ネットワーク情報学部
School of Network and Information
生田キャンパス

情報学の理論とスキルをベースに、世の中に価値を発信できる力を身につける

情報学、情報技術の進歩は速く、2001年にネットワーク情報学部が誕生したころには存在しなかった技術、アイデアがスマート端末などに利用され、普及しています。本学部での学びも学生や世の中のニーズにあわせて進化していかなければなりません。しかし、最新の知識を縦横に使いこなすためには、確かな基礎と広い視野、そして、自ら課題を発見する積極性が必要です。
そこで、ネットワーク情報学部では、コンピュータの基礎的な理論を徹底的に学ぶとともに、豊富な演習科目やプロジェクトを通した実践のなかで、情報の表現力、コミュニケーション能力などのスキルを磨くカリキュラムを用意しています。その学びを通して、情報技術を活用した新しい価値を世の中に提案できる力が身につきます。その能力を駆使して、現実社会の課題をどのように解決していくか、ネットワーク情報学部で磨いた実力を試す場所は、社会の至るところにあります。

学科

ネットワーク情報学科
将来にあわせた高度な情報学を身につけ、
社会に貢献できるプロフェッショナルへ。
ネットワーク情報学部の卒業生は、国家公務員や地方公務員など公共分野や民間企業で数多く活躍しています。
プロジェクト
ネットワーク情報学部の3年次では、ゼミナールに代わる必修演習科目「プロジェクト」を履修します。
ネットワーク情報学部卒業後の進路・就職支援
システムエンジニアやITコンサルティング、コンテンツ・ビジネス企画など様々な業種の情報システム関連会社で活躍しています。

ネットワーク情報学部紹介ムービー

動画制作:2012年度(取材時と内容変更している場合もございます)

21世紀社会を切り拓く人材を育てたい。

21世紀型の情報学部構想でスタートを切ったネットワーク情報学部、これまで多くの大学が本学部の学びの領域を追随してきました。私たちは新領域のパイオニアとして、基礎演習3領域「インタラクション・デザイン」「データ分析」「ソフトウェア開発」と8つのプログラムの専門領域で、世の中にまだないものをつくれる人材、世の中へ情報発信をしたり、仕組みを構想・提案する人材をつくりあげていきたいと思っています。強い動機と適性のある皆さんを、専任教員が育てあげます。
ネットワーク情報学部長 江原 淳

ネットワーク情報学部 DATA

取得できる学位

学士(情報学)

人数

教員数(専任者)
入学定員数
学生数

30名
235名
1,069名

学生男女比

ネットワーク情報学科
男:71%女:29%

取得可能な資格

ネットワーク情報学科
・中学校教員免許(数学)・高校教員免許(数学、情報)
・司書・司書教諭・学芸員

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

ネットワーク情報学部の目的

ネットワーク情報学部ネットワーク情報学科は、社会における情報の収集、処理、発信等の過程に関する包括的な教育研究を通じて、創造的かつ学際的な知識を有する人材を養成することを目的とする。
ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
ネットワーク情報学部は、社会における情報の収集、処理、発信等の過程に関する包括的な研究教育を通じて、創造的かつ学際的な知識を有する人材を養成することを目的としています。次に掲げる目標を達成した学生に学士(情報学)の学位を授与します。

ネットワーク情報学科


(1)情報学における情報と、それを扱う原理・機構・人間、社会への応用について俯瞰的に理解し説明できる。(知識・理解)
(2)論理的・数理的思考能力、数量的スキル、情報通信技術、情報倫理、創造的思考能力を身に付け、情報を扱う際に活用できる。(技能・表現)
(3)修得した知識・技能を活用することにより、社会における様々な問題を発見・分析し、解決案を設計し、それを表現して説明できる。(思考・判断、技能・表現)
(4)問題解決の過程で、他者とコミュニケーションをとりながらチームで協働し、活動を推進することができる。(関心・意欲・態度、技能・表現)
(5)社会における問題を発見・解決する際に、人間・社会・自然・健康との関係、多様な文化・価値観、新たな情報技術、関連する学問等を考慮し、それに関する知識・技能を自ら学習できる。(知識・理解、関心・意欲・態度)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
ネットワーク情報学部では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質や能力を身につけるための教育課程として、転換教育課程、導入教育課程、教養教育課程、専門教育課程の科目を体系的に編成し、講義、演習を適切に組み合わせた授業を行います。教育課程、教育内容・方法・学習成果の評価方法については、以下のように方針を定めます。

ネットワーク情報学科

(1)教育課程

  • 転換教育課程として、1年次に専修大学入門科目を配置しています。
  • 導入教育課程として、1年次に専修大学基礎科目(キャリア教育関連科目、基礎自然科学、外国語基礎科目、スポーツリテラシー)を配置しています。
  • 教養教育課程として、1・2年次に人文・社会科学関連の基礎的な科目(人文科学基礎関連科目、社会科学基礎関連科目)、2年次以降において学際的なテーマを扱う科目(融合領域科目)、そして全学年を通じて自然科学系科目、外国語系科目、保健体育系科目を配置しています。
  • 専門教育課程では、1年次に基礎的な情報学の科目を、2年次以降には発展的な情報学の科目を、そして全学年を通じて演習科目を配置しています。

(2)教育内容・方法

  • 必修科目「専修大学入門ゼミナール」では、社会知性の開発を目指す専修大学の学生としての自覚と心構えを持ち、大学での学修に求められる技能や能力(読解力・思考力・プレゼンテーション力・文章力)を身につけます。必修科目「あなたと自然科学」では、身近な自然現象や最先端の科学に対して関心を持ち、諸問題について自ら考える力を身につけます。外国語基礎科目では、語彙・文法などについて基礎的かつ体系的に理解し、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野から様々な問題に取り組む力を身につけます。必修科目「スポーツリテラシー」では、スポーツを通じてコミュニケーション・スキルを育みながら、実践的な身体活動やスポーツが有する価値の学修を通して、社会生活上の諸問題を解決できる力を身につけます。
  • 人文科学基礎関連科目、社会科学基礎関連科目、自然科学系科目では、それぞれの分野が対象とする問題や知見、用語を知り、社会の諸問題について、 自ら考え、解決に取り組む力を身につけます。融合領域科目では、同じテーマであっても複数の領域からのアプローチが存在することを理解し、多面的な思考能 力や幅広い視野から社会の諸問題の解決に取り組む力を身につけます。外国語系科目では、導入教育課程の外国語基礎科目の修得を踏まえ、より高度なレベルの 運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社会について理解を深め、幅広い視野から様々な問題に取り組む力を身につけます。 保健体育科目では、導入教育課程のスポーツリテラシーの修得を踏まえ、スポーツを通じてコミュニケーション・スキルを育みながら、実践的な身体活動やスポーツが有する価値の学修を通して、社会生活上の諸問題を解決できる力を身につけます。文理を幅広く学修するよう、人文科学基礎科目及び社会科学基礎科目 から8単位の履修を推奨し、自然科学系科目から4単位を選択必修、保健体育系科目から「スポーツウェルネス」を必修とします。(教育課程、教育内容)
  • 英語によるコミュニケーション能力を高めるために、1年次には外国語基礎科目の英語B群から2単位、2年次には外国語系科目の英語D群から2単位 を選択必修とします。入学時にプレースメントテストを実施し、そのスコアに基づくクラス編成をとることで学生自身の学修進度にあった能力の育成をはかります。より高度な能力を修得できるよう外国語系科目の選択科目、情報学と関連した内容での能力を修得できるよう専門教育課程の情報英語科目群を用意します。 (教育課程、教育内容・教育方法)
  • 専門教育課程では、1年次において10科目の必修科目を配置し、情報学に関する基本知識・技能を修得するとともに、転換・導入教育課程の科目と連 携しアカデミックスキルも修得します。2年次への進級要件を設定し、情報学の基本知識・技能の多くを修得した上で、2年次以降の高度な学修に進めるように します。(教育課程、教育内容)
  • 専門教育課程の2年次以降では、情報学のより高度な知識・技能、問題解決能力を修得します。将来の目標と対応付けした8つの「プログラム」(コン テンツデザイン、メディアプロデュース、ネットワークシステム、フィジカルコンピューティング、経営情報分析、ITビジネス、社会情報、情報数理)と1つ の「副プログラム」(情報英語)ごとに学修・教育目標、カリキュラムツリーを用意し、体系的に科目を履修できるようにします。各「プログラム」で指定した必修科目・選択必修科目から所定要件を修得した学生には、卒業時に各プログラムの修了認定をします。(教育課程、教育内容)
  • 1、2年次の必修演習科目(リテラシー演習、情報表現演習、プログラミング演習1、情報分析演習)及び選択必修演習科目(インタラクションデザイ ン、ソフトウェア開発、データ分析の3つの基礎演習、プログラム毎に用意されている8つの応用演習)では、情報学の知識・技能に加えそれらを活用した問題 解決能力を段階的に修得させます。様々な解決案が存在する問題に対して、問題の分析から解決案の設計・具体化、説明・発表までの一部又は全体を、個人又は グループで経験させます。少人数クラスを編成し、教員及びTA・授業補助員によるチームティーチングを実施します。(教育課程、教育内容・教育方法)
  • 3年次必修演習科目「プロジェクト」では、1チーム10人程度の人数によりPBLを行います。約10か月間、授業時間外を含めた活動を通して、問題を発見・分析し解決案を設計・説明する力、他者とコミュニケーションしながらチームで協働して活動を進める力、これまで修得してきた知識・能力を総合的 に活用する力、必要となる知識・技能を自ら学ぶ力などを発展させます。基礎演習又は応用演習の内一つ以上単位修得した者のみプロジェクトの履修を認めま す。さらに高度な専門的知識・技能、思考・説明能力を修得したい学生のために、選択科目として「卒業演習」(4年次)、「特殊演習」(2~4年次)を用意します。(教育課程、教育内容・教育方法)
  • 数学を基盤として、情報学を理解するための論理的・数理的思考能力および数量的スキルを修得するために、「数理リテラシー」、「線形代数」、「基 礎解析」を、2単位以上修得する専門選択必修科目として用意します。高等学校までの数学の学習状況に応じて適切に科目選択がなされるよう指導します。(教育課程、教育内容・教育方法)
  • 1年次必修科目「情報と社会」及び3年次必修科目「情報キャリアデザイン」において、社会人・卒業生の講演や対話を通じて、大学の学びと自分の将来のキャリアを考える機会を用意します。2~3年次選択科目「企業研修」において、職業体験型インターンシップの機会を用意します。(教育課程、教育内 容・教育方法)
  • 授業時間外に十分学習できるように、履修上限単位を適切に設定するとともに、各授業では学生が自ら考え実践する課題を用意します。学部専用のコン ピュータルーム及びグループ学習・作業用スペース、オンラインでの学習支援環境の整備、自習用ノートパソコンの配布など、時間外学習のための環境を用意します。(教育課程、教育内容・教育方法)

(3)学修成果の評価方法

  • 専門教育課程科目においては、学習目標に応じて、筆記試験、レポート、課題制作物と制作プロセス、授業内での意見、グループディスカッション、クラス内外の人たちへの発表など多様な評価対象と評価観点を組み合わせて評価を行います。学生たちが自らの学修達成状況を確認できるよう、教員が様々な方法で成果のフィードバックを返します。(学習方法・学修成果の評価方法)
  • 情報学の知識の理解に対する評価。基本的な内容に対しては1年次の専門必修科目をすべて合格しているか、発展的な内容に対してはそれ以外の専門科目を卒業要件単位数以上修得しているかを以って評価します。(学修成果の評価方法)
  • 情報を扱う際に必要となる技能に対する評価。1~3年次に配当されている必修及び選択必修の演習科目において、段階に応じた技能を獲得できているかを以って評価します。(学修成果の評価方法)
  • 問題の発見・分析、解決案の設計、表現・説明に関する能力に対する評価。2年次選択必修科目「応用演習」及び3年次必修科目「プロ ジェクト」において、様々な解決案が存在する実際に近い問題に対して一定期間取り組ませ、その過程を通じてこれらの能力が身についているかを以って評価します。応用演習では複数の担当教員により、多面的に評価を行います。(学修成果の評価方法)
  • 問題解決活動において、他者とコミュニケーションをとりながらチームで協働し推進する能力に対する評価。3年次必修科目「プロジェクト」の活動実施過程を通じて能力が身についているかを以って評価します。(学修成果の評価方法)
  • 問題を発見・解決する際の様々な考慮及び自己学習能力に対する評価。導入教育課程及び教養教育課程科目の中から卒業要件単位数以上修得しているか、専門教育課程科目の中から卒業要件単位数以上修得しているかを以って評価します。(学修成果の評価方法)
アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

ネットワーク情報学科

(1)大学入学前の様々な教育課程での学修内容を幅広く修得している人。
(2)高等学校の教科情報等、大学入学前の学習を通じて、情報学に関心を持ち、情報学を活用して社会の問題に取り組む意欲がある人。
(3)論理的・数理的思考と数量的スキルの基礎となる、算数・数学の基本的な知識・技能を身に付けている人。
(4)自己や他者の思考・判断を理解し、表現することができる、日本語によるコミュニケーション能力を身に付けている人。
(5)自己とは異なる思考・価値観を有する他者を含むグループでの学習活動に、主体的に参画する態度を有している人。
(6)様々な活動を通じて得た経験や能力を活かし、自らを主体的に成長させる意志を有している人。
(7)大学入学後に必要となる基本的な知識・技能が若干不足している場合でも,入学までの準備期間を活用し自らの不足を補うことができる人。
また、そのために、入学者選抜においては、以下のような評価方法を用います。
・各種一般入学試験においては、筆記試験により1及び4を評価します。
・各種推薦入学試験においては、調査書、志望理由書、課題作文により1~7を総合的に評価します。
・AO入試においては、調査書、志望理由書、自己推薦書、作文、面接により1~7、特に2、4、6、7を重視して評価します。

TOPICS

センディ

センディナビ