専修のゼミナール
MENU

ゼミを探す

一覧に戻る

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計- [担当:植田 敦紀]

ゼミナール名称環境会計の探究―サステナブル社会のための会計―
研究テーマ伝統的な企業会計は、企業の内生的要因を捉え企業内部の経済的情報を認識するのに対し、環境会計では、企業の外生的要因(社会問題、環境問題等)を捉え、経済的情報と同時に、社会全体ないしは地球全体を対象とする環境保全コスト、環境保全効果等を認識します。このような環境会計情報を如何に認識・測定・開示することが有効であるかを考え、環境会計情報を含めたサステナビリティ情報の双方向コミュニケーションの向上を目指します。
ゼミナール所属商学部会計学科
学習内容環境会計の対象領域は環境問題から社会問題へと多様化し、対象範囲はバリューチェーンにおける広範囲の問題へと広がっています。また環境会計を基礎としたサステナビリティ戦略の高度化が進んでいます。このような環境会計について、以下のように各学年で段階的に研究を進めていきます。
〔2年次〕環境会計の基礎知識の習得
〔3年次〕主要文献の輪読および討論により考察を深め各人の研究テーマを選定
〔4年次〕各人の研究テーマに基づく研究・発表を重ね、卒業論文を完成させる
ゼミ生の人数(2016年3月現在)4年生:14人 3年生:7人 2年生:9人
開講日時など毎週火曜日 2限(3年生及び2年後期)、3限(4年生)
卒業論文・卒業研究4年次後期には、個人または共同で研究成果を発表。
ゼミナール合宿ゼミ合宿(箱根、富士山中湖)、ゼミ旅行(鎌倉・江ノ島)などを実施
ゼミ生の希望・適性に基づき、タイムリーに計画していきたいと思います。
対外活動など甲斐善光寺の森の植樹、工場見学、環境展(エコプロダクツ、東芝)、産学チャレンジプログラム等に参加
OB・OGの進路就職(金融が多い、その他不動産、サービス業など)、大学院(環境理工学)
今後の活躍に期待します。
OB・OG会今後年1回(2月or3月)OB・OG会を計画予定です。私たちを取り巻いてくれる人・環境におけるサステナビリティの重要性を感じています。今後OB・OG会で互いにリスペクトと思いやりのある輪を広げていきたいと思います。
教員紹介専門は「環境財務会計」~財務会計の立場から環境会計情報を如何に認識・測定・開示するのが有効か?主要著書『環境財務会計論』(2008年)、証券会社勤務(東京・ニューヨーク)、米国公認会計士(イリノイ州)、博士(経営学)
植田 敦紀[研究者情報データベースへ]
その他アカデミックで楽しいゼミ活動というコンセプトの基、ゼミ生の自主性・向上心を尊重して活動しています 。

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_01

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_02

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_03

▲2014年夏 サントリービール工場見学

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_04

▲2015年夏 味の素工場見学

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_05

▲2015年終秋の霊山 大山紅葉狩り

環境会計の探求-サステナブル社会のための会計_06

▲2015年終秋の霊山 大山見晴台

[2016年3月更新]
センディ

センディナビ