商学部 
会計学科
Department of Accounting
生田キャンパス

履修モデル

商学部の会計学教育は、1917(大正6)年に計理科を設置して以来、長い伝統を有しています。会計学科では、これまでの会計学の教育研究の伝統の上に最新のテーマを網羅する科目群を設けています。学生の皆さんは、会計学の知識を将来の進路に活かすという視点から、4つの履修モデルのもとで学修を進めていくことができます。

「会計プロフェッショナル」履修モデル

広く深く専門知識を修得し、会計実務の頂点へ。
国が認めたスペシャリストになる。

会計分野における卓越したスペシャリストに、公認会計士(CPA)、税理士などの会計の職業専門家があります。これはピジネスを支える会計のプロフェッショナルとして国が認めたものです。会計プロフェッショナルになるためには、広く深く専門知識を習得し、国家試験に合格しなければなりません。早く試験に合格し資格を取得するためには、効率的かつ効果的な学習が必要です。そのために最適なのが、「会計プロフェッショナル」履修モデルです。会計学科では、全国でも最高水準のさまざまな会計科目を展開しており、体系的かつ効果的に学ぶことで皆さんの会計プロフェッショナルとしての可能性を広げます。

主要科目の履修の流れ

「会計プロフェッショナル」履修モデル
「会計プロフェッショナル」履修モデルSP
主要科目紹介
「会計監査誼」では、公認会計士だけに認められた業務である財務諸表の監査について学ぴます。公認会計士をめざす学生には不可欠な科目です。
「税法」では、企業経営で直面する租税について学びます。税理士をめざす学生のみならず、商学部の学生すべてが学ぶベき科目です。

卒業後のイメージ

●公認会計士 ●システム監査人 ●税理士 ●国税専門官 など

「財務会計」履修モデル

企業の財務報告を担当できる実践能力を養う。
ビジネス全方向に対応するキーパーソンへ。

受験生の皆さんは、簿記・会計を高校時代すでに勉強したことが「ある人」と、「ない人」とに別れると思います。「ある人」は、これがどのようなものか、ある程度おわかりだと思いますが、問題は「ない人」です。簿記・会計ってなんでしょう?いったいどんなことを勉強するのでしょう?何もわからないというのが正直なところではないでしょうか。
でも大丈夫です。私もそうでした。
「ある人」も「ない人」も、スタートは学部の講義から、そしてその後、あるいは人によっては並行して、会計専門家を目指す人達に向けた特別メニューも用意されています。そんな環境の中で、一緒に会計を楽しみましょう!

主要科目の履修の流れ

「財務会計」履修モデル
「財務会計」履修モデルSP
主要科目紹介
「会計基準論」では、財務諸表の作成に関する会計基準について、事例研究を取り入れながら総合的理解を養います。
「連結会計論」では、企業集団の経営状態を報告する連結財務諸表の作成方法や基礎概念に閑する理解力を養います。

卒業後のイメージ

●企業の経理財務部門 ●金融機関保険会社証券会社 ●企業の国際戦略・IR部門 ●企業の営業・企画 など

「管理会計」履修モデル

経営意思決定のできる会計プロフェッショナルへ。
経営活動を支えるエキスパートになる。

企業が発展するためには、将来ピジョンを実現するために戦略を策定し、これを現場の業務活動に落とし込むことによって、戦略と業務を統合したマネジメント・システムを実行する必要があります。このような経営者や経営管理者が行う戦略や業務の活動を経済的情報によってサポートするのが管理会計の役割です。
「管理会計」履修モデルは、経理部や経営企画部はもちろん、経営者や経営管理者といった企業内のあらゆる部署で管理会計知識を有したエキスパートとして活躍することをめざしている皆さんのためのものです。管理会計知識を備えて経営活動をサポートし、リードできる人材になるための勉強を会計学科で学んでみませんか?

主要科目の履修の流れ

「管理会計」履修モデル
「管理会計」履修モデルSP
主要科目紹介
「憲思決定会計論」では、業務的意思決定や戦略的意思決定について、数値例を用いて理解を深めます。
「業績評価会計論」では、経営を効率化するために必要な計数データに基づく業娯評価・評価手法について理解を深めます。

卒業後のイメージ

●企業の経営管理部門 ●企業の生産管理責任者 ●事業投資の意思決定 ●企業予算の立案など

「財務情報分析」履修モデル

企業活動を分析できる会計スペシャリストへ。
会計情報を分析し、企業活動の実態を明らかにする。

シンクタンクや企業格付け、コンサルティング関連部門において、会計情報を利用して、企業内部で戦略を策定したり、企業外部から企業活動分析を行う専門家をめざしている皆さんのための履修モデルです。ここでは企業活動の実態を明らかにするためにどのような分析が有効であるのかを考えていきます。さまざまな会計データを、コンピュータを使って分析するためには、会計学はもちろんのこと、情報処理、統計学など分析のための知識を学び、さらに会計と分析という2つの専門知識をどのように融合させるかについても学ぶ必要があります。「財務情報分析」履修モデルには、このような複数の領域にまたがる専門科目や学習環境が十分に整っています。

主要科目の履修の流れ

「財務情報分析」履修モデル
「財務情報分析」履修モデルSP
主要科目紹介
「経営分析論」では、企業の収益性や成長性など財務諸表を用いて経営状態を総合的に分析する能力を養います。
「財務情報分析論」では、財務情報に基づいた証券投姿や私的契約などの意思決定を行うための知識を養います。

卒業後のイメージ

●シンクタンク研究所 ●ファイナンシャルプランニング ●コンサルティング ●投資顧問 など
センディ

センディナビ