• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

仮設住宅実態調査レポート

山崎ゼミナールの仮設住宅実態調査レポート(石巻の復興の力になりたい)

【 はじめに 】

東日本大震災によって、石巻専修大学が立地している石巻の地は大きく変わりました。経営学部山崎ゼミでは、平成23年5月6日、7日に開かれた臨時ゼミナールで、このまま当初の目的どおりゼミ活動を進めるよりも「石巻の復興の力になりたい」という声が学生たちからあがりました。6月の大学再開とともに、ゼミでは何ができるか、何をすればいいのか話し合いが続きました。最初はなにをすべきか迷っていましたが、やがて大学周辺で仮設住宅の建設がすすむ様子を見て、そこに住む人たちを「ご近所さん」として支援をしていこうという方針がまとまりました。
本調査は、ゼミ生が仮設住宅の支援活動を実施するにあたって、基本情報の収集を目的としています。本調査に先立って、7月27日に20戸余りの仮設住宅で聞き取りをし、そこから得られた「コミュニティ」「買い物」「子ども」という問題意識に基づき調査項目を作成しています。山崎ゼミでは今回の調査結果をもとに、支援プロジェクトを企画立案し、仮設住宅の問題解決を目指しています。

【 調査概要 】

調査目的:今後の支援活動を展開するにあたって仮設住宅の実態を把握する。

調査方法
調査対象:南境地区の入居済み仮設住宅(8月1日時点:812戸)
調査期間:2011年8月10日~12日
回収状況:配布数 573枚、回収数 277枚(回収率48.3%)
調査方法:調査票を各世帯に配布し、調査期間中に回収。
住民一人一人に主旨を理解してもらうため、原則として対面による配布・回収をおこなった。

【調査実施機関およびお問合せ先】

調査実施機関
石巻専修大学山崎ゼミナール

お問合せ先
石巻専修大学 経営学部  准教授 山崎 泰央