国際コミュニケーション学部 
異文化
コミュニケーション学科
Department of Intercultural Communication
神田キャンパス

異文化コミュニケーション学科

多様化する世界で他者と出会い、異文化とコミュニケーションを学ぶ4年間。


異文化コミュニケーション学科では、言語や文化の多様性に深い理解を持ち、複数言語によるコミュニケーション能力を持って国際社会に貢献できる人材の育成を目指します。
 

学びの特徴

異文化コミュニケーション学科が育成する力
①世界の多様な言語と文化を、広い視野から理解する力。
②異文化や他者への深い関心と共感を持ち、国際社会を多面的に捉える力。

全員留学による語学力の充実と異文化体験(2年次前期)

留学準備(1年次)

本学教員による少人数の語学授業に加え、語学学校として定評のある「ベルリッツ」のネイティブ教員による実践力アップのための語学授業(英語)を履修します。
 
留学中(2年次前期)

充実したプログラムにより外国語運用能力を伸ばし、異文化体験を通じて実践的コミュニケーションを学びます。
 
留学後(2年次後期~)

帰国後は、それぞれの留学体験に基づいて活発に相互交流し、異文化理解とコミュニケーションの力をいっそう深める「異文化交流ワークショップ」や「ゼミナール」など、多くの授業が用意されています。
 

異文化理解とコミュニケーション能力の育成~異文化理解のための3本柱~

1.文化を知る

世界の文化の多様性や横のつながりを知る。
「文化研究の視点」
「文化の衝突と融合」
「移動と交流の文化史」
「比較文化」「宗教と文化」 など
2.コミュニケーションを磨く

言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションを総合的に捉え、受信と発信の力を磨く。
「ことば・身体・映像」
「ことばのしくみ」
「身体とコミュニケーション」 など
3.地域を研究する

世界各地域の特性を理解・研究する。
「世界の文化を知る」(北米・ラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジア)「地域研究」(北米・ラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジア・中国)「テーマ研究」(北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、中東欧・ロシア、イギリス、アジア、中国) など

複数の外国語を学ぶ

英語ともうひとつの外国語(フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・コリア語から選択)を、専門科目として学びます。複数の外国語を学ぶことで、言語の類似点と相違点が見えてきて、日本語も含めた言葉そのものの仕組みやはたらきへの理解が深まります。 1学年あたり150名の学生に対して、30名を超える専任教員が、丁寧で行き届いた少人数教育を行い、国際レベルの外国語運用能力※を身につけます。

※ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)において
英語…Bレベル(自立した言語使用者)以上
もうひとつの外国語…A 2レベル(日常会話に困らない程度)以上への到達を目指します。
そのほか、ロシア語、インドネシア語、アラビア語、イタリア語、チェコ語、ベトナム語などの言語も学べます。

履修モデル例

異文化コミュニケーション学科では、異文化理解のための3本柱「文化」「コミュニケーション」「地域」を総合的に学びます。そのうえで、「文化」「コミュニケーション」「地域」のいずれかに焦点を当てた「ゼミナール」での学びを経て、「卒業研究」を完成させます。

異文化コミュニケーション学科

センディ

センディナビ