法学部 
政治学科
Department of Politics
神田キャンパス

政治学科

柔軟なカリキュラム編成と少人数教育で、
政治のあり方を主体的に考える力を養う。

政治学科では、政治の理論や歴史から、今まさに議論されている経済格差、民族紛争、国際テロなどの問題まで研究対象としています。めざすは、自立した個人としての価値観を持ち、政治学を学ぶことで培った政策能力により、公共利益のために貢献することができる人材の育成です。本学科の最大の特徴は、1~4年次までを通し半期ごとに完結する学びやすいカリキュラムと、少人数クラスでの教育です。2年次から選択するそれぞれのコースは、政治学の専門的研究の基礎が修得できるだけでなく、選択したコース以外の科目も興味・関心に沿って履修できます。自ら学びを広げていける柔軟なカリキュラム編成となっています。

学びの特徴

幅広い知識欲を刺激

幅広い知識欲を刺激

専門性を深めつつ、総合的な視野を養うため、各コースは緩やかな構成になっています。選んだコースの科目を軸に、興味・関心に沿って他コースや法律学科の科目から幅広く学ぶことが可能です。
徹底した少人数教育

徹底した少人数教育

1年次の「専修大学入門ゼミナール」や「基礎文献講読」、2年次の「基礎演習」、3・4年次の「専門ゼミナール」など、徹底した少人数教育で、政治学だけでなく社会で役立つスキルを身につけます。
アカデミックアドバイザー制度

アカデミックアドバイザー制度

学生一人ひとりの力を伸ばすため、少人数クラスの担当教員が学生生活や学修の相談に応じ、助言する制度です。勉学や就職などについて困ったとき、疑問を持ったときにご利用ください。

3つの研究科目群

政治理論・歴史コース
自由とは何か、自由主義はどうあるべきか、グローバル化の中で揺れている国家の形は今後どうなるのか。政治の一般理論と歴史研究、倫理・規範の学修に力点を置きながら、政治学の最新の議論も含め、21世紀の国際社会形成を支えるグローバルな視野を育てます。
国際政治・地域コース
国際社会の政治的な動きを理解しようとするコースです。また、諸外国・諸地域を研究対象に、個別の歴史的視点や政治形態について考察し、分析を試みます。国際的に展開する企業、様々な国際機関など、国際舞台で求められる能力を養成します。
日本政治・政策コース
グローバル社会では、地方公共団体であっても、世界の政治の動向を無視できなくなっています。日本の政治と政策形成のプロセスを理解し、自ら日本の政策を形成できる能力を育てるとともに、国内外の様々な分野でリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

成長のプロセス

成長のプロセス1年次_政治学科
1年次
主体的に学ぶ姿勢を身につける
政治学や行政学などの基礎を学びながら、主体的に学ぶ姿勢を身につける。
成長のプロセス2年次_政治学科
2年次
3つのコースから選択する
3つのコースの中からひとつを選択し、それを軸にして専門的研究の基礎を学ぶ。
成長のプロセス3・4年次_政治学科
3・4年次
ゼミで興味に基づいた研究
関心のある研究テーマのゼミに参加する。また、進路に応じた専門的研究を深める。
世界が抱える問題を主体的に発見し解決していく人材へ。
センディ

センディナビ