学芸員課程

学芸員とは、博物館において、資料の収集、展示、保管、調査研究、その他これに関連する社会教育的活動などの専門的な仕事に携わる職員です。ここにいう博物館は、美術館、歴史資料館、考古資料館、民俗資料館、民芸館、文学館、文書館、動・植物園、水族館、科学館などあらゆる分野の公・私立の施設を指しています。

こうした博物館に勤務するためには、学芸員の資格を有することが必要です。博物館法第 5条第 1 項第 1 号に、学芸員は「学士の学位を有する者で、大学において文部科学省令で定める博物館に関する科目の単位を修得したもの」と規定されています。

本学の学芸員課程は、人文系の歴史・考古・民俗・美術史等を専門とする学芸員を養成することを目的とし、さらに実習を重んじて、少人数教育を行う点は他大学に無い特色です。

本学の学芸員養成の理念

専修大学は、「社会現象に対する自由でとらわれない研究を基礎とし、旧い権威や強力に対してあくまで批判的であることを精神とし、人間の値打ちを尊重する平和的な良心と民主的な訓練を身に着けた若い日本人を作り上げることを目的」(学則第1条)として、教育と研究に取り組んできた。

しかし、21世紀という新たな世紀を迎えるに際して、この目的を時代に即したものとする必要性に鑑み、21世紀ビジョンとして「社会知性」(Socio-Intelligence)の開発」を掲げた。社会知性とは、「グローバル化の拡大と異文化交流の進展、情報化の加速、少子高齢化の進行などの社会的課題が山積するなか、専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により主体的に社会の諸問題の解決に取り組んでいける能力であり、この開発を本学の学部及び学科ごとの人材の養成に関する目的としている(学則第2条の2)。

本学においてはこの目的を踏まえ、「学芸員として、博物館の社会的な機能と博物館教育の特質を深く理解し、博物館資料を通して大衆の知識や教養を増進するとともに、情操の陶冶と人間にとって重要な諸問題の啓蒙を推進する資質能力」の育成をめざし、博物館が取り扱う学術諸分野、特に人文系の歴史、考古、民俗、美術史等に関する専門的な知識・技術を有した実践力のある学芸員の養成を行うことを理念としている。

資格を取得するための単位修得方法

学芸員課程の履修は、 1年次から認めています。最低履修期間は 2年間となっています。資格を取得するための単位は、次の「学芸員課程科目一覧」のとおり、13科目27単位以上を修得しなければなりません。
また、選択必修科目は、「文化史」「美術史」「考古学」「民俗学」の4分野のうち2分野にわたって4科目8単位以上を修得することが最低条件となっています。しかし、本学学芸員課程の特色を生かすために、全選択必修科目の単位修得を望みます。

学芸員課程科目一覧[一部・二部]

必修 ◎選択必修
















学         科



































































社会



生涯学習概論12342 19
博物館概論12342 
博物館経営論2342 
博物館資料論12342 
博物館資料保存論2342 
博物館展示論2342 
博物館教育論12342 
博物館情報・メディア論2342  
博物館実習343 
 日本文化史a342       


8
 日本文化史b342       
 アジア文化史a342       
 アジア文化史b342       
 欧米文化史a342       
 欧米文化史b342       
 日本文化史12342           
 日本文化史22342           
 アジア文化史12342           
 アジア文化史22342           
 欧米文化史12342           
 欧米文化史22342           
 美術史a12342

 美術史b12342
 考古学a2342       

 考古学b2342       
 考古学概論1122           
 考古学概論2122           
 民俗学a2342  

 民俗学b2342  
 民俗学12342                
 民俗学22342                
注1:文化史・美術史・考古学・民俗学のうち、2分野にわたって4科目8単位以上選択必修

授業評価

本学学芸員課程では、平成27年度から学芸員課程科目受講者を対象に、授業担当教員が学生とともに授業を改善することを目的として「学生による授業評価」を実施しています。

平成28年度「学生による授業評価」

専修大学の学芸員課程の全授業について、昨年度より履修学生の授業評価が実施されることとなり、本年度も滞りなく実施されました。その結果、14の授業評価項目について、各教員別の評価と、学芸員課程全体の結果が明らかとなりました。ここでは全体の評価について、数値の一覧表を公開し、表から読み取れる概要について触れておきたいと思います。

1の「学習内容のレベルは適切でしたか」という項目について、七割半の学生が「適切と回答しています。この数値は昨年をわずかに上回るもので、昨年度の授業評価を受けて、各教員の授業内容のレベルアップの努力が反映されたものと考えられます。そのことは、8の「教員は授業に対して意欲的だったと思うか」という項目について、「そう思う」「ややそう思う」という回答が、全体の九割強となっていることからも確認されるでしょう。ちなみに、昨年度は八割以上にとどまっていました。また、4の「学生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」という項目に対して、昨年度は「どちらとも言えない」「あまり思わない」が四割以上の回答がありましたが、本年度は三割弱となり、その分、「そう思う」「ややそう思う」の割合が上昇しています。この点、来年度はさらなる数値の改善を目指したいと思います。6の「教員の説明や黒板の使い方、書き方はわかりやすいものでしたか」という項目については、回答の分散が認められますが、依然として「あまり思わない」「思わない」が二割弱となっており、この点、引き続きの改善に努めていきたいと思います。

履修学生自身については、12の「この授業への出席回数はどれくらいでしたか」という項目で、「15~13回」が八割となっており、資格課程の学生の真面目な学習態度がうかがえます。また、近年のシラバスにおいて重要視されている予習と復習については13の項目が注目されます。すなわち、「宿題・課題、予習・復習にかけた勉強量はどれくらいでしたか」という項目で、「ほとんどしなかった」が五割弱と心もとない状況です。ただし、「3時間以上」「2時間以上」の回答が九パーセントとなっており、授業内容に予習と復習を求めるものを盛り込み、この数値の向上を図りたいと思います。授業評価は、平成29年度も行う予定です。

平成27年度「学生による授業評価」

平成27年度より、専修大学の学芸員課程のすべての授業について、履修学生の授業評価を実施することとなり、昨年度の前期と後期に実施されました。その結果、14の授業評価項目について、各教員別の評価と、学芸員課程全体の評価の結果が明らかとなりましたので、ここでは全体の評価について、数値の一覧表と、そこから読み取れる評価内容について触れておきたいと思います。

1の「学修内容のレベルは適切でしたか」という項目について、「適切」と回答した割合が前期75.2パーセント、後期75.6パーセントと、七割以上が評価しており、本学の学芸員課程の授業内容はおおむね期待通りの水準にあると考えられます。また、8の「教員は授業に対して意欲的だったと思いますか」という項目について、前期と後期とも八割以上が「そう思う」「ややそう思う」と回答しており、各教員の授業への真摯な取り組みが評価されていると考えられます。しかし、4の「学生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」という項目については、「どちらともいえない」「あまり思わない」が前期と後期ともに四割以上の回答となっており、授業の理解から取り残された履修学生が存在した実態が浮かび上がってきました。今後の改善が望まれます。6の「教員の説明や黒板の使い方、書き方はわかりやすいものでしたか」については回答が分散していますが、「思わない」という回答が前期と後期に7パーセントあり、該当する教員の改善が望まれます。

問2の「あなたは」の項目は、履修学生についてですが、12の「この授業への出席回数はどれくらいでしたか」という項目について出席率は非常に高く、履修学生の真摯な学修姿勢がうかがわれます。しかし、13の「宿題・課題、予習・復習にかけた勉強量はどれくらいでしたか」という項目については、前期と後期ともに「30分程度」「ほとんどしなかった」が七割ほどを占めており、これらは主に予習・復習の実態を反映したものと考えられ、履修に当たって学生に改めて留意していただきたい点です。授業評価は平成28年度も行う予定です。
センディ

センディナビ