商学部 
マーケティング学科
Department of Marketing
生田キャンパス

コース紹介

マーケティング学科は「ビジネスマインド」の育成を目標として、ビジネスについて理論、実務の両方の観点から学ぶ学科です。2年次にはあなたの興味・関心をベースに4つのコースの中から1つのコースを選択します。それぞれのコースで卒業後の進路を想定しながら学ぶことができます。

マーケティングコース

社会の動きの中で流通の仕組みを学ぶ。
消費者、企業、マーケットを複眼で体系的にとらえる。

企業がどのような商品やサービスを開発すれば顧客は喜ぶでしょうか。どのような店舗を作り、品揃えすれば繁盛するでしょうか。また、どのような広告を制作すれば消費者に受け入れられるでしょうか。
こうした課題に取り組みながら、顧客を満足させ、社会に貢献し、企業の利益を生み出すしくみを作ることこそが、マーケティングなのです。日本有数の教員を擁する本コースでは、目的問題意識に合わせてさまざまな角度からマーケティングを学ぶことができます。

主要科目の履修の流れ

マーケティングコース
マーケティングコースSP
主要科目紹介
「商業政策」では、商業や流通といった民間組織の経済活動に対する、政府や地方自治体の働きかけについて学びます。まちづくり、大型店規制、独占禁止法、農産物流通などがテーマになります。
「マーケティング」では、企業が行う販売に関連する諸活動を学びます。どのような製品やサービスを、どのような価格で、どのように流通させるか、またどのような広告を行うのかについて学びます。

マーケティングコースの履修モデル

将来の進路に合わせて、自分でモデルを選択し、カスタマイズできます。
A.メーカーや流通企業での営業・販売等の仕事をめざす
B.製品や広告の企画・開発、消費生活アドバイザーの仕事をめざす
C.マーケティング・ブロフェッショナルをめざす
D.家業(自営業)の継承・発展や起業をめざす
E.街の活性化のために自治体公務員をめざす

卒業後のイメージ

●製品開発担当者・広報担当者 ●メーカー等の営業担当者・販売担当者 ●起業家・自営業 ●地方公務員 ●経営コンサルタント・中小企業診断士 ●消費生活アドバイザー など

ファイナンスコース

金融・証券・保険を総合的に学ぶ。
「ファイナンス」を理解し、激動の時代を読み取る。

ファイナンスコースでは、現代の金融ビジネスに注目しながら、ファイナンスの基本理論を金融・証券・保険の3つの側面から学び、金融サービスの本質が理解できるようにカリキュラムが組まれています。また、金融機関と提携し、寄付講座として特殊講義を開講する年度もあります。理論的な専門科目と合わせて、実践的なファイナンスが体系的、総合的に学んでいけます。

主要科目の履修の流れ

ファイナンスコース
ファイナンスコースSP
主要科目紹介
「金融サービス」では、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関が社会でどのような働きをしているか、具体的事例に基づき学びます。
「金融論」では、現金や預金が経済の中で果たしている機能、金融市場や金融機関の役割など、金融の基本的なしくみや考え方を理解し、それらへの規制の意義や政策の効果、経済全体に及ぽす影響などについて学びます。

ファイナンスコースの履修モデル

将来の進路に合わせて、自分でモデルを選択し、カスタマイズできます。
A.新時代の金融プロフェッショナルをめざす
B.金融機関や企業財務部門での活躍をめざす
C.保険業(損害保険•生命保険)、大手保険ブローカーでの仕事やリスクマネージャー、保険代理店、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士などをめざす

卒業後のイメージ

●一般企業の財務部門 ●保険ブローカー ●信託銀行の信託業務 ●損害保険・生命保険の代理店 ●銀行・証券・保険会社の営業事務 ●ファイナンシャルプランナー など

グローバルビジネスコース

新しい時代感覚と実践力を身につける。
21世紀のグローバルなニーズに対応した人材を育てる。

グローバルビジネスコースは、グローバルなビジネス環境の中で優れた問題解決能力を持つビジネスリーダーやスペシャリストを育成することを目的としています。また、ベンチャービジネスなどの新しい事業を起こしたり、企業を経営したり、企業や官公庁の企画や立案などのできる人材の育成もめざしています。グローバルなビジネス環境のもとで生起する経営上の課題について、目的問題意識に合わせてさまざまな角度から学ぶことができます。

主要科目の履修の流れ

グローバルビジネスコース
グローバルビジネスコースSP
主要科目紹介
「グローバルビジネス」では、貿易投資の自由化をめぐる国際的な協定、経済協力や諸外国の市場経済化をめぐるグローバルなビジネス活動の機会と課題について学びます。
「現代企業」では、株式会社の設立、企葵形態、経営組織、生産、販売、労務管理等のほか、コーポレートガバナンスなど、企業が直面する現代的課題についても学ぶことができます。

グローバルビジネスコースの履修モデル

将来の進路に合わせて、自分でモデルを選択し、カスタマイズできます。
A.総合商社・専門商社・貿易会社・大企業の海外ビジネス部門での活躍や国家試験「通関士」をめざす
B.世界市場で活躍する「中小・中堅企業経営者」や「起業家」・「中小企業診断士」などをめざす
C.グローバルに展開するビジネスの経営戦略や企画部門・官公庁でのビジネスジリーダーやスペシャリストをめざす

卒業後のイメージ

●国際ビジネスバーソン ●自治体の商工業行政 ●起業家・自営業 ●企業の企画・戦略策定 ●NPO・NGOスタッフ ●ビジネスコンサルタント など

ビジネスインテリジェンスコース

ビジネスの難問を知性で解決する術を学ぶ。
現代のコミュニケーション能力を磨く。

ビジネスインテリジェンスコースは単に、ビジネスに役立つ知識や技術を学ぶコースではありません。本コースの目標は、ビジネスに不可欠な理論的基礎やそれらの知識に基づくコンピュータシミュレーションを用いて、社会で活躍するための「知的体力」を身につけることにあります。その上で、実際のビジネスの場で臨機応変に対応する能力やビジネスチャンスを活かすための能力をきたえます。資格取得、留学、大学院への進学準備もしやすい柔軟な科目編成となっています。
ビジネスインテリジェンスコースは、激動のビジネス環境で最適な判断を下すことのできるビジネスバーソンを育成します。

主要科目の履修の流れ

ビジネスインテリジェンスコース
ビジネスインテリジェンスコースSP
主要科目紹介
「ビジネスインテリジェンス」では、ICT(情報伝達技術)を活用しながら、ビジネスエコノミクスやデータ分析などを応用し、優れた意思決定に活用する方法論の基礎を学びます。
「ビジネスエコノミクス」で、消は費者と生産者の行動を分析し、両者が取引する「市場」についての理論(ミクロ経済学)を学びながら経済とビジネスの関係、企業の経済行動および意思決定を中心に学びます。

ビジネスインテリジェンスコースの履修モデル

将来の進路に合わせて、自分でモデルを選択し、カスタマイズできます。
A.ビジネスエコノミクスとストラテジーを学ぶ
B.コンピュータ利用技術と理論を学ぶ
C.資格の取得をめざす、体験的に学ぶ
D.留学・大学院進学をめざす

卒業後のイメージ

●各種企業・要資格業・NPO ●高等学校情報科教員 ●留学・大学院進学 ●起業家・自営業 ●国家公務員、地方公務員など
センディ

センディナビ