専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

リハビリテーション心理学ゼミ [担当:岡村 陽子]

ゼミナール名称リハビリテーション心理学ゼミ
研究テーマリハビリテーションに関連した心理学をテーマとする。具体的には、障害児者の心理、障害受容、高次脳機能障害者の心理、神経心理アセスメント、認知リハビリテーションなど。
ゼミナール所属人間科学部心理学科
学習内容リハビリテーション施設のイベントや、当事者団体のミーティングなどのボランティア体験などへの参加や、国際福祉機器展の見学、様々な施設の見学といった具体的な体験を通して、リハビリテーションに関連する心理学について学んでいく。
ゼミ生の人数4年生5人(男性3人、女性2人)、3年生(男性2人、女性5人)
開講日時など毎週木曜日4,5限
卒業論文・卒業研究卒業論文は必須
ゼミナール合宿ゼミナール合宿は夏に実施。各自の論文の進捗状況の確認、ボランティアなどの体験報告、合宿での課題活動などを行っている。
OB・OGの進路大学院、福祉施設、一般企業など
教員紹介筑波大学心身障害学研究科にて博士(教育学)を取得後、リハビリテーション病院で臨床心理士として勤務ののち現職。臨床神経心理学に関する研究を主にテーマにしている。
岡村 陽子[研究者情報データベースへ]
HPhttp://www.isc.senshu-u.ac.jp/~the0715/

リハビリテーション心理学ゼミ_01

▲平成27年度ゼミ合宿

リハビリテーション心理学ゼミ_02

▲第5回北リハフェスタにボランティア参加

[2016年3月掲載]
センディ

センディナビ