専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

手話コミュニケーション ~聴覚障害者との共生をめざして~  [担当:吉川 あゆみ / 吉田 美穂子]

ゼミナール名称手話コミュニケーション ~聴覚障害者との共生をめざして~
研究テーマ手話は一つの「言語」または「文化」と言われています。それゆえ、手話の習得には外国語と同等の時間と労力が求められます。また、手話そのものを覚えるのみでは聴覚障害者との実際の会話には困難を伴います。手話を習得し、かつその背景にあるものにも目を向けられたとき、初めて聴覚障害者とのコミュニケーションが成り立つと言えるでしょう。手話だけでなく、異文化とは何か、障害者の生活は、社会福祉のあり方は、等のさまざまな視点からアプローチし、理解を深めていきます。
ゼミナール所属教養ゼミナール
学習内容一年後に手話で簡単な自己紹介が可能なレベルを目指します。かつ、「情報障害」「コミュニケーション障害」について理解し、説明できることを目標としています。前期は、名前や出身地等の基本的な手話を習得するとともに、「聴覚障がい」と「コミュニケーション障がい」に関して学びます。後期は、道案内やバイト先での会話等の手話学習を通して手話で身の回りのことを説明できるようにするとともに、「聴覚障がい」の歴史的文化的背景と「情報障がい」の概要について理解を深めます。
ゼミ生の人数10名前後
開講日時など毎週火曜日3限・4限(いずれかを選択してください)
卒業論文・卒業研究卒業研究・卒業論文はありませんが、手話関連企画に参加し、レポートを提出することが必須となります。
教員紹介学生時代から聴覚障害学生の支援に携わってきました。大学において手話で話せる環境づくりを通して、聴覚障害学生にとってよりどころとなる場が多少なりとも増えていけばと願っています。同時に、これから旅立つみなさんに奥深い手話の世界の魅力を伝えられたらと思います。
その他聴覚障害者と健聴者二人の講師によってすすめています。おもに聴覚障害講師との対話の中で手話習得し、おもに健聴講師により聴覚障害者の生活や教育、福祉について学びます。手話をまったく知らない方を対象とした内容となっています。

吉田・吉川先生教養ゼミナール_自己紹介や店頭での応答等を学習し ます

▲自己紹介や店頭での応答等を学習します

 

吉川・吉田先生教養ゼミナール_ペアになって会話練習をしています

▲ペアになって会話練習をしています
[2017年10月掲載]
センディ

センディナビ