官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~留学レポート

平成28年度後期(第5期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~でペルー、グアテマラに留学中の安藤聡希さん(経済学部4年)より留学レポートが届きました。

安藤さんは専大生として初めてトビタテ!留学JAPANに採用され、平成28年8月末より「情報発信メディアとソーシャルビジネスによるグアテマラの貧困問題への挑戦」をテーマにペルー、グアテマラに留学。ペルーの語学学校でスペイン語を学び、現在は中米グアテマラでインターンシップをしています。

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~留学レポート

留学レポート

2017年2月 NEW!

2017年2月

皆さん、こんにちは。経済学部4年生の安藤聡希です。
SPANISIMOでインターンシップをはじめて1か月となりました。初めてのインターンシップで社会人の方達やグアテマラ人のスペイン語講師の方達と働くことは困難の連続ですが、1メンバーとして広い裁量を与えて下さり、「学び」と「気づき」の連続の日々です。
今月は新しくSPANISIMOの講師となる方の研修を行いました。グアテマラの人達は、あまり時間を守らない、指示されたことを理解していなくてもとりあえず「Si(はい)」と返事をする、人前で注意すると拗ねるなど、私たち日本人にとっては信じられない習慣を持っており、研修の中でもこうした習慣の違いを感じることは多々ありました。
困難もありますが、こうした習慣の違いを乗り越えられたこの1か月は多くの学びがあった1か月となりました。

2017年1月 NEW!

2017年1月

皆さん、こんにちは。経済学部4年生の安藤聡希です。
私は今月から中米グアテマラにある日系NPO法人SPANISIMOでインターンシップをしています。グアテマラという国は日本人にはなかなか馴染みがないかもしれませんが、ティカルなどのマヤ文明の遺跡、5000m峰の活火山群、グアテマラ人が世界一美しいと自負するアティトラン湖など豊富な自然と文化を持つとても魅力的な国です。また、語学学校がたくさんあり、世界一安くスペイン語学習をすることができることでも知られています。
私がインターンシップをしているSPANISIMOは、Skypeを介して日本へオンラインのスペイン語レッスンサービスを提供する日系NPO法人です。観光客に依存したビジネスモデルによって安定した収入を得ることができないグアテマラのスペイン語講師の雇用創出と収入の安定化のため、この様な問題の改善に取り組んでいます。今月はSPANISIMOが誕生して5周年でした。そのため、記念パーティが催され、SPANISIMOで働くスペイン語講師約50名が参加する盛大なものとなりました。また、私の歓迎会も兼ねて下さり、グアテマラのしきたりに従いテキーラの洗礼を受けました(笑)
今後はSPANISIMOでのインターン、いつも陽気なグアテマラの人達や豊かな文化について皆さんにお届けしていきたいと思います。

2016年12月

2016年12月

こんにちは。経済学部4年生の安藤聡希です。
12月のペルーでの留学の様子を少しだけお知らせします。
日本は冬が訪れ寒さが厳しくなりつつある頃かと思いますが、ペルーは南半球にあるため、真夏のクリスマスと大晦日でした。街中にはたくさんのクリスマスツリーが飾られ、リマの街はいつもより華やかに彩られています。
ペルーはカトリックの国の為、日本以上に盛大にお祝いをします。
ペルーではクリスマスは家族と過ごし、友人同士や子から親へプレゼントを贈るなど日本とは異なる価値観がありとても興味深く、また、素敵な習慣だと思います。クリスマスイヴは人生初のミサを経験し、ペルー人の家族と学校の友人、イタリア人、ドイツ人、アメリカ人、トルコ人などとても国際的なメンバー計20人以上で楽しく過ごしました。
大晦日は、ラテンアメリカらしくたくさんの花火が上がり、ディスコは満員になりとても賑やかでした。 ペルーでは大晦日に黄色いものを身に付けるのが縁起が良いとされ、町中でTシャツやサングラスがたくさん売られていました。
スペイン語研修もゼロからの学習でしたが、語学学校の先生方のおかげで順調に上達しており、今では友人と談笑を楽しめるようにまでなりました。来月からはいよいよグアテマラでのインターンシップが始まります。ペルーで培ったスペイン語とコミュニケーション能力を存分に発揮し、グアテマラの貧困削減に取り組むNPOへ貢献し、自分自身も大きく成長できるよう最善を尽くしたいと思っています。

2016年11

2016年11月-1

皆さん、こんにちは。経済学部経済学科4年生の安藤聡希と申します。

私は8月末から、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の第5期生として南米ペルーのリマに来ています。私の留学計画では、ペルーでスペイン語研修を受け、その後、中米グアテマラの日系NPOでインターンシップを行います。一度訪れてみたいと思っていた国を留学先に選ぶことができるのは、このトビタテ!留学JAPANの魅力の1つです。

2016年11月-2

私がスペイン語研修を受けている語学学校は、小さいながら世界中から人が集まるとてもグローバルな空間です。日本人の生徒は私1人だけなので時に苦労もあります。リマに着いたばかりの頃は、同じ国籍の人たちでまとまることが多いので疎外感を味わうことがよくありました。授業中などは特に、他の生徒たちは母国語で教え合うことができますが、私だけそれができないのがやや大変でした。しかし、世界で人気を誇るアニメや、sake、manga、karateなど日本語がそのままスペイン語になっている単語など、改めて日本文化の素晴らしさに気付かされることもあります。お互いの国の文化や価値観を共有することができる貴重な時間を与えられ、とても刺激的な毎日を過ごしています。
センディ

センディナビ