ゼミを探す

一覧に戻る

地域経済の内発的発展と地域産業政策 [河藤 佳彦]

ゼミナール名称 地域経済の内発的発展と地域産業政策
研究テーマ 経済や産業を地域の視点から捉え、地域資源を活かして自律的な発展を促進するための方策について考えることを基本テーマとして取り組んでいきます。その対象については、地場産業集積(産地)、企業城下町型集積、都市型複合集積、農林漁業地域、中心市街地など、地域の経済や産業の特色に着目した多様な視点があってよいと思います。
当ゼミナールでは、ゼミ生の皆さんが社会で活躍するための実践力を身につけることを目標にします。専門分野の学習を通して、課題発見とその解決のための能力を高めることは勿論ですが、社会人としての人間力も体得してほしいと思っています。
ゼミナール所属 経済学部 経済学科
学習内容 本ゼミは、社会での実践力を習得することを目標とします。そのため2年次から、4年次の卒業論文(ゼミナール研究論文)の作成を視野に入れつつ、1 各自のテーマ選定、2 文献・資料調査、3 フィールド調査、4 分析・考察といったプロセスを進めていきます。そして、ゼミでの討論を重ねていきます。
また、論文作成やプレゼンテーション、情報活用のための基本的なスキルの指導も組み入れます。そのなかで3年次生は、自らのスキルの習得を行うと共に、後輩への助言を行うことでスキルの向上を図ります。4年次生は個人研究に取り組みつつ、後輩への助言を行うことで自らのスキルの向上を図ります。
ゼミ生の人数 2年生 13人、3年生 16人、4年生 4人(2020年度予定・当ゼミは2018年度から開講。)
開講日時など 毎週木曜日4限・5限(2020年度予定)
卒業論文・卒業研究 卒業研究と卒業論文を必修とします。テーマは、地域経済の内発的発展や地域産業政策に関するものであれば、各自が自由に設定してください。卒業研究のテーマは、ゼミ活動の早い時期に設定し、その後、体系的な指導により研究と論文のスキルを身につけていきます(学習内容を参照してください)。
サブゼミナール 現在は実施していませんが、希望があれば実施したいと思います。
ゼミナール合宿 2019年度の2・3年次生は、移住・定住促進の産業政策を基本テーマとして、長野県上伊那郡辰野町の産業振興政策に関する学習やフィールド調査を実施しました。当ゼミでは毎年、ゼミ内でのグループ研究の一環として、夏休みの時期を利用して2泊3日の実地学習を実施しています。
対外活動など 実地での学習・調査による地域との交流と、報告書の作成による地域への還元を行っています。
OB・OGの進路 国・自治体、金融機関、メーカーなど多岐にわたります。(教員紹介を参照。)
OB・OG会 現時点ではありません。
教員紹介 2018年4月に本学に赴任したため、本学における卒業生はまだありません。しかし、前任大学において10数年間、ゼミナールの指導経験があり、120人を超える卒業生を送り出してきました。また、教育・研究者としての10数年の経験のほかに、自治体(大阪府庁と大阪府八尾市)における、行政職としての20数年間の実務経験があります。実務経験を通して得たものを理論的思考により伝えることで、皆さんの成長に役立ててもらえるよう、頑張っていきたいと思っています。

【学位】早稲田大学政治経済学部:経済学士、埼玉大学大学院政策科学研究科:学術修士、大阪商業大学大学院地域政策学研究科(地域経済政策専攻):博士(地域政策学)

河藤 佳彦[研究者情報データベースへ]
その他 前任校における、2018年度のゼミ生の卒業論文テーマをいくつか紹介します。「コンパクトなまちづくりにおける複合化公共施設の可能性:コンパクトシティと公共施設マネジメントを視点にした考察」、「地域特性を踏まえた道の駅の類型化に関する考察:群馬県の道の駅を事例に」、「企業城下町型産業集積の下請中小企業の発展と行政の役割:愛知県豊田市を中心とした比較分析」、「環境産業による地域活性化の取り組みについて:CSVの視点による考察」、「日本版CCRCによる地域活性化の可能性:山梨県都留市を事例として」
1572942056056▲横浜市での実地学習:創造都市と創造産業の振興(2018年9月)
ゼミナール紹介_経済学部_河藤佳彦▲辰野町での実地学習:移住・定住促進の産業政策(2019年8月)

[2019年12月更新]