国際コミュニケーション学部 
日本語学科
Department of Japanese Language and Linguistics
神田キャンパス

日本語学科

言語としての日本語を客観的に学び、“日本語のプロフェッショナル”を育成。

日本語学科では、言語としての日本語を客観的に学ぶことで、国内における日本語の言語生活向上や課題解決、また国内外での日本語教育などに貢献できる人材を育成します。

学びの特徴

日本語の将来について考える能力を身につけるために、数ある言語の中のひとつとして、日本語を客観的に捉え、国際的な視点を養います。
日本語学のさまざまな研究分野を網羅

日本語学のさまざまな研究分野を網羅

音声や表記、文法、語彙などの基礎的分野から、歴史的および社会的変化などの日本語の動態追跡、コンピュータを駆使した日本語分析までさまざまな授業を用意。日本語の特徴について、伝統的視点と最先端の視点、両方から掘り下げながら体系的に学ぶことができます。隣接分野の日本文学、中国文学、書道の授業も用意。
先端の「コーパス日本語学」も学べる

先端の「コーパス日本語学」も学べる

言葉を大量に集めたデータベース「コーパス」の分析によって、日本語の使用実態を解明する「コーパス日本語学」。この、近年急速に発達している先端研究分野においても、エキスパートから学ぶことができます。
専大が早くから取り組んできた「社会言語学」

専大が早くから取り組んできた「社会言語学」

本学は、伝統的に「日本語のもつ社会的機能」について深い関心を持っており、言葉と社会との関わりを考える社会言語学分野において、その黎明期から授業を行っています。そのため、実績のある教授陣から深い知識が学べます。
現代社会の中の生きた日本語を体感

現代社会の中の生きた日本語を体感

日本語学の専門家による授業のほかに、日本語運用のプロから直接学ぶことのできる「協力講座」も用意。日本語運用の第一線で活躍するプロの、日本語への向き合い方を知ることで、日本語学の専門知識の「役立て方」の発見に導きます。
国際社会の中での日本語のあり方を考える

国際社会の中での日本語のあり方を考える

世界での日本語のあり方を学び、国際社会で通用する日本語コミュニケーションを磨きます。

コース・履修モデル

日本語学科では、学ぶ目的に合わせて、専門科目を組み合わせることができます。専門科目は、7つのモデルの中からいずれかひとつを選んで履修していきます。
日本語学科PC
日本語学科SP
センディ

センディナビ