専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

開発途上国の政治経済と日本 [担当:稲田十一]

ゼミナール名称稲田十一ゼミナール
研究テーマ開発途上国の政治経済と日本
ゼミナール所属経済学部国際経済学科
学習内容アジア地域を中心に,第二次世界大戦後の歴史をふまえながら,学際的アプローチで,開発途上国およびそれらの国々と日本との関係について勉強する。
ゼミ生の人数4年生11人/3年生11人/2年生12人
教員紹介稲田 十一[研究者情報データベースへ]
[2015年4月掲載]
センディ

センディナビ