専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

環境問題と経済学[担当:阪本 将英]

ゼミナール名称環境問題と経済学
研究テーマ環境保全のための経済学的手法および経済理論に関する研究
ゼミナール所属商学部マーケティング学科
学習内容本ゼミでは、「環境問題は、主に経済活動によって引き起こされた問題である」ことを前提に、その特徴や発生原因を理解することから始め、それをどのような方法で改善・解決していくのか経済学の立場から学びます。
ゼミ生が、環境問題に対する経済理論の有効性と限界を理解し、そのうえで経済理論が現実の環境問題をうまく捉えていない場合、どこに理論的問題があるのか自分なりの答えを出せるようにすることを目指します。
ゼミ生の人数15人
開講日時など前期:水曜日4限 後期:月曜日4限、水曜日3、4限
卒業論文・卒業研究卒業論文の作成を義務づけています。
OB・OGの進路銀行、証券会社など
教員紹介阪本 将英[研究者情報データベースへ]
センディ

センディナビ