図書館
MENU

修士論文 経営学専攻

修士論文の利用について

修士論文は、閉架式です。利用するためには、『修士論文利用願』による指導教員の許可が必要です。利用を希望する場合は、図書館カウンターまでお越しください。下の専攻別修士論文一覧で、論文名・論文著者名が参照できます。どうぞご覧ください。なお、修士論文の貸出および複写は一切、認めておりません。

博士論文の利用について

博士学位論文は、1Fで自由に閲覧できます。ただし、貸出はできません。また、博士論文の全頁複写は、論文著者の許諾が必要です。複写を希望する場合は、図書館カウンターまでお越しください。
年度No.論文名著者
平成26年度1収益認識の変容 ~請負工事を中心として~阿部 智則
2所得概念の相違によるフリンジ・ベネフィト課税の一考察千葉 勇人
3高等学校における簿記会計教育の課題に関する一考察-会計制度変革期における各種検定試験等への対応の諸相から-菊池 友香里
平成25年度1わが国のタックス・ヘイブン対策税制の問題点-英米制度の部分的導入の提案-渡部 大樹
2日本企業の知財戦略に関する研究 ~リスクマネジメントとしての中国における模倣品対策に関する考察~桂島 聡幸
平成24年度1ディベート支援用資料提示システムの研究渡辺 泰之
2デジタルネイティブの学習補助を目的としたデジタルゲームの開発白尾 将
3社会的起業家のイノベーション創出過程における人的ネットワーク大場 隆美
4わが国の事業承継税制に関する一考察 ―事業承継をめぐる諸問題を中心として―新妻 勇一
平成23年度1会計情報における資金情報の位置づけ木村 咲絵
2金融機関におけるマネー・ロンダリング対策渡邊 修一
3わが国所得税法における基礎的人的控除の一考察加藤 博
4企業におけるカーボン・オフセットの取組みに関する一考察佐々木 英晃
5わが国の「のれん」の本質とその会計処理についての一考察松川 浩太朗
6地域社会における飲食事業者のモチベーションとまちづくりの方策に関する一考察佐藤 美希
平成22年度1わが国におけるリース会計基準の問題点 所有権移転外ファイナンス・リース取引の例外処理の存在高橋 めぐみ
2わが国の資本連結に関する会計基準の基本的考え方の再考察安部 敬史
3中国における改革開放政策の問題点と地域間格差解消に向けた新たな展開に関する一考察徐 陽
4税効果会計と財務諸表の比較可能性-繰延税金資産の回収可能性について阿部 龍
平成21年度1消費者によるブランド拡張評価阿部 紘樹
2企業買収の盛行と買収防衛策のあり方高平 大輔
平成20年度1パーソナライズドホームページシステムを応用したユーザとデベロッパーによる協同成長型システムの開発阿部 洋介
2高齢者及び障害者に対する移動サービスに係るNPOの現状と課題---日米の差異・共通性の比較による一考察伊藤 壽朗
平成19年度1「交際費課税に関する一考察」-質的規制及び量的規制を中心として-鈴木 敏文
2近年におけるリース会計の動向と中小企業におけるリース会計の位置付け堀井 拓
3介護サービスにおける情報通信技術の活用に関する研究角川 義彦
平成18年度1金融商品会計の会計処理に関する一考察-持ち合い株式を中心として-日野 長介
2今後の開示制度の方向性について-四半期開示制度導入に際して-金澤 隆志
3減損会計制度の国際比較と会計実務永戸 竜也
4ストツク・オプションにおける法的解釈と会計処理伊藤 さおり
5日本版ESOPの導入に関する一考察~主要三制度にみる日本版ESOPのあり方~細貝 圭二郎
6わが国におけるフリンジ・ベネフィット課税の問題点菅原 弘人
7同族会社の行為又は計算の否認規定に関する一考察~法人税法第132条を中心に~佐藤 好彦
平成17年度1松下幸之助の経営思想と海外進出-TV事業の中国進出に関連して-奥田 裕樹
2「成果主義的人事管理の方法と課題」阿部 孝子
3BtoBによる元請・下請業務の効率化について中野 憲秀
4XMLメッサージを使用したメッセンジャーの開発中居 良介
5農産物の市場開放と東北農業山内 千代文
6中国進出の投資プロジェクトに関する一考察-飼料会社の事例研究によって-布日 格勅
7金融商品会計の会計処理に関する一考察-持ち合い株式を中心として-日野 長介
8タムリーディスクロージャー-中間財務諸表から月次情報の開示へ-金沢 隆志
9税効果会計の法人税等の会計処理方法に関する一考察-資産負債アプローチをめぐる問題点-八木 寛彰
平成16年度1リース会計におけるオフバランス取引に関する一考察武藤 則夫
-事例研究による中小企業リース会計実務を中心として-
2石巻地域中小企業の経営指標に関する一考察-石巻地域における中小企業経営分析実務の実態調査に基づいて-菅原 康平
3業績指標としての包括利益に関する一考察森 宏一
4自己株式および法定準備金の取崩の会計処理および表示に関する一考察菅野 歩
5チャットシステムにおけるユーザービリティの研究新沼 大樹
6バランス・スコアカードに関する一考察 -自治体への適用上の諸問題-八島 堅司
7学校教育におけるe-Learningシステム導入に関する研究大淵 圭介
平成15年度1OSKitによるXMLサーバOSの構築(FD付き)寺島 和広
2リーダーシップ研究-松下幸之助の経営者像について-阿部 美和
3初等・中等教育における情報モラルに関する研究松田 直子
4わが国のゴーイング・コンサーン監査に関する一考察六間口 尚子
5日本自動車メーカーの欧州進出飯田 尚人
6リース会計と情報開示-リースの資本化をめぐって-石井 宏
7固定資産の減損会計に関する一考察-減損の認識・測定属性の採用をめぐって-日野 照美
8連結財務諸表の作製に関する一考察-わが国の子会社および関連社会の範囲を中心に-高橋 玲二
9松下電器の海外戦略研究-台湾松下における競争戦略を中心として-脇澤 宏和
10中国新会計制度に関する一考察-日中減損会計制度の比較-賽 娜
11EU・ヨーロッパ統合に関する一考察-経済・通貨統合を中心として-門間 千好
平成14年度1無形資産会計に関する一考察土屋 善之
2企業結合会計とパーチェス法有坂 信彦
3現代日本の賃金管理と人事考課中森 邦彦
4連結貸借対照表における少数株主持分の意義高橋 広文
5資金計算書とキャッシュ・フロー計算書の比較研究渡部 美智雄
6わが国の金融商品に係る会計基準に関する一考察田村 真介
7営業活動によるキャッシュ・フロー計算書情報に関する一考察高橋 秀一
8日本企業の対中進出の現状と特徴阿部 千明
平成13年度1『台湾電力』の世界企業へのアプローチ呉 嘉哲
2退職給付会計についての一考察 -IAS19号と日本の会計基準を中心として-渡邊 誠志
3わが国における時価主義会計の現状と今後の課題阿部 善和
4固定資産の減損会計についての一考察-SFAS第121号とIAS第36号を中心として-武山 孝好
5インドにおけるソフトウェア産業の発展-日本の情報サービス産業はどのように活用していくか-高橋 玲巨
6株式選択権報酬制度に関する一考察-自己株式とストック・オプションの会計を中心として-山内 邦明
平成12年度1日本における旅行会社経営の現状と課題-旅行環境の変化と旅行商品の開発について周 莉紅
2非営利組織変革のためのビジネスオブジェクトモデリング中野 充
3スウェーデン、アメリカ、日本の女性労働国際比較柳橋 美和子
4日本における労働組合の組織と機能坂本 篤史
5「組織人格」の強化と日本企業の労務管理金井 航次
平成11年度1計画策定と意志決定のための予測手法土井 寛子
2エンドユーザコンピューティング資質育成のための情報教育に関する研究石原 慎士
3イギリスにおける複会計制度と19世紀会社法-公表財務諸表を中心とした一考察-亀井 祐子
4資金計算書の発展清水川 浩司
5企業存続の条件について -バーナード理論の現実への適用-遠藤 健司
平成10年度1資産再評価についての一考察 -戦後の資産再評価を中心に-白浜 唯秋
2のれんの会計処理にかんする一考察簗瀬 兼嗣
3工事進行基準と実現主義-国際会計基準大11号「工事契約の会計」を手掛かりとして-三浦 淳
4セグメント会計の課題千葉 剛
5単一通ユーロの誕生過程とEUにおける日本企業須藤 祐子
6円からみるアジア通貨・金融危機長沢 章宏
平成9年度1コーポレート・ガバナンスに関する一考察佐藤 千洋
2松下電気産業の事業部制の生成と展開松浦 佳奈
3連結財務諸表に関する考察-開示における個別ベースから連結ベースの転換をむかえて-残間 正樹
平成8年度1[Bryant and Stratton's Common School Book-keeping 1861]の考察照井 俊介
2日本企業のグローバル・マーケティングの特質と課題王 雲録
3リース会計の検討田村 逸夫
4ディスカウント・ストアのマーケティング戦略について佐藤 弘
5ソフトウェア開発方法論に関する研究佐藤 英樹
6米国における企業年金会計の基礎構造石川 茂樹
平成7年度1東南アジア進出日本企業の実態分析石川 勝一
2バーナード理論における意志決定の意義について王 哲
3地域開発経営における土地と交通網の概念中鉢 清敏
4データベース・マーケティングに関する研究八巻 ユミ
5化粧品マーケティングに関する研究瞿 紅
平成6年度1管理者職能におけるリーダーシップの役割について伊東 孝浩
2Sprague簿記論の一考察岡野 知子
3後藤新兵、先見の経営哲学と現代社会への指針阿部 吉治