官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~とは?

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~は、海外での異文化体験や実践活動(座学や知識の蓄積型ではなく「社会との接点」から多様に学びを得ることができる学修活動として、インターンシップ、フィールドリサーチ、ボランティア、プロジェクトベースドラーニング等)を焦点にした留学を推奨することにより、学生時代により多様な経験と、自ら考え行動できるような体験の機会を提供します。そのため、諸外国の大学等といった教育機関での留学だけでなく、学生が自ら定めた明確な目的と意欲的な目標に基づき立案した実践活動の含まれる留学計画を支援することで、個性あふれる多様な派遣留学生のネットワークを形成し、グローバルに活躍できる力の育成と自らの経験を新しい留学文化の醸成に還元してもらうことを目的としています。
独立行政法人日本学生支援機構は、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に基づき、2020年までに我が国の海外留学を倍増するという政府の目標の下、官民が協力して海外留学を支援するために創設された「グローバル人材育成コミュニティ」に参画する企業からの支援により、“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”の育成という観点から支援するのにふさわしい学生を募集しています。

詳細はトビタテ!留学JAPANホームページを参照してください。

tobitate_link_bnr1

JAPAN_program_link

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~留学レポート

平成30年度後期(第8期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~学内募集について

独立行政法人日本学生支援機構(以下、「機構」)より、平成30年度後期(第8期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~について、募集の通知がありました。

本学におきましては、本学在学生(休学者含む)を対象に機構に推薦いたします。応募者は、機構のホームページ(https://tobitate.jasso.go.jp/)、にある募集要項等を熟読し、国際交流事務課まで相談してください。なお、申込みを希望する方は、応募条件及び申請コース並びに家計基準等を国際交流事務課で事前に確認する必要があります。確認後、Web申請に必要なキーコードを国際交流事務課から入手し、期日までオンライン申請及びその他必要書類を国際交流事務課まで提出します。
詳細については学内募集要項を確認してください。

対象分野

(1)理系、複合・融合系人材コース
(2)新興国コース
(3)世界トップレベル大学等コース
(4)多様性人材コース
※地域人材コースを除く
支援の対象とする留学計画は次に掲げる申請要件を全て満たすものとします。

申請要件

(1)平成30年4月1日から平成30年10月31日までの間に諸外国において留学が開始される計画。
日本で開催される事前研修に参加できる計画に限る。
(2)諸外国における留学期間が28日以上2年以内(3ヶ月以上推奨)の計画。(「海外初チャレンジ応援枠」は除く)
(3)留学先における受入れ機関(以下、「留学先機関」という。)がそれぞれの留学開始前までに確保できる計画。
(4)在籍大学が、教育上有益な学修活動と認める計画。
(5)留学の目的に沿った実践活動が含まれている計画。※語学留学のみの計画は、支援対象外。

応募条件

本学在学生(日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている学生で休学者含む。)で、機構の募集要項で定める派遣留学生の要件及び別途、本学で定める応募条件を全て満たす者。

(1)本制度で実施する事前・事後研修及び派遣留学生ネットワークに参加する学生。
(2)日本の大学等において、卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍する学生。
(3)日本の在籍大学等が派遣を許可し、留学計画書に記載された留学先機関が受入れを許可する学生。
(4)原則として、機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生。
※第二種奨学金の家計基準を満たさない場合でも出願は可能ですが、
支援予定人数の1割程度のみが支援され、奨学金は一律6万円/月、
その他支援内容は家計基準を満たす学生と同様となります。
(5)留学に必要な査証を確実に取得し得る学生。
(6)留学終了後、日本の在籍大学等で学業を継続又は学位を取得する学生。
(7)平成30年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生。
(8)インターンシップ等での報酬や他団体等から留学のための奨学金を受ける場合は、
その平均月額が本制度による奨学金の支給月額を超えない学生。
(9)本制度の第1~7期派遣留学生でない学生。
(10)応募及び申請内容等において虚偽の記入をしない学生。
(11)原則として、留学先大学等が求める語学能力を満たす者。
又は、学修・実習活動を実施するために必要な語学能力を有していると認められる学生。
※語学能力の目安(下記)を満たしていない場合は、応募前に必ず国際交流事務課窓口まで申し出ること。

【語学能力目安】
TOEFL ITPテスト500点以上、TOEFL iBT61点以上
中 国 語:HSK4級、中国語検定試験3級
コリア語:ハングル能力検定4級、韓国語能力試験TOPICII以上
スペイン語:スペイン語検定試験DELE B1、スペイン語技能検定4級
ドイツ語:ドイツ語技能検定試験3級
フランス語:実用フランス語技能検定試験3級、DELF B1
その他言語:応募前に必ず国際交流事務課に相談してください。
(12)本学指定の海外旅行保険及び危機管理対策保険に加入する学生

応募から選考までの流れ(学内)

詳細は募集要項を確認してください。
応募締切平成29年10月3日(火)午後5時まで(厳守)
※夏期休暇期間の窓口業務時間は通常とは異なりますので注意してください。
※8/11~8/17は大学の一斉休暇のため窓口業務は行いません。
提出先国際交流事務課(生田キャンパス9号館5階)
面接(予定)平成29年10月9日(月)~平成29年10月17日(火)
※面接時間は、書類提出後に追って連絡します。
結果(推薦者)発表平成29年10月18日(水)

その他

(1)機構のホームページ(https://tobitate.jasso.go.jp/)の募集要項を熟読願います。
(2)書類提出前に国際交流事務課まで連絡願います。
(3)本学の推薦は、採用を約束するものではありません(機構において別途、選考・審査があります)。
(4)個人で機構に対し、申請をすることはできません(大学を通しての申請のみとなります)。
また、機構が定める提出期限と本学の提出期限は異なりますので注意してください。
書類提出先/問い合わせ先
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
専修大学国際交流事務課(生田キャンパス9号館5階) TEL:044-911-1250
センディ

センディナビ