大学院 
法学研究科
Graduate Schools
神田キャンパス

学位論文一覧

博士後期課程

年度専攻論文題目
平成28年度民事法学雇用形態を理由とする労働条件格差是正の法理 -日韓比較-
平成25年度公法学武力紛争における国際人権法と国際人道法の交錯
平成24年度公法学欠陥製品に関する刑事過失責任と不作為犯論

博士の学位の授与された者の当該学位論文の公表について

本学では、平成23年度の博士の学位授与者より博士論文の全文を「専修大学学術機関リポジトリ」にて公表しています。
また、平成25年度の博士の学位授与者より博士論文の全文に加えて、論文要旨および論文審査の結果の要旨を「専修大学学術機関リポジトリ」にて公表しています。

修士課程

年度論文題目
平成28年度譲渡所得課税における取得費に関する研究 -所得税法と相続税法の交錯-
同族会社の行為計算否認規定の射程の研究
更正処分の理由附記に関する一考察
質問検査権行使の発動要件に関する研究
平成27年度源泉徴収制度についての研究
後発的事由による更正の請求に関する考察
違法収集証拠排除法則の一考察 ~平成15年最高裁判決以後の証拠排除裁判例の累計別考察~
税法における実質主義の研究z
無人航空機の軍事的使用に対する国際人道法の観点からの一考察
国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約
平成26年度イギリスにおける雇用形態間の均等・均衡待遇
-日本のパートタイム労働・有期労働規制への示唆-
貸倒損失の法理と解釈
租税法律主義の視点から見る近時の判例における問題点
退職金等に対する課税の一考察
加算税減免規定における「更正の予知」に関する一考察 -過少申告加算税を中心として-
平成25年度譲渡所得課税における譲渡の意義 -離婚に伴う財産分与問題を中心として-
相続財産の移転に伴う二重課税の一考察 -相続税と所得税の二重課税問題を中心として-
仮装養子縁組の効力に関する一考察
サイバー攻撃に対する国際法の規律可能性
所得税法における必要経費に関する一考察
~必要経費該当性を争点とした注目裁判例を素材として~
質問検査権の研究 -国税通則法の改正の評価を踏まえて-
譲渡所得課税における所得の認識基準に関する研究 -課税のタイミングを中心に-
地方自治体における税の納付機会拡大に関する経営的考察 -八王子市を事例として-
中国における外国仲裁判断の承認及び執行
政党助成法の可否とその方途 -憲法学の視点から-
センディ

センディナビ