躍動と躍進神田キャンパスに
新校舎が誕生

New Building on Kanda Campus Opening in 2020 “The Center of Tokyo”

九段下駅近くの靖国通り沿いの新校地に16階建ての高層新校舎を建設し、2020年4月からの運用開始を予定しています。現校舎と新校舎の融合を図り、一体化した都市型キャンパスとしての魅力ある学修環境を整備します。神田キャンパスでは、法学部に加え、商学部が生田キャンパスから移転され、国際コミュニケーション学部が新設されます。都心に国際色あふれる学びの場が誕生します。

  • 法学部

    法学部

  • 商学部

    商学部

  • 国際コミュニケーション学部

    国際コミュニケーション学部

魅力ある学修環境を整備した
都市型の高層新校舎

新校舎には、法学部に加え、生田キャンパスから移転する商学部と、2020年設置の国際コミュニケーション学部の学生らが学びます。ガラス張りの外観で洗練された地上16階建ての新校舎は、専修大学の施設の中では最も高層の建物となります。
千代田区神田神保町という東京の中心地に位置し、ゼミ室や講義室などの各種教室のほか、16階にプレゼンテーションホール、15階にグローバルフロア、13・14階にはメディアセンター(図書館)、7階に学生ラウンジ、3階に多目的ホールと、都市型高層校舎ならではの学修環境を整備し、さらに1階にはカフェの併設やサクラなどを植栽し、地域に開かれた空間となります。

魅力ある学修環境を整備した都市型の高層新校舎

東京の中心地「神田神保町」
好奇心を刺激する立地環境

新校舎は千代田区神田神保町という東京の中心地に位置し、周辺には各種教育施設をはじめ、国会議事堂、最高裁判所、各種省庁などにも近く、さらに大使館や文化会館など各国の主要施設や科学技術館、近代美術館といった公的機関が多く、学生の知的好奇心や探究心を刺激します。また、東京の中心地にいながら、皇居や千鳥が淵の緑、靖国神社や日本武道館など、水と緑の癒しを感じる自然豊かなスポットも点在しており、キャンパスライフを充実させるに相応しい、最適な立地環境となっています。

東京の中心地「神田神保町」好奇心を刺激する立地環境

主要ポイントまでの徒歩所要時間

新校舎までの徒歩所要時間(分)と距離

3駅5路線利用の
便利な交通アクセス

3駅5路線が利用可能な好アクセスの立地に神田新校舎が誕生します。
東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線「九段下駅」5出口より徒歩1分の駅近で、通学にとても便利です。その他、東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町駅」A2出口徒歩3分、JR線「水道橋駅」西口より徒歩7分と、3駅5路線が利用可能です。また、最寄り駅からは東京駅や新宿駅まで7分(乗車時間のみ)と短く、神田キャンパスを中心に行動範囲も広がります。

3駅5路線利用の便利な交通アクセス

最寄駅からの所要時間

東京メトロ東西線 「九段下」駅5出口より
徒歩1分
東京メトロ半蔵門線 「九段下」駅5出口より
徒歩1分
都営新宿線 「九段下」駅5出口より
徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「神保町」駅A2出口より
徒歩3分
JR中央・総武線 「水道橋」駅西口より
徒歩7分

神田キャンパス最寄り駅までの所要時間
(乗車時間のみ)

最寄駅からの所要時間

新校舎概要

所在地 東京都千代田区神田神保町3丁目4番1他24筆(地番)
敷地面積 1,927.88㎡
建築面積 1,043.45㎡
延床面積 15,918.53㎡(大学HPでは15,740㎡)
構  造 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
階  数 地上16階、地下1階
高  さ 78.94m

建設の様子

神田新校舎建設の現在をリアルタイム配信でご覧いただけます。(9:00~17:00のみ)

TOPへ