• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

【SDGs】応用演習(社会情報)

応用演習(社会情報)


ネットワーク情報学部
 望月 俊男 、 中西 紹一

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_4763

【カテゴリー】教育
【取り組み主体】個人
【取り組み形態】授業(ゼミナール活動含む)
 応用演習(社会情報)は、「ワークショップ」と呼ばれる協創的コミュニケーションの場づくりの方法を学びながら、課題やニーズの分析を行い、人々がこれまで気づかなかったようなあたらしいサービスや商品の提案を行う演習です。2019年度は、コンビニエンスストアにおけるレジ袋ゼロ(有料化)方針にちなみ、伊藤忠リーテイルリンク・読売広告社の協力を仰ぎ、「レジ袋のない未来のコンビニのあり方」を大きなテーマに、ワークショップの実施と、その場で得られた会話のデータ分析をもとに、イノベーティブなアイデアを提案する演習を行っています。

【SDGsアイコン】11住み続けられるまちづくりを(150*150)

【SDGsアイコン】12つくる責任つかう責任(150*150)


授業の様子

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_2881

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_2889

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_2319

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_2301

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_2309

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_4774

【SDGs|NE 望月先生 PHOTO】IMG_4762

【SDGs|NE 望月先生PHOTO】IMG_4738

センディ

センディナビ