専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

経営と会計に関する多角的考察 [担当:西居 豪]

ゼミナール名称経営と会計に関する多角的考察 [担当: 西居 豪 ]
研究テーマ「経営、会計」をキーワードに、学生が主体的にテーマを設定し研究しています。
ゼミナール所属商学部会計学科
学習内容本ゼミでは、経営と会計に関して広範に学習します。基本的には,管理会計と呼ばれる領域を中心に,学生自らが主体的にテーマを設定し,検討を深めていきます。そのため,ゼミナールでは,研究方法論に関する学習にかなりの時間を割きます。これまで検討されてきたテーマは多岐にわたりますが,たとえば,「会計情報の正確性はどこまで追求されるべきか?」,「コスト削減はモチベーションの低減に繋がるのか?」などがあります。また,「アルバイト先でのチームとしての業務遂行能力を高めるには,どのような方法があるのか?」といった比較的実践的なテーマも検討されたこともあります。このときは,実際に提案されたアクションを仕掛けるといった領域まで踏み込んで,その成果を検証することまで行うことができました。こうした種々のテーマの検討を積み重ねることで,卒業論文作成のための力を養っていきます。なお,ゼミナールでは、会計に関する資格試験(ビジネス会計検定試験など)への挑戦を通じた実践的な知識の獲得も重要視しています。各自の試験対策の進捗状況をチェックする時間も設けています。2年半に及ぶゼミナール活動は、論理的思考力、問題発見・解決能力、情報収集・処理能力、積極性などを向上させる機会を数多く提供してくれるものだと思います。
ゼミ生の人数男性4名,女性3名
開講日時など火曜日3限
卒業論文・卒業研究卒業論文の提出はゼミナールの単位取得のためには必須です。
教員紹介西居 豪[研究者情報データベースへ]
HPhttp://t-nishii-labo.net/

経営と会計に関する多角的考察

[2014年4月掲載]
センディ

センディナビ