【SDGs】海外客員教授による「国際交流特別講演会」

国際交流センター委員会(国際交流事務課)

【SDGs】「教育」共通アイコン
 国際交流特別講演会は、主に国際交流協定校から来日している海外客員教授を講師として迎え、本学学生のみならず近隣住民など一般の方向けに、社会貢献活動の一環として実施している公開講座である。
 講演会は、前期・後期それぞれの土曜日などに実施しており、テーマは、各国の政治経済や宗教、会計学、社会問題などに専門的かつ多種多様な分野にわたる。また、海外客員教授が分かりやすい英語で丁寧に講演を行うため、地域住民への「生涯学習」の場として機能しており、参加者の「国際理解」、「地域貢献」にも寄与している。これらは、ターゲット4.7に該当する。
 また、ラオス国立大学から3年間にわたり教員を招聘し、本講演会及びラオス国内における複式簿記の普及活動に関わる共同研究を実施しており、後発開発途上国における教員研修を通じて国際協力をしているため、ターゲット4.cにも該当する。
【カテゴリー】教育
【取り組み主体】委員会、部会等:国際交流センター委員会
(国際交流事務課)
【取り組み形態】講演会
【SDGsアイコン】01貧困をなくそう
【SDGsアイコン】02飢餓をゼロに
【SDGsアイコン】03すべての人に健康と福祉を
【SDGsアイコン】04質の高い教育をみんなに
【SDGsアイコン】08働きがいも経済成長も
【SDGsアイコン】09産業と技術革新の基盤をつくろう
【SDGsアイコン】10人や国の不平等をなくそう
【SDGsアイコン】13気候変動に具体的な対策を
【SDGsアイコン】16平和と公正をすべての人に
【SDGsアイコン】17パートナーシップで目標を達成しよう