• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

商学研究所

INFORMATION

ようこそ専修大学商学研究所へ

201910
専修大学商学研究所 所長 渡邊隆彦

 

専修大学商学研究所は、1965年に創設された専修大学商学部と歩調を合わせ、19661月に誕生しました。以来50年余にわたり、研究の場としての商学研究所は、教育の中心である商学部と共に歩んでまいりました。

この半世紀で、ヒト・モノ・カネ・情報の流れや取引の方法は大きく変わりました。今や、地球の裏側の情報もリアルタイムで共有することができますし、通販サイトから即日で商品が届けられます。支払い方法も、現金の受け渡しから電子マネー等によるキャッシュレス化が急速に普及しています。


学問としての「商学」を取り巻く現実の環境が、グローバルベースでスピーディーに変化するなか、われわれ商学研究所は大きく3つの活動を通じて、研究者の研究サポートと、実務家を含む外部との情報共有を推進しています。それは、共同研究の推進、研究交流の場の提供、研究成果の発信です。

共同研究の推進
商学研究所では、毎年、研究所内外の研究者を集め、プロジェクト研究を実施しております。現在は、「東南アジアの企業経営における現地文化とリスク対応」、「都市型フィールドワークの技法」、「地域情報のデジタルアーカイブ化と地域活性化:神田神保町を事例にした効果的な収集・共有・発信の方法の検討」という3つの共同研究プロジェクトが進行中です。

研究交流の場の提供
商学研究所では、毎年数回の定例研究会(2018年度は6回開催)と特別研究会(公開シンポジウム)を開催しています。201811月には、日本海岸林学会と共催で、公開シンポジウム「海岸林保全管理における共同管理体制の構築地域・NPO・企業」を開催しました。こうした研究会には、研究所内外から講師を招聘しており、特に規模の大きな公開シンポジウムにおいては、学外から多くの研究者や実務家を集めて、知の交流を図っています。

研究成果の発信
商学研究所は現在3種類の刊行物を発行しています。
一つは、所員の研究成果の発信の場としてモノグラフタイプの『商学研究所報』であり、第50巻第8号まで刊行済みとなっています。次に、複数の論文や研究所の活動を発信する『専修ビジネスレビュー』(SBR)があり、Vol.14, No.1まで発行しています。最後に、共同研究プロジェクトの最終成果報告の場としての『専修大学商学研究所叢書』という単行本のシリーズがあり、20193月には第18巻となる『買い物弱者問題への多面的アプローチ』を刊行いたしました。

このように、「商学」を中心に据えた知的活動を推進する専修大学商学研究所に、今後ともご注目いただければ幸いです。

関連リンク

所在地:〒214-8580 川崎市多摩区東三田2-1-1
所 長:渡邊 隆彦
電 話・FAX:044-900-7838
e-mail:shouken (at) isc.senshu-u.ac.jp
所在地:専修大学生田キャンパス 図書館分館5階

アクセス(専修大学生田キャンパス
地図(専修大学生田キャンパス
 
センディ

センディナビ