専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

企業・産業のゲーム理論的分析 [担当:石原 秀彦]

ゼミナール名称企業・産業のゲーム理論的分析
研究テーマ企業や産業に関する諸問題を、ミクロ経済学やゲーム理論、情報の経済学を用いて理論的に分析することを目指します。
ゼミナール所属経済学部経済学科
学習内容企業や産業に関する多くの問題は、伝統的な均衡理論によって分析することが難しく、1960年代まではもっぱら構造や行動、成果に関する統計間の実証分析ばかりが行われ、理論的な分析はなかなか進みませんでした。ところが、1960年代から1970年代にかけて、ゲーム理論や情報の経済学が発達すると、その成果を生かして、企業や産業の理論的な分析が盛んに行われるようになり、カルテルや広告戦略、企業統合など様々な問題に対して理解が深まりました。

ゼミでは、企業や産業の問題を、通説や印象論ではなく、客観的な統計データで把握し、ミクロ経済学やゲーム理論によって理論的に分析できるようになることを目標にします。

2・3年次では、2年生と3年生を合わせて3~4人で組んだグループ単位で学習を進めます。初めに教科書を輪読することで、企業・産業や経済学の基礎知識を学びます。並行してグループ研究を進め、夏合宿で中間報告、後期に最終報告を行い、論文を作成・提出してもらいます。

4年次は、輪読の際に議論に参加するとともに、卒業論文研究を進め、やはり夏合宿で中間報告、後期に最終報告を行い、論文を作成・提出してもらいます。
ゼミ生の人数2015年度は、4年生7人、3年生6人、2年生10人の計23人(うち女子4人)でした。
開講日時など2・3・4年生ともに、毎週月曜日4限に実施しています。
卒業論文・卒業研究卒業論文の多くは、3年時のグループ研究をベースにして執筆されています。
以下は、2015年度の卒業論文のタイトルの例です。
・米の消費形態の変化について
・100円ショップはなぜ100円で売れるのか
・オンラインゲーム市場が成長し続ける理由は何か
・書店業は衰退に陥っているのか
・米国による軽自動車批判から現在の軽自動車制度を考える
・電子書籍市場と音楽配信市場の比較による電子書籍市場が拡大した要因の検証
・小規模通販会社と大規模通販会社ではどのような違いがあるのか
ゼミナール合宿夏休みの終わりに、グループ研究(2・3年生)、卒論研究(4年生)の中間報告会として2泊3日の夏合宿を行っています。
教員紹介石原 秀彦[研究者情報データベースへ]

企業・産業のゲーム理論的分析_01

▲ゼミ合宿にて

企業・産業のゲーム理論的分析_02

[2017年2月更新]
センディ

センディナビ