大学院 
経営学研究科
Graduate Schools
生田キャンパス

経営学研究科の概要

経営学と情報管理の融合

本研究科は経営学コースと情報管理コースから成り立っています。現在の企業経営では情報技術は欠かせませんし、情報関係だけ勉強しても、現実の企業でどのように活用されていくのかわからないようでは意味をなしません。
このような観点から大学院経営学研究科は経営学と情報管理を二本の柱として考えております。コースとは銘打っていますが、どちらのコースを選択しても、授業の履修には制限はありません。必要な情報をそれにふさわしい教員から得ることができ、かつともに研究することができる、それが本研究科の最大の特色と言えましょう。

段階を追った研究進捗状況の把握

本研究科では修士課程・博士後期課程とも中間研究発表会での発表を義務付け、多くの教員・大学院生の前で自らの研究内容を報告させています。これにより授業を履修していない他分野の教員からのアドバイスを受けることもでき、よりよい学位論文の作成につながるのです。

複数の教員によるチーム指導の試み

従来の大学院は一人の指導教員のもとに大学院生がつき、指導教員がマンツーマンで研究指導をするといういわば「徒弟制度」のようなスタイルが一般的でした。しかしながらこの方法では幅広い視野の育成、多様な方法論の習得といった点からすると問題もあります。
そこで本研究科修士課程では各大学院生のテーマに沿った教員達の授業を履修するだけでなく、将来の副査となるべき教員が個別に研究指導を行っています。最終的には指導教員が責任を負いますが、複数の教員の指導をうけることは修士論文のレベルアップに役立つことでしょう。

実務に通暁した教員構成

経営学における研究は現実に適用できるものであることが求められます。その点本研究科では実務を経験した教員が多く在籍しており、実務的観点からの研究指導も行われています。
経営学部は「理論と実践の融合」をスローガンにしていますが、経営学研究科も同様に「理論と実践」を意識した研究指導を実施しています。
経営学専攻(修士課程・博士後期課程)
(生田キャンパス)
 経営学研究科の大きな特色のひとつは、経営学コースに加えて情報管理コースを設置していることです。情報管理コースには、統計処理、多変量解析、経営工学、情報科学、ネットワークなどを専門としている理工系出身の教員が約10名も在籍しています。ですから、経営系や経済系、会計系、マーケティング系の学科の学生はもちろん、ネットワーク情報学部のような情報系や経営工学科などの理工系出身の学生も受け入れ可能です。そして、情報管理コースの修士課程を修了した学生は「修士(情報管理)」という理工系のような名称の学位が与えられます。これは魅力的ではないですか。就職活動においても、多くの企業では理工系の修士課程修了者として扱ってくれるので、安心して就職活動に臨めます。
 経営学研究科では、社会人入試をいち早く導入しました。現役の職業人や退職後、企業での経験をもとに研究者をめざす方も増えています。本研究科の社会人入試の特色は、学部卒の方でも、社会人経験が10年以上あり、その間の研究業績や実務業績が修士課程修了者と同等であると評価されたならば、博士後期課程に直接入学できることです。2017年度入試からは試験科目を変更し、より進学しやすい受験環境を整備したので、どんどん応募してほしいと思います。
 学部生には大学卒業後、プラス1年で修士課程修了をめざせる特修プログラムが好評です。例えば、教員採用試験や公務員試験では一度で採用に至らないこともありますが、特修プログラムなら、万が一、採用に至らなかったとしても修士課程2年に進め、修士号の学位を取得できます。ぜひ活用してほしい制度です。
 強いて課題をあげるとすれば、学生が他分野の教員を活用しきれていないことかもしれません。学生は指導教員の指導のもとで研究に取り組んでいますが、それだけでは視野が狭まってしまうこともあるでしょう。例えば、仮説の検証やアンケート調査の分析などを行う場合、情報管理コースの教員が役に立ちます。これは学生にとって大きなメリットであり、さまざまな分野の教員をもっと活用してほしいと願っています。
 そこで、学生たちが気軽に教員と交流できるようにするために、オープンスペースの設置について検討をしたいと考えています。経営学研究科には企業出身者も多く、多様な分野の教員や学生同士で意見を交わすことで、自分の視点にはない別のアプローチができるようになるでしょう。皆で高め合いながら多くを吸収してほしい。そのための環境づくりに、注力していきたいと思っています。

M大曽根研究科長

経営学研究科長 大曽根 匡
(経営学研究科/経営学部教授)

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的
経営学研究科は、経営学及び情報管理の分野における創造性豊かな研究能力を有する研究者等及び確かな教育能力を兼ね備える大学教員の養成並びにこれらの分野に関する卓越した専門知識及び能力を有する高度の専門職業人を養成することを目的とする。
卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経営学専攻

修士課程

 経営学研究科は、修士課程において、以下の資質や能力を身につけたうえで、所定の年限在学し、所定の単位を修得し、学位請求論文を提出して、その審査に合格した者に、修士(経営学)又は修士(情報管理)の学位を授与します。
(1)経営学及び情報管理の分野に関する広い視野に立って精深な学識を身につけていること
(2)経営学及び情報管理の分野において、研究者や教員、専門職業人に必要な学識を自ら活用できる能力を身につけていること
(3)経営学及び情報管理の分野における研究テーマを自ら設定し、データや資料にもとづく分析を積み重ね、研究成果を報告できる能力を身につけていること
(4)経営学及び情報管理の分野における問題を発見し、先行研究や実際の事例と向き合って論理的に分析でき、その解決策を導き出し、研究成果を論文としてまとめる能力を身につけていること
 

博士後期課程

 経営学研究科は、博士後期課程において、以下の卓越した資質や能力を身につけたうえで、所定の年限在学し、所定の単位を修得し、学位請求論文を提出して、その審査に合格した者に、博士(経営学)又は博士(情報管理)の学位を授与します。
(1)経営学及び情報管理の分野に関する広い視野に立って精深で卓越した学識を身につけていること
(2)経営学及び情報管理の分野において、創造性豊かな研究能力を有する研究者や確かな教育能力を兼ね備える大学教員、高度の専門職業人に必要な卓越した学識を自ら活用できる能力を身につけていること
(3)経営学及び情報管理の分野における研究テーマを自ら設定し、データや資料にもとづく分析を積み重ね、オリジナリティのある研究成果を学界等で報告できる能力を身につ けていること
(4)経営学及び情報管理の分野における問題を発見し、先行研究や実際の事例と向き合って論理的に分析でき、その解決策 を導き出し、オリジナリティのある研究成果を学会誌等の論文としてまとめる能力を身につけていること

 
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経営学専攻

修士課程

【教育課程の編成/教育内容・方法】
 本研究科のカリキュラムは、「経営学コース」と「情報管理コース」の2コースから構成し、それぞれ「講義」、「演習」、「中間研究発表会」及び「学位請求論文研究発表会」を適切に組み合わせた教育課程を体系的に編成しています。
(1)「講義」では、経営学及び情報管理それぞれの領域の専門知識を教授する科目を設置します。
(2)「演習」では、主として指導教授が研究テーマに沿った研究指導を行います。
(3)「中間研究発表会」では、指導教授及び副指導教授が、発表された研究テーマ及び内容に関し、適切かつ組織的な研究指導を行います。
(4)「学位請求論文研究発表会」では、主査及び副査が、提出された学位請求論文に対し、口頭試問を行います。

【学修成果の評価方法】
(1)講義科目の評価については、内容の理解度を、あらかじめシラバスで示した成績評価方法に沿って、講義担当教員が評価します。
(2)演習科目の評価については、自ら設定した研究テーマに関する研究過程の進捗状況と中間研究発表会における発表を、あらかじめシラバスに示した成績評価方法に沿って、演習担当教員が評価します。
(3)学位請求論文の評価では、主査及び副査が提出された学位請求論文と学位請求論文研究発表会における口頭試問に対し、あらかじめ示した論文審査基準に基づき、評価します。

博士後期課程

【教育課程の編成/教育内容・方法】
 本研究科のカリキュラムは、「経営学コース」と「情報管理コース」の2コースから構成し、それぞれ「講義」、「演習」、「中間研究発表会」及び「学位請求論文研究発表会」を適切に組み合わせた教育課程を体系的に編成しています。
(1)「講義」では、経営学及び情報管理それぞれの領域の高度な専門知識を教授する科目を設置します。
(2)「演習」では、主として指導教授が研究テーマに沿った研究指導を行います。特に、オリジナリティのある研究成果を出せるよう指導します。
(3)「中間研究発表会」では、指導教授及び副指導教授が、発表された研究テーマ及び内容に関し、適切かつ組織的な研究指導を行い、関連する学会等で発表できるレベルに達するよう指導します。
(4)「学位請求論文研究発表会」では、主査及び副査が、提出された学位請求論文に対し、口頭試問を行います。

【学修成果の評価方法】
(1)講義科目の評価については、内容の理解度を、あらかじめシラバスで示した成績評価方法に沿って、講義担当教員が評価します。
(2)演習科目の評価については、自ら設定した研究テーマに関する研究過程の進捗状況と中間研究発表会における発表を、あらかじめシラバスに示した成績評価方法に沿って、演習担当教員が評価します。
(3)学位請求論文の評価では、主査及び副査が提出された学位請求論文と学位請求論文研究発表会における口頭試問に対し、あらかじめ示した論文審査基準に基づき、評価します。
入学者に関する受入方針(アドミッション・ポリシー)

経営学専攻

修士課程

経営学研究科(修士課程)では、経営学及び情報管理の分野における創造性豊かな研究能力を有する研究者等及び確かな教育能力を兼ね備える大学教員の養成並びにこれらの分野に関する卓越した専門知識及び能力を有する高度の専門職業人を養成することを目的としています。そのために、次に掲げる人を求めます。
 経営学研究科経営学専攻(修士課程)の入学者に求める資質・能力等
(1)大学の教育課程において、経営学及び情報管理の分野に関する幅広い知識、あるいは、文化・歴史・社会・自然など幅広い教養を修得している人
(2)経営学及び情報管理の分野に関心を持ち、研究者や教員、専門職業人を目指す意欲を持つ人、或いは、経営学及び情報管理の分野で自らの能力をさらに磨き、経営現場でリーダーシップを発揮して活躍したいと望んでいる人
(3)経営学及び情報管理の分野における合理的な研究テーマを提示でき、論理的な思考や数値的な分析を積み重ねて、研究成果を導き出す素養を持つ人
(4)先行研究や実際の事例と向き合い理論的に分析でき、修士論文として仕上げる素養を持つ人

博士後期課程

経営学研究科(博士後期課程)では、経営学及び情報管理の分野における創造性豊かな研究能力を有する研究者等及び確かな教育能力を兼ね備える大学教員の養成並びにこれらの分野に関する卓越した専門知識及び能力を有する高度の専門職業人を養成することを目的としています。そのために、次に掲げる人を求めます。
 経営学研究科経営学専攻(博士後期課程)の進学者に求める資質・能力等
(1) 大学院修士課程の教育課程において、経営学及び情報管理の分野に関する幅広い知識と特定の専門分野に関する卓越した知識を修得している人
(2)経営学及び情報管理の分野に関心を持ち、研究者や大学教員、専門職業人を目指す意欲を持つ人、あるいは、経営学及び情報管理の分野で優れた経験を持ち、それを理論化しようとする意欲を持つ人
(3)論理的な思考や数値的な分析を積み重ねて、卓越してオリジナリティのある研究成果を導き出す素養を持つ人
(4)自らの研究成果を学内外において報告でき、そこでの有効なディスカッションを経てさらに研究成果を高め、それを博士論文として仕上げる素養を持つ人
センディ

センディナビ