専修のゼミナール
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

ゼミを探す

一覧に戻る

スポーツを科学する [担当:平田 大輔]

ゼミナール名称スポーツを科学する
研究テーマスポーツ心理の科学:心理情報をスポーツ現場で活用する
ゼミナール所属文学部ジャーナリズム学科
学習内容スポーツ科学の分野、特にスポーツ心理学の理論、モデル、キーワードについて関連する情報を収集、整理しプレゼンテーションを行います。また各種検査測定、生理心理的実験、質問紙調査など多様な視点でスポーツを捉え、得られたデータから簡易的な統計処理、グラフ表現などを用いた報告書の作成、プレゼンテーションおよびグループディスカッションを行いスポーツ現場への還元を目標としています。
ゼミ生の人数4年生 男4女1  3年生 男4女5  2年生 男3女4  計21名
開講日時など毎週木曜日4限
卒業論文・卒業研究これまでの卒業研究のキーワード
ゲーム分析  心理的ストレス  心理的競技能力  ライフスキル  スポーツ観戦動機  心理的コンディショニング  集中力  キャプテンシー・リーダーシップ  運動学習  ロコモティブシンドローム
サッカー  野球  テニス  バスケットボール  ダンス  レスリング  フェンシング  陸上競技  バレーボール  卓球  ゴルフ
対外活動など前・後期に各1回 スポーツ施設、研究所等に見学に行きます。
これまでに見学に行った施設
国立スポーツ科学センター  ナショナルトレーニングセンター  東京都障害者スポーツセンター  サッカーミュージアム など
OB・OGの進路ヘルスケア関連企業 インストラクター 実業団選手 プロ選手 公務員 一般企業 専門学校 教員
教員紹介これまでに様々なスポーツのゲーム分析、状況判断過程について、テニス・ゴルフなどスポーツの運動学習に関する研究を行っています。

平田 大輔[研究者情報データベースへ]
[2019年4月掲載]
センディ

センディナビ