法学研究科

研究者・法曹・税理士・法律行政実務の専門職業人の養成を目的としています。

幅広い法律分野の専門教員が院生の学問的ニーズに対応できるよう
理論と実際の側面から懇切丁寧に指導する体制が確立しています。

社会における法的問題を解決するためのリーガルマインドを錬成するカリキュラムが構築されています。
スキルアップをめざす社会人学生も積極的に受け入れています。

税理士試験の科目免除を目的とする修士論文の指導にも対応しています。

大学の教員等の研究者の養成に教授陣が熱心に対応しています。

*より進学しやすい入学試験制度を整えています。

flowchart 研究指導スケジュール

修士課程法学専攻

STUDY MODEL 履修モデル

履修モデル

修士課程法学専攻

法学研究科修士課程で学ぶ目的は、研究者志望のみならず高度専門職業人としての資質を高めることなど、多様化しております。大学院志望者の志望目的に合わせた学修を行うことが求められております。そこで、法学研究科では志望者の参考になるよう履修モデルを提案しました。特に、研究職志望者のみでなく、高度専門職業人養成にも対応しております。

1 研究者・法曹などの養成を目的とする履修モデル

 博士後期課程に進学して研究者を目指す方や法曹を目指す方など、理論研究を中心とした学修を行うためのモデルです。

<参考例>  *「必修科目」とは、指導教授の講義科目(「○○特論」)と演習科目(「○○特論」演習)のことです。

 高度専門職業人を志望する方に対応して、即戦力となる専門知識の錬成をはかる学修に力点をおくモデル案です。

2 高度専門職業人育成を目的とする履修モデル

 博士後期課程に進学して研究者を目指す方や法曹を目指す方など、理論研究を中心とした学修を行うためのモデルです。

<参考例>  *「必修科目」とは、指導教授の講義科目(「○○特論」)と演習科目(「○○特論」演習)のことです。