、商学及び会計学に対する基礎理論及び幅広い教養の基礎の上に、高度な専門的知識及び能力を有する専門職業人、知識基盤社会を支える人、並びに研究能力及び教育能力を有し、将来、大学教員を希望する人を求めています。
くわえて、上記を目指す外国人留学生も歓迎します。

商学研究科商学専攻(修士課程)では、商学の基礎理論及び幅広い教養の基礎の上に、商学に関わる専門性と実践性を兼ね備えた知識を身につけたいと考えている人を求めています。そのために、次に掲げる人を求めます。
商学研究科商学専攻(修士課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)商学を学ぶにあたって必要となる基礎知識や理解力、語学力を有する人
(2)設定した商学の研究課題を指導に基づいて完逐する意欲を持った人
(3)商学の研究で得た基礎的な学術的知識の応用や高度化を目指す人

商学研究科会計学専攻(修士課程)では、会計学の基礎理論及び幅広い教養の基礎の上に、会計学に関わる専門性と実践性を兼ね備えた知識を身につけたいと考えている人を求めています。そのために、次に掲げる人を求めます。
商学研究科会計学専攻(修士課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)会計学を学ぶにあたって必要となる基礎知識や理解力、語学力を有する人
(2)設定した会計学の研究課題を指導に基づいて完逐する意欲を持った人
(3)会計学の研究で得た基礎的な学術的知識の応用や高度化を目指す人

博士後期課程

商学研究科(博士後期課程)では、商学及び会計学に対する基礎理論及び幅広い教養の基礎の上に、高度な専門的知識及び能力に秀でた専門職業人、知識基盤社会を支える人、並びに高度な研究能力及び教育能力を有する大学教員を希望する人を求めています。
くわえて、上記を目指す外国人留学生も歓迎します。

商学研究科商学専攻(博士後期課程)では、商学の高度な研究・教育に従事し、それを通じて広く社会の発展に主導的役割を果たす知識を身につけたいと考えている人を求めています。そのために、次に掲げる人を求めます。
商学研究科商学専攻(博士後期課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)商学を研究するにあたって必要となる高度な専門知識や研究能力、語学力を有する人
(2)自ら設定した商学の研究課題を高度化し、指導に基づいて博士の学位を取得する意欲を持った人
(3)商学の研究で得た高度な学術的知識が応用できる高度専門職業人及び研究者、さらにそれらの人材を指導できる教育者を目指す人

商学研究科商学専攻(博士後期課程)では、会計学の高度な研究・教育に従事し、それを通じて広く社会の発展に主導的役割を果たす知識を身につけたいと考えている人を求めています。そのために、次に掲げる人を求めます。
商学研究科会計学専攻(博士後期課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)会計学を研究するにあたって必要となる高度な専門知識や研究能力、語学力を有する人
(2)自ら設定した会計学の研究課題を高度化し、指導に基づいて博士の学位を取得する意欲を持った人
(3)会計学の研究で得た高度な学術的知識が応用できる高度専門職業人及び研究者、さらにそれらの人材を指導できる教育者を目指す人
センディ

センディナビ