• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

寮内留学プログラム

グローバル人材育成プロジェクト  寮内留学プログラム

期間:1学期間
国際交流会館で留学生と協働生活!グローバル人材を目指す
 寮内留学プログラムとは、短期留学生の滞在する「専修大学国際交流会館」にレジデントパートナー(RP)として約4か月~半年間入寮し、専修大学21世紀ビジョンの下、留学生との協働生活を通じて異文化理解や国際コミュニケーション力を養うことを目的としたグローバル人材育成プログラムです。参加にあたっては、学業との両立ができ、自身の成長のみならず、留学生をサポートする積極性やボランティア精神を有し、異なるバックグランドを持つ他者との協働ができる人物が求められます。
 プログラム期間中は、English Camp(英語研修)や異文化間トレーニングも予定され、英語力やコミュニケーション力、異文化理解力の向上を図ります。国際的な環境で本気で自分を高めたい人、学びたい人を募集してます。

平成30年度寮内留学プログラム(後期)参加者募集開始!
(平成30年度寮内留学プログラムの募集は終了しました)
 

まずは募集説明会(12:20~13:00)に参加しよう!
<生田キャンパス>4/13(金)・5/11(金)・5/22(火) 979教室
<神田キャンパス>4/19(木)・5/21(月) 13教室

平成30年度寮内留学プログラム(後期)予定
・期 間  2018年9月5日(水)~2019年3月2日(土)
・滞在先  国際交流会館(生田キャンパス)
・募集人数 15名
・申込締切 2018年 6/21(木)17:00厳守
      国際交流事務課(生田・神田)窓口

寮内留学プログラム(3)

プログラムの特色

(1) 大学が一部プログラム費用を補助
(2) 約70名の留学生との協働生活
(3) 事前に語学研修(English Camp)、異文化間コミュニケーショントレーニングを実施

English Camp

レジデントパートナーの基礎知識として必要な「日本文化・歴史・日本事情やキャンパスライフ」をテーマに英語によるダイアログ(対話 dialog)を実施し、リサーチ・分析・発表・情報共有・意見交換の過程を通して、英語によるコミュニケーション能力はもちろん、相互理解と多角的な視野を持つ力も身に付けるアクティブ・ラーニングを行います。国際交流会館に宿泊することで、より密接な協働を体験し、信頼関係を構築させます。

DSC_0325

異文化間コミュニケーショントレーニング

異文化間コミュニケーショントレーニングでは、多様な文化背景を持つ留学生と生活を送る上で求められるRPとしての役割、ケーススタディー、トラブル対応の方法について学びます。
また、寮内留学プログラムの今後の取り組み方について話し合いながら、他者とのコミュニケーションを通じて協働生活の基礎作りとすることを目的としています。

レジデントパートナー(RP)

国際交流会館に滞在し、特別聴講生、日本語・日本事情(JLC)プログラム及びGo Tokyoプログラム等に参加する短期留学生の学習・日常生活をサポートします。
センディ

センディナビ