専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

日本とアジアの経済発展や企業活動を歴史的な視点から捉える [担当:谷ヶ城 秀吉]

ゼミナール名称日本とアジアの経済発展や企業活動を歴史的な視点から捉える
研究テーマ日本とアジアの経済発展や企業の活動を経済史・経営史の学問領域から考察します。
具体的な研究テーマは,履修者と相談して決定します。
ゼミナール所属経済学部経済学科
学習内容「歴史=暗記科目」というイメージがあります。過去に起きた出来事を覚えても、今を生きる私たちには関係がない、歴史なんて役に立たない。歴史用語や年号を単に暗記するだけならば、歴史は人生の役には立ちません。でも、それは本当の歴史の学びではありません。大学における歴史研究の目的は、現在生じている、あるいは未来に生じるかもしれない問題の解決策を過去の教訓から引き出すことにあります。むしろ、現状解決型・未来志向型の学問だといってもいいかもしれません。このゼミでは、以上の観点から日本経済の発展過程を捉えることを目標としています。暗記は必要ありません。
この目的に接近するための手段としてこのゼミでは、毎年12月に開催される経済史・経営史合同ゼミ発表会(参加大学:専修大学・立教大学・首都大学東京・南山大学)での成果報告を目指して活動します。この発表会では、経済史・経営史を学ぶ他大学とのアカデミックな交流を通じて、幅広い人間関係を養います。そのほか、ゼミ合宿やフィールド調査なども実施します。
ゼミ生の人数4年生6人,3年生12人,2年生12人(2017年度)
開講日時など毎週月曜日4限
卒業論文・卒業研究有り。
サブゼミナール経済史・経営史合同ゼミ発表会の準備のために特に後期はサブゼミを開催する可能性があります。
ゼミナール合宿経済史・経営史合同ゼミ発表会の準備報告とフィールド調査を兼ねて夏季休暇中に実施します。2016年度は、名古屋で行いました。
対外活動など経済史・経営史合同ゼミ発表会を通じて他大学の学生と交流します。また、担当教員が兼任する立教大学経済学部の単年度ゼミ(2017年度は13名)の学生との交流も実施します。
OB・OGの進路2015年度に開設されたゼミのため、就職実績等はありません。
OB・OG会同上。本ゼミは、良い意味で伝統のしがらみのないゼミです。ゼミ運営の仕組みや方法を考えていきたい、新しい伝統を自分たちで作っていきたい。そうした創造性とチャレンジ精神あふれる学生の参加を歓迎します。
教員紹介谷ヶ城 秀吉[研究者情報データベースへ]

日本とアジアの経済発展や企業活動を歴史的な視点から捉える_01

▲2016年度のゼミ合宿(ミツカンミュージアム)

日本とアジアの経済発展や企業活動を歴史的な視点から捉える_02

▲2016年度の合同ゼミ発表会

[2017年5月更新]
センディ

センディナビ