専修のゼミナール
MENU
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

ゼミを探す

一覧に戻る

日本の国際法政策 [担当:森川 幸一]

ゼミナール名称国際法ゼミナール
研究テーマ日本の国際法政策
ゼミナール所属法律学科
学習内容国際法に関わる日本の外交政策(例えば、領土問題、軍縮問題、人権問題、環境問題等)を採り上げ、その賛否両論を資料に基づいて検証するとともに、ディベートを通じて、あるべき日本の国際法政策を模索する。
ゼミでは。ゼミ員の興味関心を最大限尊重しつつ、毎年、複数の具体的テーマを設定して、それぞれの問題について掘り下げた検討を加えていく。また、問題に直接携わっておられる実務家の方を随時ゲストにお迎えし、お話を伺う機会ももちたいと考えている。
ゼミ生の人数3年次生、4年次生とも各18名。毎年、若干の増減あり。
開講日時など月曜日5時限
卒業論文・卒業研究4年次生は、2年間のゼミナール活動を通じて興味を持った問題を選んで、ゼミでその法的論点に関する個別報告を行い、最終的にはゼミナール論集に掲載する論文にまとめる。
サブゼミナール3年次生は、個別のテーマごとに各3~4名の報告グループを作り、各グループごとにゼミでの報告に備えた事前準備を行う。
ゼミナール合宿夏休みと春休みに原則2回のゼミナール合宿(自由参加)を実施。
OB・OGの進路国家公務員、国会職員、地方公務員、警察、消防、幹部自衛官、一般企業、大学院、教員など。
OB・OG会かつては毎年開催していたが、最近はゼミナール30周年など、節目の年に開催。
教員紹介東京大学法学部卒。同大学助手を経て、専修大学法学部講師、助教授、教授。
研究テーマは、国際安全保障、国際人道法。
近年は、国際関係における「武力の行使(use of force )」と法執行活動(law enforcement activity)に伴う「実力の行使(use of force)」の関係やその国際法上、国内法上の区別基準などを研究している。

森川 幸一[研究者情報データベースへ]

ゼミナール紹介‗法学部‗森川幸一‗2019年度ゼミ(4年次生)

▲2019年度ゼミ(4年次生)

ゼミナール紹介‗法学部‗森川幸一‗2019年度夏合宿(九十九里)

▲2019年度夏合宿(九十九里)
[2020年2月掲載]
センディ

センディナビ