専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

現代日本の社会政策・労働問題 [担当:兵頭 淳史]

ゼミナール名称現代日本の社会政策・労働問題
研究テーマ雇用・労働問題と社会保障をメインに、福祉国家論、社会運動、日本経済・財政などもとりあげる。
ゼミナール所属経済学部経済学科
学習内容文献講読、グループワークによるテーマ研究と討論、卒業・進級論文へ向けての個別研究と検討会といった活動に、夏期と春期に各1回の合宿を含めてとりくんでいる。

また、同じ経済学部の小池隆生ゼミ・鈴木奈穂美ゼミとの3ゼミ合同討論会を毎年1回開催。2015年度には本ゼミは「大学生の労働問題」と題して、近年社会問題化しつつある学生アルバイトの実態について、専大生へのアンケート調査などをもふまえつつ分析し、問題解決への提言も行った。2016年度には保育問題を取り上げる予定。

近年の文献講読でとりあげたテキストは、藤田孝典『貧困世代』(講談社現代新書、2016年)、町田俊彦編『雇用と生活の転換』(専修大学出版局、2014年)、小熊英二『社会を変えるには』(講談社現代新書、2012年)、田中隆之編『日本経済 その構造変化をとらえる』(専修大学出版局、2012年)、神野直彦『「分かち合い」の経済学』(岩波新書、2010年)など。
ゼミ生の人数2年生:男性7人、女性2人/3年生:男性5人、女性5人/4年生:男性6人、女性5人
開講日時など毎週木曜日4・5限毎週水曜日4限(2年生)、5限(3・4年生)
卒業論文・卒業研究卒業論文の提出は必須。これまでの主な論題は、「高齢者雇用の現状と課題」「家庭用ゲーム市場の今と未来」「河川環境管理における公共性」「原発作業員の被曝と差別構造」など。
サブゼミナール3グループに分かれて不定期に実施。
ゼミナール合宿夏休みと春休みに各1回実施
対外活動など経済学科3ゼミ合同討論会(小池隆生ゼミ、鈴木奈穂美ゼミ、本ゼミ)
OB・OGの進路製造業、金融業、交通・運輸、公務、サービス業、IT関係、NPOなど
教員紹介1968年、大阪生まれ。九州大学法学部卒・同博士課程単位取得。九州大学助手、法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員などを経て、2000年に専修大学経済学部に講師として着任、2011年より現職。2008‐9年、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員。著書に『図説・労働の論点』旬報社・2016年、『ワークフェアの日本的展開』専修大学出版局・2015年、『現代労働問題分析』法律文化社・2010年(いずれも共編著)など。
兵頭 淳史[研究者情報データベースへ]
HPゼミ公式サイト  http://hyodo-atsushi.way-nifty.com/seminar/
教員個人サイト  http://hyodo.main.jp/

現代日本の社会政策・労働問題_01

▲卒論発表会にて

現代日本の社会政策・労働問題_02

▲最優秀卒論執筆者に授与される盾

現代日本の社会政策・労働問題_03

▲労働NPOを訪問して聞き取り調査

現代日本の社会政策・労働問題_04

▲NPOでの参与観察

現代日本の社会政策・労働問題_05

▲合宿打ち上げ

現代日本の社会政策・労働問題_06

▲春合宿での討論

現代日本の社会政策・労働問題_07

▲図書館での文献調査

現代日本の社会政策・労働問題_08

▲3ゼミ合同討論会での発表風景

現代日本の社会政策・労働問題_09

▲卒業論文発表会

現代日本の社会政策・労働問題_10

▲卒業式にて

[2016年5月掲載]
センディ

センディナビ