• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

認証評価・自己点検評価

自己点検・評価活動、内部質保証


石巻専修大学 自己点検・評価の取組み

本学は公益財団法人大学基準協会による2013(平成25)年度認証評価の結果、
同協会の大学基準に適合していると認定されました。

認定期間:2014(平成26)年4月1日から2021(平成33)年3月31日まで

大学基準適合認定証

大学基準適合認定証(英語)

大学基準適合認定マーク_2014-2021

2013(平成25)年度申請

2006(平成18)年度申請


内部質保証の方針
 

本学では、理念・目的、教育目標及び各種方針の実現に向けて、大学の質の保証と向上について、恒常的・継続的に取り組むため、内部質保証の方針について、次のとおり定めています。
1 内部質保証の基本的考え方
 理念・目的、教育目標及び各種方針の実現に向けた本学の教育研究の質の保証と学生の学習成果の向上を図るため、PDCAサイクルを適切に機能させ、内部質保証システムの維持・向上を図る。また、定期的に自己点検・評価を行い、評価結果の改革・改善に恒常的・継続的に取り組み、これらの評価結果と取り組みを社会に公表する。

2 内部質保証の体制
(1)学部長会・大学院委員会合同委員会
 本学の内部質保証に責任を負い、推進する組織は、「学部長会・大学院委員会合同委員会(以下「合同委員会」という。)」とする。合同委員会では、本学における教育研究活動等に関する課題や改善点等を審議し、全学的な方針や改善策等を決定する。さらに、大学の長期・短期計画及び各個別機関の活動計画・取り組みに適切に反映させることによって、本学の教育研究活動等の改善・向上を推進する。

(2)自己点検・評価運営委員会
 「自己点検・評価運営委員会」は、「合同委員会」の活動方針の下、各個別機関の教育研究活動等の自己点検・評価を運営・推進・統括し、毎年度の『自己点検・評価報告書(個別機関編)』の取りまとめを行い、「合同委員会」に提出する。

(3)IR推進委員会
 「IR推進委員会」は、学長の下で点検・評価に必要な情報の収集・分析を行い、客観的で合理的なエビデンスを提供し、「合同委員会」の自己点検・評価活動を支援する。

3 第三者による検証
 内部質保証の妥当性を客観的に検証するため、「外部評価委員会」による毎年度の評価及び「認証評価機関(大学基準協会)」による7年毎の認証評価を受審する。これらの評価結果及び指摘事項等に対しては、「合同委員会」で迅速かつ適切に対処し、各個別機関へ改善の方針等を指示し、全学的な教育研究活動等の改善・向上に結びつける。

4 自己点検・評価の実施及び報告書の作成
(1)自己点検・評価報告書(個別機関編)

 各個別機関は、「合同委員会」からの方針や指示に従い、かつ、「石巻専修大学自己点検・評価に関する規程」に定められた点検・評価活動に基づき、PDCAサイクルを機能させ、毎年度自己点検・評価を実施し、自己点検・評価報告書を作成し「自己点検・評価運営委員会」に提出する。「自己点検・評価運営委員会」はこれらを毎年度の『自己点検・評価報告書(個別機関編)』に取りまとめ、「合同委員会」に提出する。

(2)自己点検・評価報告書(集約版)
 「合同委員会」は毎年度の『自己点検・評価報告書(個別機関編)』を基に、PDCAサイクルを機能させ、全学的視点で自己点検・評価を実施し、毎年度の『自己点検・評価報告書(集約版)』を作成する。『自己点検・評価報告書(集約版)』は毎年度の「外部評価委員会」に提出し、評価を受ける。

5 報告書の公表
 毎年度の『自己点検・評価報告書(集約版)』及び『外部評価委員会報告書』は、本学ホームページを通じて学内外に公表する。

6 教職員個人の自己点検・評価、改革・改善
 組織的なFD・SDを通じて、内部質保証の意識の全学への浸透を図り、それぞれが教育研究活動等の質の保証・向上の担い手であることの自覚を促す。教員は、毎年度の『教員活動報告書』を「自己点検・評価運営委員会」に提出し、恒常的・継続的に自己点検・評価を行う。「自己点検・評価運営委員会」は、『教員活動報告書』を毎年度の『自己点検・評価報告書(教員活動編)』として取りまとめ、学内外に公開する。
 
平成30年4月1日 石巻専修大学 制定