ゼミを探す

一覧に戻る

犯罪学・刑事政策の諸問題[担当:渡邊 一弘]

ゼミナール名称 犯罪学・刑事政策の諸問題
研究テーマ 本ゼミナールでは、犯罪学・刑事政策の観点から、現代社会において生じている犯罪現象の分析と犯罪者特性の理解に取り組み、その成果をふまえて合理的な犯罪対策システムの追求に取り組んでいる。
ゼミナール所属 法学部法律学科
学習内容 刑事法分野の法解釈論や法政策論に尽きることなく、犯罪学諸分野(犯罪生物学、犯罪精神医学、犯罪心理学、犯罪社会学など)の学問的成果や現実の刑事司法制度の運用状況をふまえ、科学的根拠に基づき、犯罪予防の観点から有効と考えられる刑事司法制度や刑事政策のあり方について検討する。
ゼミ生の人数 例年、3年生、4年生とも10名弱の学生が所属している。
開講日時など 毎週金曜日5限
卒業論文・卒業研究 〇提出された卒業論文の例(2018年度)

・「自然災害に起因する犯罪に備えた警察政策の展望」
・「非行少年に対する学校を基盤とした多機関連携のあり方」
・「自動運転実用化に向けた関係機関の取り組みと交通警察行政の課題」
・「児童虐待対策における警察・児童相談所の連携の在り方」
・「環境犯罪学的視点に基づいた行政による安全・安心なまちづくりの在り方」
・「月経随伴症状によってもたらされる犯罪とその対策」
・「警察活動におけるICT活用のあり方―犯罪抑止に関する予測を中心に―」
・「高齢者犯罪の要因からみる地域社会での更生支援」
ゼミナール合宿 例年、夏休みの期間中に2泊3日でゼミ合宿を行っている。
ゼミ合宿の際には、刑務所や少年院の参観を行い、実際の犯罪者処遇を学ぶ機会を設けているほか、遊園地やバーベキュー、花火などのレジャーも行い、ゼミの親睦を深めている。
OB・OGの進路 警察官、公務員、民間企業、法科大学院進学など。
とりわけ、警察官については、専修大学法学部においてゼミを開講して以来、毎年採用者を輩出している。
教員紹介 刑事法学のなかでも、犯罪学・刑事政策の分野に力を入れ、研究に取り組んでいる。
主たる研究領域は、少年法、死刑制度論、刑事責任能力論、触法精神障害者の処遇である。

渡邊 一弘[研究者情報データベースへ]
ゼミナール紹介‗法学部‗渡邊一弘02
ゼミナール紹介‗法学部‗渡邊一弘01
[2020年3月掲載]