専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

マルチ・スポーツへの誘(いざな)い~トライアスロンを中心に~ [担当:富川 理充]

ゼミナール名称マルチ・スポーツへの誘(いざな)い ~トライアスロンを中心に~ [担当:富川 理充]
研究テーママルチスポーツとは、「複数の種目を連続して行うスポーツ」のことや、「多くの目的を同時に進行させ達成させようとする多目的スポーツ」のこととされています。当ゼミでは、スイム、バイク、ランを連続して行うマルチスポーツの一つであるトライアスロンを中心として、多様なスポーツイベントへ参加する(する・みる・支える)ために必要な課題テーマを各自で設定し、その達成に向けて活動していくことを目的とします。
ゼミナール所属教養ゼミナール
学習内容トライアスロンに限らず、水泳、自転車、ランニングはもとより、オープンウォータースイミングや自転車ヒルクライム、MTB、駅伝、リレーマラソン、登山などのいわゆる耐久スポーツやエクストリームスポーツを中心とし、それらに関連する多様なイベントをできる限り活動対象範囲とします。
参加するとは、単に出場「する」ことにこだわらず、出場者を応援しながら(「支える」)観戦する(「みる」)ことも含んでいます。また、ボランティアや運営スタッフなどとして携わったり、イベント効果の評価や出場者の意識などの調査・研究対象として関わりを持ったりしながら、スポーツイベントを多義的に捉えていきます。課題テーマは各々の携わり方によって、個人またはグループ毎に設定します。
ゼミ生の人数男子2人、女子2人
開講日時など毎週木曜日5限
卒業論文・卒業研究卒業研究、卒業論文は課していません。
教員紹介2012年公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)のJTUパラリンピック対策プロジェクトリーダーに就任し、2016年リオデジャネイロパラリンピックより正式競技となるパラトライアスロン(障害者トライアスロン)の普及、パラトライアスリートの育成・強化活動に携わっています。障害者スポーツへ関心・興味のある学生も受け入れます。
富川 理充[研究者情報データベースへ]
その他2014年度より開講する新しいゼミナールです。様々なことへ挑戦し、みんなで新しい道を切り開いていきたいと思います。また、2020年東京五輪・パラリンピックの開催も決定し、スポーツ活動、スポーツイベントへの社会の関心も非常に高まっています。ともに6年後の世界最大のスポーツの祭典への参加を目指そう!

[2014年4月掲載]
センディ

センディナビ