大学院 
商学研究科
Graduate Schools
神田キャンパス・生田キャンパス

会計学専攻

会計学専攻では、プロフェッショナルコースとアカデミックコースを設置しています。
プロフェッショナルコースは、主に社会人を対象とした実践的な教育を行い、税理士、公認会計士、国税専門官など会計専門職の育成をめざしています。学習内容としては、財務会計、会計監査、国際会計、税法、環境会計、管理会計、会計情報システムといった専門的な科目を学習できます。
アカデミックコースは、主に会計学の研究者や教育者をめざす学生を対象としています。学習内容は、財務会計、会計監査、税法、会計史、管理会計、原価計算、原価管理、経営分析、財務管理といった専門的な科目を理論的に学習できます。

修士課程

アカデミックコース(生田キャンパス)

理論研究を中心としたコースです。研究者もしくは理論研究を望む会計専門家などに焦点を当てた研究を行います。

プロフェッショナルコース(神田キャンパス)

応用研究もしくは実務適用を中心としたコースで、会計専門職に焦点を当てた研究を行います。

開講科目・講義要覧

履修方法について

1.修士課程の標準年限は2年です。修得すべき単位は30単位以上で、かつ、必要な研究指導を必ず受けてください。
 必修科目(12単位)選択科目(18単位以上)合計
1年指導教授の講義Ⅰ 2単位
指導教授の講義Ⅱ 2単位
指導教授の演習  4単位
会計学専攻の
開講科目
8単位以上
商学専攻
・他研究科
開講科目
0~12単位
他大学院
開講科目
0~10単位
30単位
以上
2年指導教授の演習  4単位
(1)1年次において、必修科目として指導教授の講義(I及びII)2科目4単位・演習科目1科目4単位を履修してください。
(2)2年次においては必修科目として指導教授の演習科目1科目4単位を履修してください。
(3)1年次から2年次の間において、選択科目として会計学専攻の開講科目8単位以上を含め18単位以上を履修してください。
(注)同一教員の同一講義科目を複数回履修する場合は、2回目以降の履修単位は修了要件単位になりませんので、18単位には含まれません。
 
2.(1)指導教授以外の演習科目は、指導教授が研究上特に必要と認め、受入先の指導教員ならびに当該研究科委員会の承認を得た場合に限り履修することができます。
(2)指導教授が研究上特に必要と認め、当該研究科委員会の承認を得た場合に限り、本大学院の他の研究科及び他の専攻の科目もしくは単位互換協定校で開講されている授業科目を履修することができます。この場合の単位は、他専攻・他研究科科目12単位以内、他大学院科目10単位以内で単位認定することができます。なお、商学専攻開講科目と経済学研究科で開講されている(商学研究科関連科目)については、当該研究科委員会の承認を省略することができます。
(3)指導教授が研究上特に必要と認め、当該研究科委員会の承認を得た場合に限り、大学院商学研究科担当教員が担当する商学部の専門科目を4単位以内で履修することができます。この場合の単位は、修了要件単位には含まれません。
 
3.修士論文またはリサーチ・ペーパー(プロフェッショナルコース)の作成にあたっては、指導教授の研究指導が必要です。従って、所定の単位を修得して修士論文またはリサーチ・ペーパー(プロフェッショナルコース)の作成のために在学する者は、必ず、指導教授の「演習」を履修してください。
●税理士試験における一部科目試験の免除を申請する予定の者および博士後期課程進学希望者は、修士論文を選択してください。

商学特修プログラム

2006年に商学特修プログラムが設置されました。このプログラムでは学部4年時に商学研究科の科目の履修を始め、学部卒業後、商学研究科に進学して1年間で、修士課程修了を目指すものです。企業と連携し、インターンシップを通して即戦力となるような職業人の養成を目指します。

履修方法について

1.修士課程の標準修業年限は2年ですが本「商学特修プログラム」は、学部4年次から大学院教育をスタートさせ、大学院修士課程を1年で修了することを目指すためのプログラムです。修了要件は、修士課程に1年以上在学し、単位を30単位以上修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、特定の課題に関する研究の成果(リサーチ・ペーパー)または修士論文の審査及び最終試験に合格し、すぐれた業績をあげた者と認められることです。
特修プログラム生は、指導教授が担当する専攻・コースに所属します。
 必修科目(14単位)選択科目(16単位以上)合計
学部4年指導教授の講義Ⅰ 2単位
指導教授の講義Ⅱ 2単位
指導教授の演習  4単位
インターンシップ 2単位
30単位以上
修士1年指導教授の演習  4単位所属する
専攻の
開講科目
6単位以上
他専攻・
他研究科
開講科目
0〜12
単位
他大学院
開講科目
0〜10
単位
(1)学部4年次において、必修科目として指導教授の講義(I及びII)2科目4単位・演習1科目4単位及びインターンシップ1科目2単位を履修してください。
(2)修士1年次においては必修科目として指導教授の演習1科目4単位及び選択科目として所属する専攻の開講科目6単位以上を含め16単位以上を履修してください。
(注)同一教員の同一講義科目を複数回履修する場合は、2回目以降の履修単位は修了要件単位になりませんので、16単位には含まれません。

2.(1)指導教授以外の演習科目は、指導教授が研究上特に必要と認め、受入先の指導教員ならびに当該研究科委員会の承認を得た場合に限り履修することができます。
(2)指導教授が研究上特に必要と認め、当該研究科委員会の承認を得た場合に限り、本大学院の他の研究科及び他の専攻の科目もしくは単位互換協定校で開講されている授業科目を履修することができます。この場合の単位は、他専攻・他研究科科目12単位以内、他大学院科目10単位以内で単位認定することができます。なお、商学研究科の他専攻開講科目と経済学研究科で開講されている(商学研究科関連科目)については、当該研究科委員会の承認を省略することができます。

3.リサーチ・ペーパーまたは修士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導が必要です。従って、所定の単位を修得してリサーチ・ペーパーまたは修士論文作成のために在学する者は、必ず、指導教授の「演習」を履修してください。
●博士後期課程進学希望者は、修士論文を選択してください。

博士後期課程

開講科目・講義要覧

履修方法について

1.博士後期課程の標準修業年限は3年です。修得すべき単位は16単位以上で、かつ、必要な研究指導を必ず受けてください。
 必修科目選択科目合計
1年指導教授の講義4単位・演習4単位0~4単位以上16単位以上
2年指導教授の演習4単位
3年指導教授の演習4単位
(1)1年次では指導教授の講義・演習が、2・3年次では指導教授の演習が必修科目です。また、1年次~3年次の間において、選択科目として4単位以上を履修することができます。
(2)選択科目は指導教授の講義及び当該年度に開講されている講義とします。

2.指導教授が研究上特に必要と認め、当該研究科委員会の承認を得た場合に限り、本大学院の他の研究科及び他の専攻の科目もしくは単位互換協定校で開講されている授業科目を履修することができます。この場合の単位は、合計10単位以内で単位認定することができます。

3.博士後期課程に在学する者は、当該年度の研究状況について所定用紙により「研究報告書」を作成し、1月末日までに指導教授を経由して大学院事務課に提出してください。

4.博士論文の作成にあたっては、指導教授の研究指導が必要です。従って所定の単位を修得し博士論文作成のために、在学する者は、必ず指導教授の演習を履修してください。
センディ

センディナビ