修士論文 機械システム工学専攻

修士論文の利用について

修士論文は、閉架式です。利用するためには、『修士論文利用願』による指導教員の許可が必要です。利用を希望する場合は、図書館カウンターまでお越しください。下の専攻別修士論文一覧で、論文名・論文著者名が参照できます。どうぞご覧ください。なお、修士論文の貸出および複写は一切、認めておりません。

博士論文の利用について

博士学位論文は、1Fで自由に閲覧できます。ただし、貸出はできません。また、博士論文の全頁複写は、論文著者の許諾が必要です。複写を希望する場合は、図書館カウンターまでお越しください。
年度 No. 論文名 著者
令和元年度1太陽光パネルに降る雨水を利用した小水力発電菊池 朴斗
平成30年度 なし
平成29年度 なし
平成28年度 1 光造形法によるマイクロフルイディクス要素に関する研究 柿崎 貴
2 RF-MEMSスイッチのための低電圧駆動アクチュエータに関する研究 高橋 裕樹
平成27年度 なし
平成26年度 なし
平成25年度 1 津波による自動車水没事故の解析 和田 賢大
平成24年度 1 電気自動車の走行性能に関する研究 村上 文映
2 電気接点動作時におけるバウンスとアークの制御に関する研究 鯉渕 元
3 腐食環境下における材料の強度特性 佐取 涼子
4 車載用芳香器の開発 岩藤 康平
平成23年度 1 過冷却液体酸素キャビテーション流動に関する研究 後藤 哲
平成22年度 なし
平成21年度 1 固体および溶融樹脂の熱物性値同時測定法に関する研究 小野 健
平成20年度 なし
平成19年度 1 壁面近傍に置かれた回転円柱の熱伝達 大場 崇光
2 金属粉射出成形(PIM)法を用いて作製した混合ステンレス鋼粉焼結体の特性について 白川 純
平成18年度 なし
平成17年度 なし
平成16年度 1 CrMoV鋼の高温強 -歪制御による多軸応力下でのCrMoV鋼の疲労強度- 金子 宜弘
2 混合粉を用いた焼結法による18Ni系マルエージング鋼の作製とその性能向上に対する試み 金子 弘和
平成15年度 1 金属粉射出成形法による高密度・高強度の高速度鋼焼結体の作製 大塚 淳
平成14年度 1 PSDアレーによる物体の認識と簡易マニピュレーション 鈴木 隆弘
平成13年度 1 ウォータージェット加工における切断面の粗さ特性に関する研究 及川 朋志
2 高温多軸応力下での疲労特性に関する研究 小池 博士
平成12年度 1 一様流中における車軸まわりの流れ制御に関する研究 大前 喜則
2 サービスロボットの試作に関する研究 廣井 富
3 CrMoV鋼環状切り欠き試験片による高温強度 遠藤 浩樹
4 限定された空間における沸騰熱伝達の促進 大野 利明
5 車椅子の小段差乗り越えに対するパワーアシストの基礎的研究 廣瀬 貴裕
平成11年度 1 一様流れ内におかれた平板近傍の回転円柱熱伝達 櫻井 正之
2 車輌の抗力低減に関する研究 今城 研治
3 角柱まわりの流れに関する研究(主流の乱れの影響) 柳澤 大輔
4 ウォータージェットによる生体の損傷と保護に関する研究 石川 雄一
5 キャビテーションジェットの応用研究 佐藤 博利
平成10年度 1 一様流中における回転円柱の熱伝達 松坂 勝敏
平成9年度 1 不定形立体の等体積切断手法に関する研究 -魚フィレへの適用- 我妻 義也
2 球状黒鉛鋳鋼の組織形成過程に関する研究 宮崎 幸一
3 車輌の抗力に及ぼす主流乱れの影響に関する研究 石附 理広
平成8年度 1 自律走行可能な移動ロボットの試作に関する研究 高橋 史仁
2 角柱のまわりの流れに関する研究(小円柱後流の影響) 斎藤 雄一
3 FAに関する研究 武田 英治
4 拘束型制振板の振動減衰特性の評価に関する基礎的研究 親松 豊
平成7年度 1 列車の後尾部形状に関する実験的研究 伊藤 忠幸
2 トラクションドライブの動的動力伝達特性に関する研究 鎌田 利昭
3 有限要素法に適合する二次元任意形状の自動要素分割プログラム
4 一様流中における回転円柱の熱伝達 縄野 智弘
5 超精密加工装置の機能向上に関する研究 須藤 茂毅
平成6年度 1 超精密加工装置の機械要素に関する研究 山崎 宏
2 視覚を持つ組立ロボットのオフライン・プログラミングシステム 橋本 正浩
3 中枢神経系におけるモノアミン酸化酵素(Monoamine Oxidase;MAO)阻害剤の開発 藤田 孝行
4 画像処理による定量加工装置に関する研究 松浦 賢志