人間学部
Faculty of Human Sciences

教員紹介

人間文化学科

氏名職名・学位主な担当科目修士課程博士後期課程専門・研究分野主な研究テーマ
惠原  貴志
エハラ タカシ
教授・博士(理学)くらしの安全学物質工学物質機能工学半導体物理学、電子・電気材料工学(半導体、セラミックス、透明導電材料)●透明導電セラミックス材料の研究
大谷  尚文
オオタニ ナオフミ
教授・文学修士フランス文学論フランス語、フランス文学、ヨーロッパ文学(フランス近代詩、無限なるもの、死)●P・ショーニュー『パリにおける死』の翻訳・研究
大津  幸一
オオツ コウイチ
教授・文学士比較言語文化論外国語教育(英語 教育 日本)ことばと文化研究室:日英比較により、日本語と英語、日本文化と英米文化の特質を探る。
佐藤 利明
サトウ トシアキ
教授・博士(文学)社会調査論社会学(農村・山村・漁村、家族、民俗)●地域社会の構造と変動
西方   守
ニシカタ マモル
教授・博士(教育学)哲学教育哲学・テオドール・リットの教育哲学●テオドール・リットの弁証法的教育哲学研究
根本   泉
ネモト イズミ
教授・修士(文学)英米文学研究英国ルネサンス詩、英国児童文学エドマンド・スペンサーがC. S. ルイスに及ぼした思想的・文学的影響についての研究、内村鑑三のHow I Became a Christianについての研究、ジョン・グリーンリーフ・ホイッティア研究
長谷川  香子
ハセガワ キョウコ
教授・M.A.・文学修士異文化コミュニケーション論応用言語学、英語学(言語学、英語学)人間の生得的言語知識(普遍文法)と言語能力、Bilingual Brainの脳内メカニズム
松崎  俊之
マツザキ トシユキ
教授・文学修士芸術文化論美学・芸術学●美的特性理論、芸術の意味論
●ニューメディアアートの哲学
山内  武巳
ヤマウチ タケシ
教授 ・博士(体育学)食生活論生命科学運動生理学、健康教育、環境生理学●特殊環境下における生体反応
●地域住民の健康度に関する疫学調査
阿部  正典
アベ マサノリ
准教授・理学博士環境と科学物質工学物質機能工学社会統計●社会統計学
遠藤 郁子
エンドウ イクコ
特任准教授・博士(文学)言語表現日本文学(近現代文学、女性文学)●新詩社系文学、●現代文学
大縄 道子
オオナワ ミチコ
准教授・修士(文学)英米文学論英米・英語圏文学●アメリカ文学、●英語教育
輪田 直子
ワダ ナオコ
准教授・博士(文学)地域文化研究中国語、中国文学(弾詞、清代、戯曲)●清代弾詞研究

人間教育学科

氏名職名・学位主な担当科目修士課程博士後期課程専門・研究分野主な研究テーマ
有見 正敏
アリミ マサトシ
特任教授・教育学士算数算数教育(算数教育の在り方、総合、一般、補助的ストラテジーについて、算数と学力)●数学的な考え方を育てる算数指導の在り方
●算数指導における言語活動の在り方
木村 民男
キムラ タミオ
教授・学士(経済学)キャリア設計キャリア教育、教育社会学(志教育 人間力育成教育 生涯教育)●人材育成と大学の役割 志教育と学校経営の在り方人材育成はいつの時代でも最重要課題の一つである。特に、東日本大震災において甚大な被害を被った石巻地域の真の復興のためには、若い人材の育成が急務である。そこで平成24年から『耕人塾』を立ち上げ、石巻地域の中・高校生の「人間力」を磨き、地域や社会に貢献する人材育成し、併せて大学生や市民を巻き込んだ学びの場とすることを目的として継続実践中である。
●震災からの復興と協働のまちづくり震災復興とまちづくりのため、「こころの森」、「百俵館」、「石巻復幸踊りエンヤドット」等のプロジェクトに参画し、石巻専修大学と地域との連携を推進し、協働のまちづくりに取り組んでいる。
近藤 裕子
コンドウ ユウコ
教授・芸術学修士音楽作曲・音楽理論、芸術学●作曲●音楽理論
笹原  英史
ササハラ ヒデフミ
教授・博士(教育学)教育原理教育学(教育、思想、歴史)●J.S.ハクスリーの教育論
指方  研二
サシカタ ケンジ
教授・博士(工学)物質とエネルギー物質工学物質機能工学電気化学、表面科学●単結晶電極上での核生成および結晶成長過程の解析
●有機分子の吸脱着挙動
●電極表面での生体関連物質の電子移動
佐藤 正恵
サトウ マサエ
教授・博士(教育学)子どもの保健発達・臨床心理学子どもと保護者への臨床心理学的支援のあり方に関する研究
佐藤 幹男
サトウ ミキオ
教授・博士(教育学)教職概論教育学(教師教育、現職研修、台湾の教育)●日本の現職研修の歴史的研究
●台湾の教育改革研究
新福 悦郎
シンプク エツロウ
教授・博士(学校教育学)地域・学校連携論教育実践学(いじめ問題、社会科教育、判決書学習、人権教育、学校安全学習、防災学習、道徳教育、教育方法、教師教育)●いじめ問題関係判決書を活用した授業や教員研修に関する研究
●判決書教材を事例とした安全学習の総合的研究
●教員養成における防災教育の学習内容・方法についての研究
田中 秀典
タナカ ヒデノリ
特任教授・教育学士初等教科教育法教科教育学算数 概念的知識・手続き的知識論(意味と手続き) 構成主義的
照井 孫久
テルイ マゴヒサ
教授・博士(社会福祉学)社会福祉論社会福祉学(福祉サービス評価論)(1)福祉サービス評価の意義と方法論についての研究
(2)福祉サービスにおけるリスクマネジメント
(3)福祉サービスに関わる対人援助専門職員の資質向上
柳    明
ヤナギ アキラ
教授・理学博士生命と地球生命科学生命環境科学細胞生物学、 発生生物学(ゾウリムシ、接合、核)●ゾウリムシの接合過程における核分化に関する研究
山崎  省一
ヤマザキ ショウイチ
教授・医学博士体育生命科学スポーツ生理学、スポーツ科学(スポーツ科学、競技力)重心の動きをコントローする能力を測定すること、全身運動のスタミナを評価すること、および高齢者の健康について研究している。
永山 貴洋
ナガヤマ タカヒロ
准教授・博士(教育情報学)幼児体育スポーツ科学(スポーツ心理学)●幼児期における運動指導モデルの構築
●優れた指導者の指導に関する信念の分析
●才能を開花させた熟達者の学習に対する信念の分析
佐藤 誠子
サトウ セイコ
助教・博士(教育学)心理学教育心理学(教授学習過程)知識の適用を促進・阻害する教授学習条件に関する研究
平川 久美子
ヒラカワ クミコ
助教・博士(教育学)教育心理学発達心理学●幼児期・児童期における情動表出の発達に関する研究
●幼児期における社会性発達に関する研究
●「気になる」子どもの理解と支援